サイト内検索
ぜんぶひょうじつぎのページへ

ゆめ10や

なつめ そうせき

だい1や

 こんなゆめをみた。
 うでくみをしてまくらもとにすわっていると、あおむけにねた、おんなが、しずかなこえで、もう、しにますという。
 おんなは、ながいかみをまくらにしいて、りんかくのやわらかなうりざねがおを、そのなかによこたえている。まっしろなほほのそこに、あたたかい、ちのいろがほどよくさして、くちびるのいろはむろんあかい。とうてい、しにそうにはみえない。
 しかし、おんなは、しずかなこえで、もうしにますとはっきりいった。
 じぶんもたしかにこれは、しぬなとおもった。
 そこで、そうかね、もう、しぬのかねと、うえからのぞきこむようにしてきいてみた。しにますとも、といいながら、おんなは、ぱっちりと、めをあけた。
 おおきなうるおいのあるめで、ながいまつげにつつまれたなかは、ただ、いちめんにまっくろであった。そのまっくろなひとみのおくに、じぶんのすがたが、あざやかにうかんでいる。
 じぶんは、すきとおるほどふかくみえるこのくろめのつやをながめて、これでも、しぬのかとおもった。
それで、ねんごろにまくらのそばへくちをつけて、しぬんじゃなかろうね、だいじょうぶだろうね、とまた、ききかえした。
 するとおんなは、くろいめを、ねむそうにみはったまま、やはり、しずかなこえで、でも、しぬんですもの、しかたがないわ、といった。
 じゃ、わたしのかおが、みえるかいと、いっしんにきくと、みえるかいって、そら、そこに、うつってるじゃありませんかと、にこりとわらってみせた。
 じぶんは、だまって、かおをまくらからはなした。うでくみをしながら、どうしても、しぬのかなとおもった。
 しばらくして、おんなが、また、こういった。
「しんだら、うめてください。おおきなしんじゅがいで、あなをほって。そうして、てんからおちてくるほしのかけを、ぼひょうにおいてください。そうして、はかのそばにまっていてください。また、あいにきますから」
 じぶんは、いつ、あいにくるかねときいた。
「ひが、でるでしょう。それからひが、しずむでしょう。それから、また、でるでしょう、そうして、また、しずむでしょう。あかいひが、ひがしからにしへ、ひがしからにしへとおちていくうちに、あなた、まっていられますか」
 じぶんは、だまってうなずいた。おんなは、しずかなちょうしを、いちだんはりあげて、
「100ねん、まっていてください」とおもいきったこえでいった。
「100ねん、わたしのはかのそばに、すわってまっていてください。きっと、あいにきますから」
 じぶんは、ただ、まっているとこたえた。
すると、くろいひとみのなかに、あざやかにみえたじぶんのすがたが、ぼうっとくずれてきた。
 しずかなみずがうごいてうつるかげをみだしたように、ながれだしたとおもったら、おんなのめが、ぱちりと、とじた。ながいまつげのあいだから、なみだがほほへたれた。もう、しんでいた。
 じぶんは、それからにわへおりて、しんじゅかいで、あなをほった。しんじゅかいは、おおきななめらかなふちのするどいかいであった。
 つちをすくうたびに、かいのうらにつきのひかりが、さしてきらきらした。しめったつちのにおいもした。
 あなは、しばらくしてほれた。おんなをそのなかにいれた。そうして、やわらかいつちを、うえからそっとかけた。かけるたびに、しんじゅかいのうらに、つきのひかりが、さした。
 それから、ほしのかけのおちたのをひろってきて、かるくつちのうえへのせた。ほしのかけは、まるかった。
 ながいあいだ、おおぞらをおちているあいだに、かどがとれてなめらかになったんだろうとおもった。
 だきあげてつちのうえへおくうちに、じぶんのむねとてが、すこしあたたくなった。
 じぶんは、こけのうえにすわった。これから、100ねんのあいだ、こうしてまっているんだなとかんがえながら、うでくみをして、まるいぼひょうを、ながめていた。
 そのうちに、おんなのいったとおり、ひが、ひがしからでた。おおきなあかいひであった。それが、また、おんなのいったとおり、やがて、にしへおちた。あかいまんまでのっとおちていった。1つとじぶんは、かんじょうした。
 しばらくすると、また、からくれないのてんとうが、のそりとあがってきた。そうして、だまってしずんでしまった。ふたつと、また、かんじょうした。
 じぶんは、こういうふうに、1つ2つと、かんじょうしていくうちに、あかいひを、いくつみたかわからない。
 かんじょうしても、かんじょうしても、しつくせないほど、あかいひが、あたまのうえを、とおりこしていった。
 それでも100ねんが、まだこない。しまいには、こけのはえたまるいいしをながめて、じぶんは、おんなにだまされたのではなかろうかとおもいだした。
 するといしのしたから、はすにじぶんのほうへむいてあおいくきがのびてきた。みるまにながくなって、ちょうど、じぶんのむねのあたりまで、きてとどまった。
 とおもうと、すらりとゆらぐ、くきのいただきに、こころもち、くびをかたむけていた、ほそながいいちりんのつぼみが、ふっくらと、はなびらをひらいた。まっしろなゆりがはなのさきでほねにこたえるほど、におった。
 そこへはるかのうえから、ぽたりとつゆがおちたので、はなは、じぶんのおもみでふらふらとうごいた。
 じぶんは、くびをまえへだしてつめたいつゆのしたたる、しろい、はなびらにせっぷんした。
 じぶんが、ゆりから、かおをはなすひょうしにおもわず、とおいそらをみたら、あかつきのほしがたった1つまたたいていた。
「100ねんは、もうきていたんだな」とこのとき、はじめてきがついた。

ぜんぶひょうじつぎのページへ

とうきょうあさひしんぶん
めいじ41ねん7がつ25ひ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街

東京のいい街にはいちょうがあります…

東京の輪郭

なぜ東京の街ばかりが発展しているのか?

スポーツ東京

2度目の東京オリンピックの実現は難しいそうだが…

品川滞在便利手帳

品川のお食事スポット、コピーショップ、書店…

名所観光独案内

本当に、美術館巡りがクールな東京観光なのか?

銀杏のあるレストラン

季節の景観と、レストランの関係も大切なものである…

東京 夢のカフェ

知られざるクールなディナースポット

宿泊施設ホテル格付け

東京品川の宿泊施設ホテルを格付け

東京で買う 生みやげ

あんつる先生こと安藤鶴夫と四谷のたいやき…

たいやき研究ノート

本当に2009年でたいやきは誕生100周年を迎えるのか…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内