サイト内検索

ショー三昧千日前

国立文楽劇場 文楽鑑賞教室

 梅雨の6月、大阪の国立文楽劇場では、文楽鑑賞教室(平成19年6月6日〜21日)が開かれる。文楽鑑賞教室で、上演される作品は、分りやすいもの、見栄えのいいもの、有名なもののいずれかが選ばれており、公演時間がコンパクトなことも旅行者向きである。東京の国立劇場小劇場でも12月に、文楽鑑賞教室は開催されるが、梅雨の時期、大阪に行ったら、この文楽鑑賞教室はぜひ見たい。「歌舞伎」などの他の国立劇場でかかる伝統芸能を含め、鑑賞教室には、解説というプログラムが用意されている。鑑賞教室は、主に中学生、高校生を対象にプログラムを組み立てているので、歴史、舞台装置の構造や仕組みを、例えば歌舞伎なら若手の役者が解説をする。歌舞伎の場合、たいていの若手役者は、歌舞伎の面白さを「四百年続いた」という歴史を証拠に挙げて説明したがる。能楽の場合、「文化人類学的に…」なんて言葉をはさんで解説したりする。「能楽」、「歌舞伎」とともにユネスコ世界無形遺産に指定された文楽だが、文楽の解説は、驚くほどリラックスした雰囲気とくだけた内容で、なぜ自分が人形遣いになったのかという話からはじまり、脱線して自分の失恋についてまで舞台で語ったりする。ある意味ありがたみに欠ける内容ではあるが、まるで、知り合いの楽屋を訪ねたような雰囲気の話しには、学生でなくても、あえてこの文楽鑑賞教室を選んで足を運ぶ価値がある。

なんばグランド花月 吉本新喜劇他

 大阪に行ったら一度は見てみたい「なんばグランド花月(NGK)」。吉本新喜劇、漫才、落語、マジックやジャグリングのプログラムは、内容満載で楽しめる。漫才や落語(と言っても関西の落語家は、落語をしない場合も多い。まくらがエンエンと続いて話が終わるただの世間話?)は、テレビの演芸番組でも見る機会が多いので、やはり吉本新喜劇に観客の期待も集まるし、事実、B&Bの漫才など一部の人気プログラムを除き一番の笑いを取っている。観客席の音声を調整して放送するテレビと異なり、ライブは、演者毎の観客の沸き方には大きな差があり、驚くほどだ。演芸番組の審査委員をしている漫才コンビより、審査される立場であろう若手漫才コンビの方が受けていることもある。観客の年齢層は、ミドルエイジ以上と比較的高く、別に若手漫才コンビに有利ということもないので、中堅以上の漫才師はテレビより必死に舞台をつとめている印象がある。
 大阪の地元の人にも、大阪観光の目玉としてNGKを推す意見は多い。

B1角座 デイタイム

 劇場の規模的にも設備的にも、ここをなんばグランド花月と比べるのは、吉本に失礼という気もするが、NGKが、良くも悪くもテレビの延長線上にあるのに対して、こちらはテレビとは無関係。舞台も観客席もNGKの10分の1ほどだろうか、そのためプログラムには、セットを使ったコントはない(舞台が狭くセットが置けない)。大阪らしさを喧伝されるNGK、実は、その観客に地元の人が少ないのに対して、こちらは、新聞販売店が新聞拡販に招待券を配るので、観客の半分がタダ券というほど(?)地元度が高い。また、観客の年齢層もNGKより断然高い。「美味しんぼ」に出てくる大阪の漫才師のような人(?)が、マンガの読者がこんな人はいないヨと突っこみを入れたくなるような人が、本当に舞台に出てくる。またそんな絵に描いたような漫才師が、たまたま入って来た酔客をごく自然にあしらったりするので芸人としての凄みを感じる。また、「ボラット」の公開にあたり、「日本の笑いには政治ネタが無い。」という言葉を目にする機会も多いが、ここにはあったりする。それも、普段テレビにも出演する知名度の高い漫才コンビが、師匠横山ノック追悼の意味からか、テレビで受けている親しみやすいネタを完全に捨てて、辛辣な政治ネタを話していたりする。そして、それがウケている。先ほどのストックフレーズは、「日本のテレビの笑いには政治ネタが無い。」と訂正すべきだ。
 ここに出ている芸人は、本来お笑い芸人が持つ荒っぽさと危うさを持っている。段取りの悪さから、広い舞台へのお引越しは中止されたそうだが、暁照夫・光夫の三味線漫才など、椅子のあるライブハウスといった趣のここでやるからこそあのロックな迫力が出ているのだと感じる。三味線を持ったロッカー、あの年で髪を金髪に染める暁照夫が、ギタリストだったらと感じるのは私だけだろうか。NHKにトップランナーという番組があるが、本当のトップランナーは、暁照夫だ。

国立文楽劇場

国立文楽劇場 国立文楽劇場 National Bunraku Theatreサイトへ

大阪市中央区日本橋1-12-10
文楽鑑賞教室
午前の部 10:30〜13:15 午後の部 14:00〜16:45 一般3600円

なんばグランド花月

なんばグランド花月 なんばグランド花月(NGK)オフィシャルサイトへ

大阪市中央区難波千日前11-6
平日 11:00 14:30
土曜 09:45 12:45 15:45 18:45
日曜 09:45 12:45 15:45
1階4000円・2階3500円

角座

B1角座 松竹芸能『B1角座』情報サイトへ

大阪市中央区道頓堀1-4-20
12:00 14:15
大人2500円
学生1500円  

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

つゆは大阪

沖縄、北海道を越える梅雨最高のディストネーション

味園フロントに泊まる

梅雨の大阪観光の拠点は、なんば・千日前

なんば傘無し観光案内

なんば・ミナミの観光スポットを傘のいらない度だけで格付け

ショー三昧千日前

6月の文楽鑑賞教室、NGK、B1角座…

晴れたら行く大阪名所

梅雨入りしても、毎日雨が降るわけではありません。

なんばで買う 生みやげ

なるべく、本日中にお召し上がりください。

大阪のプロフィール

日本の中の大阪の位置、大阪都市情報、地下鉄路線図