サイト内検索
全表示次のページへ

永日小品

夏目漱石

元日

 雑煮(ぞうに)を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。其(その)内の一人がフロックを着ている。着なれない所為(せい)か、メルトンに対して妙に遠慮する傾きがある。あとのものは皆和服で、かつ不断着(ふだんぎ)の儘だから頓(とん)と正月らしくない。此(この)連中がフロックを眺めて、やあ−と一ツずつ云った。みんな驚いた証拠である。自分も一番あとで、やあと云った。
 フロックは白い手巾(ハンケチ)を出して、用もない顔を拭いた。そうして、頻(しきり)に屠蘇(とそ)を飲んだ。ほかの連中も大いに膳のものを突ついている。所へ虚子が車で来た。是(これ)は黒い羽織に黒い紋付を着て、極めて旧式に極(きま)っている。あなたは黒紋付を持っていますが、矢張(やはり)能をやるから其必要があるんでしょうと聞いたら、虚子が、ええ左(そ)うですと答えた。そうして、一つ謡(うた)いませんかと云い出した。自分は謡っても宜(よ)う御座(ござ)んすと応じた。
 それから二人して東北(とうぼく)と云うものを謡った。余程以前に習った丈で、殆ど復習と云う事をやらないから、所々甚だ曖昧(あいまい)である。其上、我ながら覚束(おぼつか)ない声が出た。漸(ようや)く謡って仕舞うと、聞いていた若い連中が、申し合せた様に自分を不味(まず)いと云い出した。中にもフロックは、あなたの声はひょろひょろしていると云った。此連中は元来謡(うたい)のうの字も心得ないもの共である。だから虚子と自分の優劣はとても分らないだろうと思っていた。然(しか)し、批評をされて見ると、素人でも理の当然な所だから已(やむ)を得ない。馬鹿を云えという勇気も出なかった。
 すると虚子が近来鼓(つづみ)を習っているという話しを始めた。謡(うたい)のうの字も知らない連中が、一つ打って御覧なさい、是非御聞かせなさいと所望(しょもう)している。虚子は自分に、じや、あなた謡って下さいと依頼した。是は囃(はやし)の何物たるを知らない自分に取っては、迷惑でもあったが、又斬新(ざんしん)という興味もあった。謡いましょうと引き受けた。虚子は車夫を走らして鼓を取り寄せた。鼓がくると、台所から七輪を持って来さして、かんかんいう炭火の上で鼓の皮を焙(あぶ)り始めた。みんな驚いて見ている。自分も此猛烈な焙りかたには驚いた。大丈夫ですかと尋ねたら、ええ大丈夫ですと答えながら、指の先で張切った皮の上をかんと弾(はじ)いた。一寸好い音がした。もう宜(い)いでしょうと、七輪から卸(おろ)して、鼓の緒(お)を締めにかかった。紋服(もんぷく)の男が、赤い緒をいじくっている所が何となく品(ひん)が好(い)い。今度はみんな感心して見ている。
 虚子はやがて羽織を脱いだ。そうして鼓を抱(か)い込(こ)んだ。自分は少し待って呉(く)れと頼んだ。第一彼が何処(どこ)いらで鼓を打つか見当が付かないから一寸打ち合せをしたい。虚子は、ここで掛声をいくつ掛けて、ここで鼓をどう打つから、御遣(おや)りなさいと懇(ねんごろ)に説明して呉れた。自分にはとても呑み込めない。けれども合点の行く迄研究していれば、二三時間はかかる。已(やむ)を得ず、好い加減に領承(りょうしょう)した。そこで羽衣(はごろも)の曲(くせ)を謡(うた)い出した。春霞(はるがすみ)たなびきにけりと半行程来るうちに、どうも出が好くなかったと後悔し始めた。甚(はなは)だ無勢力である。けれども途中から急に振るい出しては、総体の調子が崩れるから、萎靡因循(いびいんじゅん)の儘、少し押して行くと、虚子が矢庭(やにわ)に大きな掛声をかけて、鼓をかんと一つ打った。
 自分は虚子が斯(こ)う猛烈に来ようとは夢にも予期していなかった。元来が優美な悠長(ゆうちょう)なものと許(ばか)り考えていた掛声は、まるで真剣勝負のそれの様に自分の鼓膜を動かした。自分の謡は此掛声で二三度波を打った。それが漸(ようや)く静まりかけた時に、虚子が又腹一杯に横合から威嚇(おどか)した。自分の声は威嚇される度によろよろする。そうして小さくなる。しばらくすると聞いているものがくすくす笑い出した。自分も内心から馬鹿馬鹿しくなった。其時フロックが真先に立って、どっと吹き出した。自分も調子につれて、一所(いっしょ)に吹き出した。
 それから散々な批評を受けた。中にもフロックのは尤(もっと)も皮肉であった。虚子は微笑しながら、仕方なしに自分の鼓に、自分の謡を合せて、目出度(めでたく)謡(うた)い納めた。やがて、まだ廻らなければならない所があると云って車に乗って帰って行った。あとから又色々若いものに冷かされた。細君迄一所になって夫を貶(くさ)した末、高浜さんが鼓を御打ちなさる時、襦袢の袖がぴらぴら見えたが、大変好い色だったと賞(ほ)めている。フロックは忽(たちま)ち賛成した。自分は虚子の襦袢の袖の色も、袖の色のぴらぴらする所も決して好いとは思わない。

全表示次のページへ

東京朝日新聞
明治42年1月1日

虚子
高浜 虚子
たかはま きょし
1874-1959
愛媛県松山生まれ。明治、大正、昭和期の俳人 夏目漱石に「我輩は猫である」の「ホトトギス」での発表をすすめた。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内