サイト内検索

本島いきあたりばったりをいきたいところばっかりに

イントロダクション

 最初に、なぜ9・10月の沖縄本島旅行を、当ウェブマガジンが取り上げたのか?を簡単にご説明したい。昨年の冬、ANAは「マッタリーナ・ホッコリーナ沖縄」キャンペーンを行った。私自身も、ずいぶん前から冬の沖縄に旅行に出かけている。昨年の冬も、このキャンペーンとは無関係に沖縄本島に行った。
 ただ、初めて冬の海水浴が出来ない沖縄に行った時に、沖縄本島が海岸線から内側に、ちぢまってしまったような錯覚を覚えた。同じ年の夏に出かけた、沖縄のビーチリゾートホテルに冬に泊まっても、夏にあれだけ魅力的だったプライベートビーチが全く無いも同然の存在になっていた。客室と同じくらいのサイズのゴージャスな部屋のテラスに出てくつろぐ気も、ホテルの前のビーチを散歩する気も起こらなかった。沖縄を代表するビーチリゾートホテルの全敷地が半分に縮んだような錯覚を覚えた。
 それ以来、人には冬の沖縄旅行をすすめたことはない。やはり、南の島で、海に入れなかったら魅力は半減する。だから、地元の人は、観光客が10月にビーチに出かけると、過ぎ去った夏の残像を見るように目を細めるが、子供のお休みの問題さえクリアした(そもそも関係ない)人には、旅行代金もリーズナブルで、まだまだ泳げる9月10月の沖縄をすすめている。
 私自身も本州以北では、秋になってしまったにも関わらず、過ぎ去った夏を取り戻したかのような、暑さが残る9月10月が、沖縄のベストシーズンだと思っている。
 さあ、夏が終わってしまったなんて感傷はいらないベストシーズンの沖縄に出かけよう。

 「本島いきあたりばったりを いきたいところばっかりに」というタイトルを決めた当初、沖縄好きの旅行者(リピーター)において、本島好きの人は、いきあたりばったりのアクティブな旅行を好み、本島以外の島(いわゆる離島)好きの人はマッタリとした旅行を好むという傾向を導入部とした上で、なぜ、男性旅行者は本島が好きで、女性旅行者は島が好きなのか?というテーマについて考えてみようと思った。
 しかし、今回沖縄本島に行ってみると、女性の一人旅、女性のバックパッカーを数多く目にした。本島好きか島好きかに、性別による傾向の差は無く、どのような旅行を好むのかも、私の周りにいた沖縄好きに、たまたま、見られた傾向に過ぎない。という結論としたい。
 昨年の冬、沖縄本島も対象にしていたANAの「マッタリーナ・ホッコリーナ沖縄」キャンペーンの影響があったのか?なかったのか?アクティブというイメージのあった沖縄本島の旅行スタイルが変りつつあるのか?石垣島の不動産バブル(島民の払い下げ地の即転売騒動)などの影響で、静かな環境を好む島好きのディスティネーションが本島(特にヤンバル)にシフト(※回帰)しつつあるのか?それは分らない。
※ 島好きの人もだいたい最初は沖縄本島を訪れたという人が多く、その後、いろいろな理由(多くは不満)から、島好きになる傾向があると思う。

 ここからは、沖縄に住む人だけに読んで貰いたい(旅行に行く前に旅行先のネガティブな情報を知ってもつまらないし、ヘンな先入観なしで旅行した方が楽しいし、得るものが多いと、私は思うからだ。)。

 ここでは、全く別のことを書きたい。斎場御嶽のことだ、何度かここに行っているが、今回、初めて入場料を払って御嶽に入った。今年7月から有料化されるらしいということ、一部に有料化に対する異論もあるということは、新聞を読んで知っていたが、有料化されたという記事を読んでいなかったので、あるいは、反対に遭い有料化は中止されているのではと思い訪ねた。行ってみるとやはり有料化されており、200円ということだった。料金を支払いながら、以前何度も御嶽で目にしたお祈りをする女性たちのことを思い出し、入場料を支払いながら、戦後生まれであろう受付の女性に「お祈りの人たちはどうするのですか?」と聞いてみた、すると「お祈りの人の場合、申請をしていただき半額の100円になります。」との答えが返ってきた。

 私のことを、うるさいヒッピーが金を払いたくなく、そんな質問をしていると思った受付の女性が、適当に私をあしらうために嘘をついたのならまだいい。しかし、それであっても「お祈り」(極めて個人的なこと)と「申請」(行政用語でかつ、行政に申し出ての許可のお願い)という180度相容れない言葉をつなげた嘘には虚無感の漂う悲しさがある。
 残念ながらあなた達の戦後教育(地域社会を含めた広い意味での教育)は失敗した。
 私は、沖縄滞在中、沖縄タイムスも琉球新報もほぼすべて読む。質の高い読者投稿を読むのをいつも楽しみにしている。沖縄は海洋博覧会開催前から家族に連れられ訪れている。ここが海洋博覧会の会場になると、土むき出しの予定地を見た時の強い印象は、大人になった今でも残っている。その時からの沖縄ファンだ。学校卒業後は、ほぼ毎年一回以上は、本島を訪ねている。1週間の滞在中、ほぼ毎日、那覇にある裁判所に通い、刑事・民事裁判の傍聴をした年もある。沖縄の発電所ばかりを見学してまわった年もあった。

 沖縄が好きだからこそ、通りがかったうつけものの一人として、あえていう。

 あなたたちは、南の楽園に住む恵まれた住民だが、強すぎる郷土愛のため、また、自分たちの信奉者の耳障りのいい意見を聞いてばかりいるせいで、裸の王様になっている。観光客を見つけては、酒を飲んだときに知り合いと話した底の浅い沖縄論を撒き散らし、自己満足し、間違った方向に進もうとしている。
 あなたたちは、観光客を見つけたら、しょせん酒飲みの与太話(あなたが仕事中に酒を飲むか、大切な会議中に酒を飲んでいるかを考えれば、酒を飲みながらの話は、与太話の一種ではないだろうか。)にすぎない話なんてせずに、逆に話を聞くべきだ、少なくとも、「沖縄に来て困ったこと、不便なことはありませんか?」と、もしも、あなたたちが人の意見を聞く寛容さを持ち合わせていたら、大きなスーツケースを持った旅行者にとって不便極まりない上、危険な「ゆいレール」の座席配置(成田エクスプレス、浜松町のモノレールを見てから作っているとは思えない)などありえない、そのくせ、ロングステイ(長期滞在)しろというあなたたちはあまりに虫が良すぎる。また、あなたたちは、バス会社、バス協会の不親切な対応に、那覇バスターミナルのベンチでうな垂れるバックパッカーの姿を目にしたことなど一度もないのだろう。彼らは、レンタカーを借りるお金がなくてバスに乗るのではなく、レンタカー付きのパッケージツアーの方が安くつくのも、沖縄のバスが不便なことも百も承知の上で、那覇の旅行者向けの安価なゲストハウスに泊まって徒歩で行ける範囲、市内バスの範囲で、だらだら過ごすという安直で楽しい選択肢も捨て、それでもあえてタクシーを除いた公共交通機関で本島を旅行しようとしているのだ。土産物屋やホテルのロビーにではなく、本来、彼らや自転車や徒歩で本島を旅する人たち(沖縄の環境になるべくインパクトを与えずに旅行をしようとしている慎ましやかな人たち)にこそ「めんそーれ」の垂れ幕を用意するのが礼儀というものだろう。いつの時代も、バックパッカーは、旅行の最先端スタイルだ、バックパッカーの口コミから世界的リゾートになった例を王様はご存じないのだろうか(開発の是非はここでは触れない)。
 これを、沖縄に住む人に話したらほぼ100%、沖縄は車社会だという答えが返ってくるだろう。観光立県を本当に目指す気があるのなら、東京に来て永田町や霞ヶ関にばかりいないで、表参道のベンチに腰掛て若い人たちが何に乗っているか見るといい(ここで、表参道とした理由は、これを読んだあなたがたの中に、若い人たちを観察するため本当に東京に来る人が一人はいると私が信じているからだ。東京を知るものとして、表参道のけやき並木のベンチなら、もし一日中、観察していても疲れは少ないだろうと思うからだ。表参道が明治神宮の参道であることとは一切関係ない。)。

 こんなことを言ったら、今回の沖縄滞在中に、琉球新報ホール前の交差点でタクシーを降りようとした私を東京から来た新聞記者と間違えたのか、約30分間いろいろな問答をしかけてきた「人間はしょせん動物であるという哲学を持つ」運転手さんは、「ほらだから日本人はきれいごとばっかりいう」(彼は私を日本人と呼んでいた)とまた言うのだろうか。
 すくなくとも彼は私の話も聞いてくれていた。

表参道けやき並木のベンチ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

本島いきあたりばったり

暑さが残る9月10月が沖縄のベストシーズンだ…

伊波普猷とは?

伊波普猷と伊波冬子、浦添城址に出かける理由

龍潭考

龍潭の池端の遊歩道を歩いてみることにした。

Ryutan-ko

Thoughts on Ryutan Pond

首里滞在便利手帳

旅先の情報収集、お食事スポット、日焼けサロン

首里100円バスガイド

沖縄バス 系統番号8番 首里城下町線ガイド

日の出に行く世界遺産

日の出前に訪ねる世界遺産ガイド

名所観光独案内

パブリックビーチ、琉球古典芸能コンクールガイド

沖縄缶詰洋食のすすめ

あなたのまわりに、本当にグルメな人(美食家)はいるだろうか?

沖縄本島マッタリカフェ

せっかく旅行に行ったのなら地元のカフェに行ってみたいもの…

宿泊施設ホテル格付け

那覇市首里の宿泊施設ホテルを格付け

本島で買う 生みやげ

生みやげと沖縄本島のビーチで拾うリユースみやげ…

沖縄本島のプロフィール

沖縄本島都市情報、ドライブ情報、3分間観光案内