サイト内検索

東京の輪郭

 永田町で混雑している地下鉄に乗っていてこんな声が聞こえてきた「東京に来る毎に新しいものが出来ている。なんでも東京に集まって、なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?」。何かの陳情の帰りだろうか大声でこんなことを話していた。自分自身、何らかの用事があって東京に集まって来ている一人として自虐的な響きもあった。
 なぜ東京ばかりに人が集まり、新しいビルディングが出来ていくのだろうか?

 その理由は、「大きな入れ物があるから」と答えてみたい。

 別に、東京にある劇場の収容人数の話をしているわけでも、ホテルの宴会場のサイズの話しでも、大学の入学定員数の話題でも、新卒の求人数の話しをしているわけでもない。取り上げたいのは、「関東平野のサイズ」についてだ。日本最大の面積を誇る平野は「関東平野」だ。北海道にある「十勝平野」より、東京のある「関東平野」の方が、サイズが大きい。
 わが国の国土の約70%は山地である。言うまでもなく、平野と山地では、何をつくるにも平野の方が簡単である。田んぼを作るとしても、家を作るにしても、ビルディングを作るにしても平野の方が、手間がかからない。更に、道路、鉄道など点を結ぶ線を作るとき、山地に作るより平野に作るほうが容易い。手間や難易度は直接コストに結びつく。
 「なぜ東京が?」という疑問の答えは、都心にいたのでは見えてこない。地下鉄のトンネルの窓の外には答えは見えない。地下鉄の車窓の景色は、世界中どこでも同じただの「暗闇」だ。
 東京の輪郭を見ることが疑問を解く鍵の一つだ。東京の輪郭を高いビルの展望台から見るのも、ヘリコプターをチャーターしてみるのも、一つの方法ではあるが、そんな方法では、実感がともなわれない。地図を眺めるのと変わらない。
 まるで、巨人になって人差し指一本で、関東平野をなぞるように確認する方法が一つある。
 鉄道に乗り東京の輪郭を見に行くことだ。JR東日本旅客営業規則157条2項のルールを適用した一筆書きのルートで途中下車をしなければコストは130円しかかからない。築地市場に行って「東京の胃袋」を見るというのも面白い試みではあるが、時間があれば(ほぼ一日)、ありきたりな観光ルートを離れ、「東京の輪郭」、関東平野という大きな入れ物を見に行くことをおすすめする。

JR東日本旅客営業規則157条2項JR東日本サイトへ

大都市近郊区間内相互発着の普通乗車券及び普通回数乗車券(併用となるものを含む。)所持する旅客は、その区間内においては、その乗車券の券面に表示された経路にかかわらず、同区間内の他の経路を選択して乗車することができる。

東京近郊区間

運賃計算の特例

大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例
・略…大都市近郊区間のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用する場合は、実際に乗車した区間にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
・重複しない限り乗車経路は自由に選べますが途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
JR時刻表 平成19年10月1日発行より

1 同じ駅、同じ区間を重複することはできない(ひと筆書きのルートにする)。
2 途中下車(駅(改札)の外に出ること)ができない。
1、2のルールを守ると旅客営業規則を適用することができる。

例えば
 山手線で、品川駅から隣の大崎駅に行く場合に、時計回り(外回り)で行けば次の駅だが、反対に反時計回り(内回り)で行くと27駅を通ることになる(山手線一周の駅数は29駅)が、上記の旅客営業規則157条2項によって、運賃は、最も安くなる経路(最短経路)で計算し、130円となる。
 人差し指一本で、関東平野をなぞるように、東京の輪郭を確かめるためには、ひと筆書きで途中下車をしないのは好都合だ。逆に、どこかに途中下車して寄り道してしまうと、関東平野の連続性が分りにくくなってしまう。
 東京の輪郭を見に出掛けてみよう。

注 旅客営業規則157条2項を利用した旅行は、「大まわり旅行」、「大回り乗車」などとも呼ばれる。「規則上は可能だとしても、実行するのはいけない。常識的におかしいし、“キセル”の逃げ口上として悪用されるおそれもある」との批判的意見もある。(「最新 鉄道旅行術」種村直樹 JTB 1997)という。
“キセル”うんぬんについては、当記事にはその意図は皆無なので全く無関係として、旅のバリエーションルート(個性的な旅)を開拓、提案する当ウェブマガジンのスタンスとして、“常識的におかしい”という理由から実行するのはいけない。という意見には賛成できない。

東京の輪郭を見に行く 参考プラン

東京の輪郭を見に行く 大回り参考プランルート図

平日ダイヤの組み合わせ例

品川駅(11:01)東海道線→茅ヶ崎駅(11:50)
茅ヶ崎駅(11:56)相模線→橋本駅(12:55)
橋本駅(13:19)横浜線→八王子駅(13:30)
八王子駅(13:37)中央快速→立川駅(13:48)
立川駅(13:53)南武線→府中本町駅(14:04)
府中本町駅(14:20)武蔵野線→東京駅(16:06)
東京駅 山手線内回り→五反田駅
JR運賃 大人130円

五反田駅 都営バス 反96六本木ヒルズ・六本木駅前(循環)→品川駅
都営バス 大人200円 バス停は五反田駅東口 6番のりば

土曜・休日の組み合わせ例

品川駅(11:01)東海道線→茅ヶ崎駅(11:50)
茅ヶ崎駅(11:56)相模線→橋本駅(12:55)
橋本駅(13:19)横浜線→八王子駅(13:30)
八王子駅(13:37)中央快速→立川駅(13:48)
立川駅(13:57)南武線→府中本町駅(14:09)
府中本町駅(14:31)武蔵野線→東京駅(16:18)
東京駅 山手線内回り→五反田駅

五反田駅 都営バス 反96六本木ヒルズ・六本木駅前(循環)→品川駅
都営バス 大人200円 バス停は五反田駅東口 6番のりば

注 「大きな入れ物」を見に行くプランです。それなりに時間が掛かりますのでご注意ください。また、時間が掛かることによって大きさを実感するという効果もあります。

東京の輪郭(東側)を見に行く 参考プラン

東京の輪郭(東側)を見に行く 大回り参考プランルート図

平日ダイヤの組み合わせ例

品川駅(11:01)東海道線→茅ヶ崎駅(11:50)
茅ヶ崎駅(11:56)相模線→橋本駅(12:55)
橋本駅(13:19)横浜線→八王子駅(13:30)
八王子駅(13:37)中央快速→新宿駅(14:16)
新宿駅 山手線内回り→五反田駅
JR運賃 大人130円

五反田駅 都営バス 反96六本木ヒルズ・六本木駅前(循環)→品川駅
都営バス 大人200円 バス停は五反田駅東口 6番のりば

土曜・休日の組み合わせ例

品川駅(11:01)東海道線→茅ヶ崎駅(11:50)
茅ヶ崎駅(11:56)相模線→橋本駅(12:55)
橋本駅(13:19)横浜線→八王子駅(13:30)
八王子駅(13:37)中央快速→新宿駅(14:14)
新宿駅 山手線内回り→五反田駅

五反田駅 都営バス 反96六本木ヒルズ・六本木駅前(循環)→品川駅
都営バス 大人200円 バス停は五反田駅東口 6番のりば

プランニングに便利なサイト

JR東日本:鉄道・駅のご利用案内 乗り換え案内、駅の時刻表、駅構内図など

都営バス(東京都交通局) 五反田駅のバス時刻表、のりば案内など

注 上記、旅客営業規則及び参考ルートダイヤ等は、平成19年10月1日現在の情報を掲載しています。必ず、ご自身でご出発前に、JR時刻表、JR東日本ウェブサイトなどで情報の確認をしてください。

東京の輪郭 JR相模線の車窓からの景色
東京近郊区間
山手線、京浜東北線・根岸線、伊東線、横須賀線、武蔵野線、南武線、鶴見線、横浜線、相模線、青梅線、五日市線、埼京線・川越線、八高線、成田線、京葉線、東金線、高崎線、両毛線、水戸線の全線
中央線、東海道線、東北線、常磐線、総武線、内房線、上越線、外房線の一部区間
旅客営業規則157条2項の例

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内