サイト内検索

東京 夢のカフェ

スワンカフェ銀座店

小倉昌男氏の夢実現へ

 宅急便生みの親、ヤマト運輸 故小倉昌男氏の晩年の目標は、「障がいのある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現」ノーマライゼーションの理念の実現であったという。

 平成5(1993)年、小倉昌男氏は、自らの私財(ヤマト運輸の持ち株三百万株のうち二百万株[時価24億円])を投じてヤマト福祉財団を設立した(後に残る百万株も寄付)。目標達成の核となる事業として、平成10(1998)年に、パンの製造・販売を行うスワンベーカリーの一号店(銀座店)を開店し、平成13(2001)年 スワンカフェ&ベーカリー赤坂店を開店した。現在、スワンベーカリー、スワンカフェは、直営店、チェーン店を合わせ、九州、四国を除く全国23店舗となっている(平成19年10月1日現在)。
 小倉氏が、作業所で働く障害者の月給が1万円以下であることを知り、憤り、彼自身が“経営の力によって”10万円以上の月給を支払うことができることを実証するためにオープンしたスワンベーカリーは、今年6月で10年目を迎えた。宅急便事業の急速な拡大に比べ、スワンベーカリーの歩みは、お世辞にも速いとはいえない。フランチャイズ制でなく、ロイヤリティーを受け取らず、パン製造の技術サポートを無償で行う丁寧で良心的な仕組みが足枷になっていることもあるだろう。もちろん牽引役である小倉氏死去(平成17(2005)年)の影響も大きいのであろう。

…じつはいまスターバックスさんが、カフェで障がい者を雇用するにはどうすればいいのか、そのテストを当社(株式会社スワン[スワンベーカリー、カフェ運営会社])で行っています。店舗スタッフの総数は変えずに生産性を維持しつつ、障がい者に入ってもらえる仕組みづくりの調査協力(「ヤマト福祉財団NEWS」 海津歩 株式会社スワン代表取締役社長談 2007 Summer  No.15 2ページ)を行っているという。

 小倉昌男氏は、息子のお古の洋服を千葉に住んでいた甥っ子に送ろうと思った時に、便利な小口貨物サービスが無いことに気が付き宅急便を誕生させたという。
 誰もやっていないから、彼がはじめたのだ。
 彼の晩年の目標が、誰によって成し遂げられたとしても、彼の行動の意味は光り輝きつづける。晩年の彼は、福祉に一石を投じたという生やさしいものではなく、試しに石を投げる代わりに自分を投げ入れたといった激しいものだった。無私の境地であっただろう彼の気持ちを考えてみれば、それが他者(スターバックス コーヒー ジャパン)によって成し遂げられることこそが、彼が望んでいたことであるように思えてならない。

スワンカフェ 銀座店スワンベーカリーサイトへ map 東京 B-2

東京都中央区銀座2-12-16 TEL 03-5148-5860
都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座」駅下車 徒歩3分
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅下車 徒歩6分
月〜木曜日 7:30〜22:30(LO)
金曜日 7:30〜24:00(LO)
土曜日 11:00〜17:30(LO)
休・日、祝

 スワンカフェ銀座店のディナータイムは、文字通りただのカフェであるにもかかわらず知られざるクールなディナースポットとなっている。お客様の多くは、このお店の誕生ストーリーを知った上で、来店している。
 お店のすぐ横には、ヤマト運輸のトラック出入口があり、少し騒々しいが、小倉昌男氏のビジョンに賛意を表する人々は全く意に介していない。料理については、スワンベーカリーが、冷凍生地を使ってパンを焼く製法を開発しているタカキベーカリー(広島県)の協力の下、オープンした経緯からも分るとおり、簡便に調理の出来るメニューで、平均点といったところである。サービスの品質は高い。
 このお店で出色なのは、店舗デザインで、昭和通りのいちょう並木に面した店舗の中心に、車イス用スロープを配したデザインは、お店の思想を端的に表している。通常建物の端に設置されている車イス用のスロープが中心に設置されていると、スロープがいかにも付け足しといった印象を受けず、デザイン的にスッキリした効果を生み出している。カフェは、歌舞伎座にも近いので、歌舞伎観劇の前後には立ち寄りたい。昭和通りのいちょうの落葉シーズンが楽しみなカフェ。

モーニングタイム(7:30〜10:00)
サラダプレート 500円(コーヒーお代わり自由)など

ランチタイム(11:00〜15:00)
パスタランチ 1000円(ドリンク、バゲット付き)など

ケーキタイム(15:00〜17:00)
ケーキセット ¥700 ケーキ&コーヒーまたは紅茶

ディナータイム(17:30〜)
フレッシュ有機トマトとバジルのスパゲティー 1000円
マルゲリータ 900円
和牛サーロインのステーキ わさび醤油 1600円など

小倉昌男
おぐら まさお
1924-2005
昭和-平成期の企業経営者、平成期の社会起業家 東京生まれ。ヤマト運輸「宅急便」の産みの親。
東銀座地図スワンカフェ銀座店

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内