サイト内検索

光琳 初夢の富士

夢中富士図

 尾形光琳には、お正月らしい、こんなおめでたいエピソードが残されている。
 正月、西本願寺の門主にどこにも出掛けなかったのかと問われ「夢で江戸に参りました。」と光琳が答えた。
 門主は、「それでは富士を見たであろう」と問うた。「もちろん」と光琳が答えると、法主は、「それはよき夢だ。急いで書き写せ」と仰せになり、光琳は、その場にあった包みに富士の姿を描いてみせると夢から覚めそれも夢だった。というお話しである。光琳は、目を覚ました時、元禄12年1月10日朝に、この時の富士を絵に残した(光琳 夢の富士図)。
 尾形光琳の夢で見た『富士山』と聞くと、現実を超えた夢のような美しい富士山の図を想像するが、実際残された夢中富士の図はあまり魅力的とも思えない。また、薄っぺらな夢診断をするのもつまらない。
『二條家内々御番所日次記』によれば、光琳が、夢をみた元禄12年1月9日(西暦1699年2月8日)は雪で、目を覚ました10日の京都は晴れであった(注1)。雪の日の翌日、気持ちよく晴れた朝に、光琳が目をこすりながら夢で見た富士と夢での門主との問答の顛末をしたためる様子を想像すると天才画家 尾形光琳のイマジネーションの一端を見たようで楽しいし、この図が書かれた日、雪の残る白銀の輝く京の朝を想像すると夢のような美しさが目に浮かぶ。

紅白梅図

尾形光琳 紅白梅図

  尾形光琳の傑作として、「燕子花図」根津美術館所蔵、「八橋図屏風」メトロポリタン美術館所蔵などとともに「紅白梅図」が挙げられる。
 国宝「紅白梅図屏風」は、静岡県熱海市のMOA美術館に所蔵されており、毎年、熱海梅園の開花シーズンの2月に公開されている。
 この紅白梅図を見に行くだけでも熱海に出掛ける価値はある。
 紅白梅図については、色々な解釈がなされている。向かって左の白梅と右の紅梅の間の水の流れの関係を、「この屏風はまったく嬲(なぶる)という字を絵で描いている(「光琳と乾山」小林太市郎 「世界の人間像7」角川書店)。」としたり、白梅が古木で、紅梅が若木であることから、京都と江戸にたとえる見解もある(中央の流れは富士川でも富士山でもいいかもしれない)。
 前述の夢中富士図を広く紹介した美術史家 福井利吉郎は、「総じて美術の鑑賞は観者自らの眼を以て見、心を以て読む事が第一要件でありまして、美術その物が人間の独創的創造…であるのと同時に、美術の鑑賞もまた人間各自の独創的創造であるといふ事は、人間の与へられた天賦の中でも最も貴いものの一つといって宜しいのであります。いわば人間は自ら美術を創造しまた自ら創造的にこれを鑑賞する…事に依って、造化の大業に参っているのです。」と述べている(「美術」昭和6年 青年教育普及会刊)。
 熱海に出掛けて眼で見て、心で読んでみたらどうだろうか。

MOA美術館MOA美術館サイトへ

MOA美術館

静岡県熱海市桃山町26-2 TEL 0557-84-2511
熱海駅からバス8分(4番のりば)160円 バス時刻表:熱海駅発熱海駅行
9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館 木曜日[祝日は開館]
大人 1600円 高大学生 800円 中学生以下 無料
友の会(年間パスポート)10000円

 紅白梅図は、毎年展示室3に展示される。2008年は、1月18日〜3月2日まで展示。
 自家用車(乗用車)でMOA(注2)美術館に出掛けると駐車場のある「3階入口」からの入場となってしまい、幻想的なMOA美術館のエスカレーターに乗ることができない。あえて、公共交通機関のバス、タクシーで出掛ける。または、ドライバーが、「エスカレーター入口」までみんなを送って、ドライバー以外はエスカレーターに乗るという選択もある。MOA美術館の長いエスカレーター(約200メートル)を昇っていく美術館へのアプローチは個性的で、特長の一つでもあるので、出来れば「エスカレーター入口」から入場したい。
 また、MOA美術館に出掛けたら、独特な自然農法産の食材を使用した「レストラン桃山」にも立ち寄りたい。

MOA美術館案内図

注1 文献シリーズ No.26「江戸・明治 京都の天気表 二條家内々御番所日次記」白石克 田口靖子 慶応義塾大学三田メディアセンター 慶応義塾図書館貴重書室

注2 MOA(エム・オー・エー)は、世界救世教教祖で、東洋美術の蒐集家岡田茂吉(おかだもきち)の名前から、Mokichi Okada Associationの頭文字。

光琳 夢中富士絵賛

光琳 夢の富士図

MOA美術館エスカレーター

MOA美術館エスカレーター

MOA美術館 黄金の茶室

黄金の茶室

MOA美術館 メインロビーのイス

メインロビーのモダンなイス   

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

熱海はがっかりか?

マクラ投げがしたいのなら他でやれ…

光琳 初夢の富士

光琳の「紅白梅図」と梅園の梅を見に行く

名所観光独案内

1〜2月の熱海周辺観光案内…

熱海滞在便利手帳

なぜ、別荘所有者は、三島・沼津が好きなのか…

熱海で買う 生みやげ

丹那トンネルと熱海と丹那牛乳…

熱海のプロフィール

熱海街情報、交通案内、3分間観光案内