サイト内検索

はかせもんだいのなりゆき

なつめ そうせき

 2がつ21にちに、がくいをじたいしてから、2かげつちかくのこんにちにいたるまで、とうきょくしゃと、よとはなんらのこうしょうもなくうちすぎた。
 ところが4がつ11にちにいたって、よは、はからずも、うえだかずとし、はがやいち2はかせから、こういてきのほうもんをうけた。
 2はかせが、よのいけんをとうきょくにつえたるけっかとして、どうじつごごに、よは、また、ふくはらせんもんがくむきょくちょうのらいほうをうけた。きょくちょうは、よに、もんぶしょうのいしをつげ、よは、また、きょくちょうに、よのしょけんを、くりかえして、そうごのけんかいのそうごにことなるを、いかんとするむねを、のべあってわかれた。
 よく12にちにいたって、ふくはらきょくちょうは、もんぶしょうのいしを、おおやけにするため、よにひだりのしょかんをおくった。
 じつは、2かげつまえに、よが、きょくちょうにさしだしたじたいのもうしでに、たいするへんじなのである。
「ふくけい 2がつ21にちづけをもって、がくいじゅよのぎ、ごじたいあいなりたくおもむき、おんおもうしであいなりそうろうところ、すでに、はつれいずみにつき、いまさら、ごじたいのみちも、これなくそうろうあいだごりょうちあいなりたく、だいじんのめいにより、べっし、がくいき、ごへんぷかたがたこのだん、もうしすすめそうろう けいぐ」
 よも、またよのしょけんを、おおやけにするため、よく13にちづけをもって、したにかかぐるしょめんを、ふくはらきょくちょうに、いたした。
「はいけい がくいじたいのぎは、すでにはつれいごのもうしでにかかるゆえ、しょうせいのきぼうどおりとりはからいかぬるむねのおへんじを、りょうし、さいおうの、おこたえをいたします。
「しょうせいは、がくいじゅよのごつうちにせっしたるゆえに、じたいのぎをもうしいでたのであります。それよりいぜんに、じたいするひつようもなく、またじたいする、のうりょくもないものとおかんがえにならんことを、きぼういたします。
「がくいれいのかいしゃくじょう、がくいは、じたいしえるべし、とのはんだんをくだすべき、よちあるにもかかわらず、ごうもしょうせいのいしを、がんちゅうにおくことなく、いちずにじたいしえず、とさだめられたるもんぶだいじんにたいし、しょうせいは、ふかいのねんをいだくものなることを、ここにげんめいいたします。
「もんぶだいじんが、もんぶだいじんのいけんとして、しょうせいを、がくいあるものと、おみとめになるのは、やむをえぬこととするも、しょうせいは、がくいれいのかいしゃくじょう、しょうせいのいしにさからって、おうけをする、ぎむをゆうせざることを、ここにげんめいいたします。
「さいごに、しょうせいは、もっかわがくににおけるがくもんぶんげいのりょうかいにつうずるすうせいにかんがみて、げんこんの、はかせせいどのこうすくなくして、へいおおきことを、しんずるひとりなることを、ここにげんめいいたします。
「みぎ、だいじんに、おつたえをねがいます。がくいきは、さいおうおてもとまでごへんぷいたします。けいぐ」
 ようするに、もんぶだいじんは、じゅよをとりけさぬといい、よは、じたいをとりけさぬというだけである。
 せけんが、よのじたいをみとむるか、または、もんぶだいじんのじゅよを、みとむるかは、せけんのじょうしきと、せけんが、がくいれいにむかっていたすかいしゃくによってきまるのである。
 ただし、よは、もんぶしょうのいかんと、せけんのいかんとにかかわらず、よじしんを、よのおもいどおりにみとむるのじゆうをゆうしている。
 よが、すすんでもんぶしょうに、とりけしをもとめざるかぎり、また、もんぶしょうが、よにいしのくつじゅうをしいざるかぎりは、このもんだいは、これよりいじょうにまとまるはずがない。
 したがって、おちつかざるところに、おちついて、さいげつをこのままにながれていくかもしれない。
 かいけつのできぬように、かいしゃくされたいっしゅのじけんとして、とういつか、てっていかのこころを、なやますれいとなるかもわからない。
 はかせせいどは、がくもんしょうれいのぐとして、せいふからみれば、ゆうこうにちがいない。
 けれども、いっこくのがくしゃをあげて、ことごとく、はかせたらんがためにがくもんをするというようなきふうをようせいしたり、または、さようおもわれるほどにも、きょくたんなけいこうをおびて、がくしゃがこうどうするのは、こっかからみても、へいがいのおおいのはしれている。
 よは、はかせせいどを、はかいしなければならんとまではかんがえない。
 しかし、はかせでなければがくしゃでないように、せけんをおもわせるほど、はかせにかちをふよしたならば、がくもんはしょうすうのはかせのせんゆうぶつとなって、わずかながくしゃてききぞくが、がっけんをしょうあくしつくすにいたる、とともに、せんにもれたるほかは、まったくいっぱんからへいきゃくされるのけっかとして、いとうべき、へいがいのぞくしゅつせんことを、よはせつにうれうるものである。
 よは、このいみにおいて、ふらんすにあかでみーのあることすらも、こころよくおもっておらぬ。
 したがって、よのはかせをじたいしたのは、てっとうてつびしゅぎのもんだいである。
 このじけんのなりゆきを、おおやけにするとともに、よは、このいっくだけをさいごにつけくわえておく。

とうきょうあさひしんぶん
めいじ44ねん4がつ15ひ

うえだかずとし
1867-1937
とうきょううまれ。めいじ33ねんぶんがくはかせごうしゅとく。めいじ、たいしょう、しょうわのげんごがくしゃ
はがやいち

1867-1927
ふくいけんうまれ。めいじ36ねんぶんがくはかせごうしゅとく。めいじ、たいしょうきのこくがくしゃ
ふくはらきょくちょう
ふくはら りょうじろう
1868-1932
みえけんうまれ。めいじ、たいしょうきのりいん ていこくびじゅついんちょう

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内