サイト内検索

古琉球

伊波普猷

自 序

 『古琉球』を公にするに当つて、まづ言はなければならぬことは、恩師田島利三郎氏のことである。田島氏は私が中学時代の国語の先生で、琉球語に精通し、琉球人に対して多大の同情を有する人であつた。氏は言語学者チェムバレン氏が一種不可解の韻文として匙を投げた『おもろさうし』の研究に指を染め、その助けをかりて古琉球を研究しようと試みた。氏がオモロの研究に熱中してゐるのを見て、当時の人は氏を一種の奇人としてあしらつた位である。私の五年生の時であつた。田島先生は校長の気に入らないで、諭示免職となつて、琉球新報社に入ることになつた。
 この時の校長は一種の愛国者で、琉球人(ジキジン)に高等教育を受けさせるのは国家の為にならないといふ意見を有つてゐたが、さういふことが動機となつて、明治二十八年の秋に、沖縄の中学で未曾有のストライキが起つた。私は漢那君(今は海軍中佐になっている)外三名の同級生と共に、その犠牲になつて、二十九年の夏、東京に遊学することになつた。その時私は余程愚図々々した青年であつたが、それでも他日政治家になつて、侮辱された同胞の為に奮闘する決心をした。そして二三度高等学校の競争試験に応じて、可なり苦い経験を嘗めた。其間に、私は自分の性質や境遇が、政治的生活を送るに適しないといふことを覚つて、断然年来の志望をなげうつた。三十三年に、京都の高等学校に入学した頃には、史学を修めて、琉球の古代史を研究してみようといふ気になつてゐた。二三の友人は私が目的を変更したのを惜んで、幾度となく忠告をして呉れたが、三十六年には、いよいよ文科大学で、言語学の講義を聴くやうになつた。目的を貫徹するに、それが最も適当な方法だと考へたからだ。
 その頃田島氏も上京して、日本女学校に教鞭を執つて居られたが、私が言語学を修めると聞いて、大そう喜ばれた。そして私の家にしばらく厄介になつてゐた返礼として、数年間苦心して集めた「琉球語学材料」を悉く私に譲り、他日其研究を大成して呉れといふことになつた。私は氏と一緒に本郷西片町で自炊するやうになつたのを幸、琉球研究の手始めとして少しづつオモロの講釈を聴いた。二三枚位も進んだかと思ふ頃、氏は突然東都を去つて、台湾へ行かれたので私は大に失望した。そこで已むを得ず、オモロの独立研究を企てたが、さながら外国の文学を研究するやうで、一時は研究を中止しようと思つた位であつた。しかしオモロが如何に解し難い韻文だといつても、もともと自分等の祖先が遺した文学であつて見れば、研究法さへ良ければ、解せないことも無いと思つて、根気よく研究を続けた。其頃考古学の講義で聴いたフランスの学者がロゼッタストーンを研究した話などは、私の好奇心を高めるに与つて力があつた。それから琉球古語の唯一の辞書『混効験集』の助けによつて、オモロを読み始めた。一年も経たない中に、半分位は解せるやうになつた、それでいけない所は田舎や離島の方言の助けによつて読んだ。二年も経たない中に、七八分通り解せるやうになつた。三十九年には、大学を卒業して国に帰つた。私の専門の知識は如何がはしいものであつたが、私は兎に角オモロのオーソリチーとなつて帰つた。
 この通りオモロがわかりかけると、今までわからなかつた古琉球の有様がほのみえるやうな心地がした。私は歴史家でも無いのに、オモロの光で琉球の古代を照して見た。時々は妙な発見などもした。発見する毎に、それを郷里の新聞に出した。それを見て伊波君は気が狂つたのではないか、と怪しんだ人々もあつたといふことだ。
 さて過去数年間新聞に出した草稿が今では積つて二十余篇になつた。もとより公にする程の価値も無いのであるが、友人大城彦五郎氏の勧めによつて、今度之を『古琉球』と題して公にすることにした。学友照屋君の話によれば、田島氏は私が能く新聞などに出すのを見て、伊波君も大分当世流の学者になつた、と歎ぜられたとのことであるから、この書を公にすると聞いて、田島氏は恐らく眉をひそめるであらう。田島氏の希望にそむくとは知りつつも、なほかういふ小冊子を公にするに至つたのは、別に考へる所があるからだ。万一この書が沖縄の社会に対して貢献する所があつたら望外の幸である。
 この頃台湾から帰つて来た人に聞くと、田島先生は坊主に扮して、南支那を放浪して居られるとのことであるが、私は私がもつと価値のある著書を公にするの日、田島先生が飄然としてこの南海の楽園に再来されんことを祈るのである。

明治四十四年七月初旬

沖縄図書館にて
  伊 波 普 猷

「古琉球」再版より
大正5年 糖業研究会出版部

漢那君
漢那憲和 かんな けんわ
1877-1950
大正期の軍人 昭和前期の政治家 那覇生まれ。沖縄尋常中学時代、ストライキの首謀者として、伊波普猷らと退学処分を受けるが、奈良原繁知事の取計らいで卒業証書を得て海軍兵学校入学。大正12年少将に昇進。14年予備役。昭和3年衆議院議員に初当選。

※本文中には、不快用語が含まれるが、本文の主題は別にあり、その理解のためにこれを残した。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

本島いきあたりばったり

暑さが残る9月10月が沖縄のベストシーズンだ…

伊波普猷とは?

伊波普猷と伊波冬子、浦添城址に出かける理由

龍潭考

龍潭の池端の遊歩道を歩いてみることにした。

Ryutan-ko

Thoughts on Ryutan Pond

首里滞在便利手帳

旅先の情報収集、お食事スポット、日焼けサロン

首里100円バスガイド

沖縄バス 系統番号8番 首里城下町線ガイド

日の出に行く世界遺産

日の出前に訪ねる世界遺産ガイド

名所観光独案内

パブリックビーチ、琉球古典芸能コンクールガイド

沖縄缶詰洋食のすすめ

あなたのまわりに、本当にグルメな人(美食家)はいるだろうか?

沖縄本島マッタリカフェ

せっかく旅行に行ったのなら地元のカフェに行ってみたいもの…

宿泊施設ホテル格付け

沖縄県那覇市首里の宿泊施設ホテルを格付け

本島で買う 生みやげ

生みやげと沖縄本島のビーチで拾うリユースみやげ…

沖縄本島のプロフィール

沖縄本島都市情報、ドライブ情報、3分間観光案内