サイト内検索

大阪の文学 織田作之助

織田作之助
おださくのすけ 1913-1947 昭和前期の作家 大阪生れ。

大阪の市井の人を描いた数々の作品で、大阪の人の記憶に残る作家。 五代友厚を描いた「大阪の指導者」では「今でも旅行から帰った時、難波まで来てはじめて大阪に帰った気がする」と書くほど、なんばに愛着をもっていた。
死後、織田作之助の草稿、書簡などの資料1509点は、遺族により大阪府立中之島図書館に寄贈され「織田文庫」として保管されている。

同時代評 『織田君の死』太宰治 「東京新聞」昭和22年1月13日

つゆは大阪 2

2008年6月号 梅雨の時期、最高のディスティネーション

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ