サイト内検索
全表示次のページへ

私の子供時分

沖縄図書館長 文学士 伊波普猷(明治二二年尋卒)

(一)

 私の子供の時分のことを書いてくれとのことであるが、当時の事は大方忘れて了つて、記憶にのこつて居る部分は至つて少い。私の生れたのはもう三年経つと沖縄が廃藩置県になると云ふ明治九年の事だ。其の頃の沖縄と云へば、熊本鎮台の分遣隊が古波蔵村に置かれるやら、松田がやつて来るやらで、随分物騒であつたらうが、残念ながら当人はそんな事なぞ覚えて居やう筈がない。
 物心が付いた時分、私の頭に最初に打込まれた深い印象は私の祖父さんの事だ。私の祖父さんは、十七の時、家の系図を見て、自分の祖先に出世した人が一人も居ないのを悲しみ、奮発して支那貿易を始め、六七回も福州に渡つた人だ。私が四つの時には祖父さんはまだ六十にしかならなかつたが、髪の毛も髭も真白くなつて、七八十位の老人のやうであつた。至つて厳格な人ではあつたが、また慈悲の深い人であつた。今日で云ふ胎内教育の事なぞも能く心得てゐて、私が母の体内に宿ると、母の食物や彼是に非常な注意を払つたといふことだ。私が生れ落ちて乳母をやとふと云ふ時にも、十名位の応募者を集めて、身元や体質や乳などを試験した上で採用したとのことだ。
 私は生れてから何不足なしに育てられたが、どうしたのか、泣くくせが附いて家の人を困らせたとのことだ。
 いつぞや私が泣き出すと、乳母が私を抱き、祖母さんは団扇で私を扇ぎ、お父さんは太鼓をたたき、お母さんは人形を持ち、家中の者が行列をなして、親見世(今の那覇警察署)の前から大仮屋(もとの県庁)の前を通つて町を一周したのを覚えて居る。もう一つ家の人を困らせたことがある。それは私が容易に飯を喰べなかつたことだ。他の家では子供が何でも喰べたがつて困るが、私の家では子供が何にも喰べないで困つた。そこで私に飯を喰べさせるのは家中の大仕事であつた。或時祖父さんは面白いことを考へ出した。向ひの屋敷の貧しい家の子供で私より一つ年上のワンパク者を連れて来て、私と一緒に食事をさせたが、私はこれと競争していつもより沢山喰べた。其後祖父さんはしばしばかう云ふ晩餐会を開くやうになつた。
 それから祖父さんは私と例の子供とに竹馬を造つてくれて十二畳の広間で競馬のまねをさせて非常に興に入ることもあつた。その時には祖父さんは全く子供となつて子供と共に遊ぶのであつた。
 先達途中で私を呼びとめた者がゐるから、誰れだらうと思つてふり向いて見ると例の竹馬の友であつた。彼は私の祖父さんのことは今に忘れられない、あんな慈悲の深い人はまたと居ないといつて涙ぐんだ。
 祖父さんは猫が大好きであつた。其の頃私の家には、十数匹の猫が居たが、何れも肥え太つた椅麗な猫であつた。祖父さんは外から帰つて来る時には、いつも咳払ひするのであつたが、十数匹の猫は此の声を聞くや否や、先を争つて門の所まで行つて、其の老主人を迎へるのであつた。さうすると、祖父さんは懐からカステラとかカマボコとか云ふやうな御土産を出して、之を分配してやるやうなこともしばしばあつた。
 明治十二年には私は四歳であつた。この年は吾々沖縄人が記憶しなければならない廃藩置県のあつた年であるが、私には当時の騒動のことなぞはわからない。出世して系図を飾ると云ふ考を有つて居た祖父さんはこの政治上の変動で全然前途の希望がなくなつて、心身共に俄かに弱つたとのことだ。おまけに大仮屋に出勤してゐた私の叔父で、当時十五になる利口の青年が、相談なしに東京に連れて行かれたので、祖父さんの落胆は一通りではなかつたとのことだ、私は彼の盗まれた日、親戚の者が大勢本家に集まつて、人が死んだ時のやうに、声を立てて泣いたのを覚えてゐる。
 さう云ふ心配のために、暫くすると祖父さんは中風に罹つた。歳の暮頃から全身が不随になつて、口もきかなかつた。そして目ばかりぱちぱちさせて私の顔を見てゐた。
 今になつて考へて見ると、祖父さんはこの恐ろしい世の中で、其の最愛の孫の行末がどうなるだらうといふことばかり考へてゐたらしい、彼は沖縄が今日の様に幸福な時代にならうとは、夢にも思はなかつたであらう。私の五つの年の三月に私の唯一の教育者であつた祖父さんはたうとう彼の世の人となつた。私は白い着物を着て下男に抱かれて葬式に出たのを覚えてゐる。祖父さんの領地の伊波村から沢山の人々がやつて来て行列に加はつたのも覚えてゐる。

全表示次のページへ
「龍文」
沖縄師範学校附属小学校創立四十周年記念誌(大正10年11月20日発行)所載。
松田
松田道之 まつだ みちゆき
1839-1882
明治期の官吏 鳥取生まれ。琉球処分官(明治8年)、明治12年廃藩置県を断行(琉球処分)。同年東京府知事に就任。従四位。

※本文中には、不快用語が含まれるが、本文の主題は別にあり、その理解のためにこれを残した。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

本島いきあたりばったり

暑さが残る9月10月が沖縄のベストシーズンだ…

伊波普猷とは?

伊波普猷と伊波冬子、浦添城址に出かける理由

龍潭考

龍潭の池端の遊歩道を歩いてみることにした。

Ryutan-ko

Thoughts on Ryutan Pond

首里滞在便利手帳

旅先の情報収集、お食事スポット、日焼けサロン

首里100円バスガイド

沖縄バス 系統番号8番 首里城下町線ガイド

日の出に行く世界遺産

日の出前に訪ねる世界遺産ガイド

名所観光独案内

パブリックビーチ、琉球古典芸能コンクールガイド

沖縄缶詰洋食のすすめ

あなたのまわりに、本当にグルメな人(美食家)はいるだろうか?

沖縄本島マッタリカフェ

せっかく旅行に行ったのなら地元のカフェに行ってみたいもの…

宿泊施設ホテル格付け

沖縄県那覇市首里の宿泊施設ホテルを格付け

本島で買う 生みやげ

生みやげと沖縄本島のビーチで拾うリユースみやげ…

沖縄本島のプロフィール

沖縄本島都市情報、ドライブ情報、3分間観光案内