サイト内検索

しょくつう

だざいおさむ

  しょくつうといふのは、おおぐひのことをいふのだときいてゐる。わたしは、いまはさうでもないけれども、かつて、ひじょうなおおぐひであつた。そのじきには、わたしはじぶんをひじょうなしょくつうだとばかりおもつてゐた。ゆうじんのだんかずおなどに、しょくつうといふのは、おおぐひのことをいふのだとまじめなかおをしておしへて、おでんやなどで、とうふ、がんもどき、だいこん、またとうふといふやうなじゅんじょでさいげんもなくたべてみせると、だんくんはめをまるくして、きみはよほどのしょくつうだねえ、といつてかんぷくしたものであつた。いまうへいくんにも、わたしはそのしょくつうのていぎをおしへたのであるが、いまくんは、みるみるきしょくをまんめんにたたへ、ことによると、ぼくもしょくつうかもしれぬ、といつた。いまくんとそれから5、6かい、いっしょにいんしょくしたが、はたして、まぎれもないだいしょくつうであつた。
 やすくておいしいものを、たくさんたべられたら、これにこしたことはないぢやないか。あたりまえのはなしだ。すなはちしょくつうのおうぎである。
 いつかしんばしのおでんやで、わかいおとこが、えびのおにがらやきを、はしできようにむいて、おかみにほめられ、てれるどころかいよいよすまして、またもや1つ、つるりとむいたが、じつにみつともなかつた。ひじょうにばかにみえた。てでむいたつて、いいぢやないか。ろしやでは、らいすかれーでも、てでたべるさうだ。

「はくろうさ」
しょうわ17ねん1がつ5ひ 7かん1ごう

だんかずお
1912-1976
やまなしけんうまれ。しょうわきのしょうせつか だいひょうさく『かたくのひと』など
いまうへい
いま はるべ1908-1984
ふくおかけんうまれ。しょうわきのほうそうさっか、かじん うへいはべつめい

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

熱海はがっかりか?

マクラ投げがしたいのなら他でやれ…

光琳 初夢の富士

光琳の「紅白梅図」と梅園の梅を見に行く

名所観光独案内

1〜2月の熱海周辺観光案内…

熱海滞在便利手帳

なぜ、別荘所有者は、三島・沼津が好きなのか…

熱海で買う 生みやげ

丹那トンネルと熱海と丹那牛乳…

熱海のプロフィール

熱海街情報、交通案内、3分間観光案内