サイト内検索

旅の道具 空き缶

空き缶

 なんでもケースに入れてしまいたいと思ったことはないだろうか?
細かい仕切りや収めた物ピッタリに切り抜かれたウレタンフォームの入ったケースを見るとケースに入ったものが何であれよく見えるもので、また、それを持っている人もスマートに思えるものだ。ルアーフィッシングをする人のなかには、魚を釣ることよりタックルケースとその中身に心を奪われてしまう人もいるほどである。
 ところで、旅の道具について、一番最初に思い浮かべるのは、バッグやカバンの類かもしれない。バックパッカーから、旅行中に自分では一切荷物を持たないという人まで、旅行にカバンはつきものである。しかし、そのサイズ、デザイン、価格まで千差万別、ある人にとってのベストが他の人にとってベストであるとは限らず、また同じ人にとっても日程やディスティネーションによってそのベストは変化する。バックパッカーは、とかく容量の小ささを誇りにし、自分では一切荷物を持たないといったタイプの旅行者は、逆にそのサイズの巨大さと個数の多さを誇りにする。自分で荷物を持って旅行する場合、できるだけサイズの小さいカバンで旅行したいもので、特にかさばる衣類については、あまりに少ないと困るが、なるべくなら点数を抑えたいものである。
 そこで、水洗い可能な衣類を洗濯しながら旅行するという選択がある。汚れ物が入ったカバンを持って旅行するより気分的にもイイ。ホテルのランドリーサービスを利用するのも一つの方法ではあるが、一部の行き届いたホテル(24時間ランドリーの受付をするホテル)を除き、朝に洗濯物を出すと夕方部屋のクローゼットに戻ってくるというパターンが普通で、少なくとも一ヶ所に2泊以上宿泊しないと利用することができないことも多い。また、下着や靴下など通常クリーニングに出さないものをランドリーに出すことに抵抗感のあるという人も多い。解決法の一つとして、浴室の洗面台を使って自分で洗濯するという方法がある。ホテルの浴室内に、洗濯物を干すための収納式の洗濯ロープを用意しているホテルも多くある。
 ここで、衣料用洗剤の出番となる。旅行用として洗濯一回分20〜30gがビニールの袋に小分けされたワンパックタイプの洗剤が数社から発売されている。私の場合、普段家で使用している洗剤にはワンパックタイプの用意がなかった。しょうがなく使っていたワンパック洗剤が旅行中、L.L.Beanのバスルームオーガナイザーの中で破裂して散乱するということがあって、それ以来、パック式でない旅行用洗濯洗剤、もしくはケースを探し始めたのだが、まず「旅行用洗剤ケース」という直接の商品は見あたらなかった。そこで、見つけたのが、上の写真にあるようなスクリューキャップの金属缶で、もともとは、コーヒー牛乳が100mlぐらい入っていた。
 飲料用の空き缶を旅行用洗剤ケースにリユースすることのよさは、第一に、旅行先に自分の生活の一部を持っていくことができることで、環境に配慮した液体洗剤でも、蛍光剤入りでも無配合でも、漂白剤入りの粉末洗剤でもいつも自分が使っている洗剤を持っていけることにある。ふたは、計量に使うことも出来る。もちろん、今まで破裂したり中身が漏れたことはない。ワンパックタイプの洗剤だと洗面台での洗濯には多すぎて、余った洗剤を捨てて帰っていた。空き缶を使うようになって、旅行から家に帰って使い残した洗剤を、空き缶から元の洗剤の容器に戻す時に、何ともイイ気持ちになる。

旅の道具 バックナンバー

購入データ
商品名 コーヒー牛乳
購入先 muji有楽町店
購入時期 2006年秋頃
購入価格 105円

つゆは大阪 2

2008年6月号 梅雨の時期、最高のディスティネーション

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

つゆは大阪

沖縄、北海道を越える梅雨最高のディストネーション

味園フロントに泊まる

梅雨の大阪観光の拠点は、なんば・千日前

なんば傘無し観光案内

なんば・ミナミの観光スポットを傘のいらない度だけで格付け

ショー三昧千日前

6月の文楽鑑賞教室、NGK、B1角座…

晴れたら行く大阪名所

梅雨入りしても、毎日雨が降るわけではありません。

なんばで買う 生みやげ

なるべく、本日中にお召し上がりください。

大阪のプロフィール

日本の中の大阪の位置、大阪都市情報、地下鉄路線図