サイト内検索
ぜんぶひょうじつぎのページへ

えいじつしょうひん

なつめ そうせき

がんじつ

 ぞうにをくって、しょさいにひきとると、しばらくして3、4にんきた。
 いずれもわかいおとこである。
 そのうちのひとりが、ふろっくをきている。きなれないせいか、めるとんにたいしてみょうに、えんりょするかたむきがある。
 あとのものは、みなわふくで、かつ、ふだんぎのままだからとんと、しょうがつらしくない。
 このれんちゅうが、ふろっくをながめて、やあ、と1つずついった。みんなおどろいたしょうこである。じぶんも1ばんあとで、やあといった。
 ふろっくは、しろいはんけちをだして、ようもないかおをふいた。そうして、しきりにとそをのんだ。
 ほかのれんちゅうも、おおいに、ぜんのものをつっついている。
 ところへ、きょしが、くるまできた。これは、くろいはおりに、くろいもんつきをきて、きわめてきゅうしきに、きまっている。あなたは、くろもんつきをもっていますが、やはり、のうを、やるからそのひつようが、あるんでしょうときいたら、きょしが、ええそうですとこたえた。
 そうして、1つうたいませんかといいだした。じぶんは、うたってもようござんすとおうじた。
 それからふたりしてとうぼくというものをうたった。
 よほどいぜんに、ならっただけで、ほとんどふくしゅうということをやらないから、ところどころ、はなはだあいまいである。
 そのうえ、われながらおぼつかないこえがでた。ようやくうたってしまうと、きいていたわかいれんちゅうが、もうしあせたように、じぶんをまずいといいだした。なかにも、ふろっくは、あなたのこえは、ひょろひょろしているといった。このれんちゅうは、がんらい、うたいのうのじもこころえないものどもである。だからきょしと、じぶんのゆうれつは、とてもわからないだろうとおもっていた。
 しかし、ひひょうをされてみると、しろうとでも、ことわりのとうぜんなところだからやむをえない。ばかをいえというゆうきもでなかった。
 すると、きょしが、きんらい、つづみをならっているというはなしをはじめた。うたいのうのじもしらないれんちゅうが、1つうってごらんなさい、ぜひおきかせなさいとしょもうしている。
 きょしは、じぶんに、じや、あなたうたってくださいといらいした。
 これは、はやしのなにものたるをしらないじぶんにとっては、めいわくでもあったが、また、ざんしんというきょうみもあった。
 うたいましょうとひきうけた。きょしは、しゃふをはしらしてつづみをとりよせた。
 つづみがくると、だいどこからしちりんをもってこさして、かんかんいうすみびのうえでつづみのかわをあぶりはじめた。
 みんなおどろいてみている。じぶんも、このもうれつなあぶりかたにはおどろいた。
 だいじょうぶですかとたずねたら、ええだいじょうぶですとこたえながら、ゆびのさきではりきったかわのうえをかんとはじいた。
 ちょっといいねがした。もういいでしょうと、しちりんからおろして、つづみのおをしめにかかった。もんぷくのおとこが、あかいおをいじくっているところが、なんとなくひんがいい。
 こんどは、みんなかんしんしてみている。
 きょしは、やがてはおりをぬいだ。そうして、つづみをかいこんだ。
 じぶんは、すこしまってくれとたのんだ。だいいち、かれがどこいらで、つづみをうつかけんとうがつかないからちょっとうちあわせをしたい。
 きょしは、ここでかけごえをいくつかけて、ここでつづみをどううつから、おやりなさいとねんごろにせつめいしてくれた。
 じぶんには、とてものみこめない。けれどもがってんのいくまで、けんきゅうしていれば、2、3じかんはかかる。やむをえず、いいかげんにりょうしょうした。
 そこで、はごろものくせをうたいだした。
 はるがすみたなびきにけりと、はんぎょうほどくるうちに、どうもでが、よくなかったとこうかいしはじめた。
 はなはだむせいりょくである。けれども、とちゅうからきゅうにふるいだしては、そうたいのちょうしが、くずれるから、いびいんじゅんのまま、すこしおしていくと、きょしがやにわに、おおきなかけごえをかけて、つづみをかんと1つうった。
 じぶんは、きゅしがこうもうれつにこようとは、ゆめにもよきしていなかった。
 がんらいが、ゆうびなゆうちょうなものとばかりかんがえていたかけごえは、まるでしんけんしょうぶのそれのように、じぶんのこまくをうごかした。
 じぶんのうたいは、このかけごえで、2、3どなみをうった。
 それがようやくしずまりかけたときに、きょしが、また、はらいっぱいによこあいからおどかした。
 じぶんのこえは、いかくされるたびに、よろよろする。そうしてちいさくなる。
 しばらくするときいているものが、くすくすわらいだした。
 じぶんもないしんから、ばかばかしくなった。
 そのとき、ふろっくがまっさきにたって、どっとふきだした。
 じぶんもちょうしにつれて、いっしょに、ふきだした。
 それから、さんざんな、ひひょうをうけた。
 なかにも、ふろっくのはもっともひにくであった。きょしはびしょうしながら、しかたなしに、じぶんのつづみに、じぶんのうたいをあせて、めでたくうたいおさめた。
 やがて、まだまわらなければならないところがあるといってくるまにのってかえっていった。
 あとから、また、いろいろわかいものにひやかされた。
 さいくんまで、いっしょになっておっとをくさしたすえ、たかはまさんが、つづみをおうちなさるとき、じゅばんのそでがぴらぴらみえたが、たいへんいいいろだったとほめている。ふろっくは、たちまちさんせいした。
 じぶんは、きょしのじゅばんのそでのいろも、そでのいろのぴらぴらするところもけっしていいとはおもわない。

ぜんぶひょうじつぎのページへ

とうきょうあさひしんぶん
めいじ42ねん1がつ1ひ

きょし
たかはま きょし
1874-1959
えひめけんまつやまうまれ。めいじ、たいしょう、しょうわきのはいじん(はいくをつくるひと)。なつめそうせきに「わがはいはねこである」の「ほととぎす(ざっしめい)」でのはっぴょうをすすめた。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内