サイト内検索
全表示次のページへ

ロマネスク

太宰治

仙術太郎

 むかし津軽の国、神梛木(かなぎ)村に鍬形惣助(くわかたそうすけ)といふ庄屋がゐた。四十九歳ではじめて一子を得た。男の子であつた。太郎と名づけた。生れるとすぐ大きいあくびをした。惣助はそのあくびの大きすぎるのを気に病み祝辞を述べにやつて来る親戚の者たちへ肩身のせまい思ひをした。惣助の懸念はそろそろと的中しはじめた。太郎は母者人(ははじゃひと)の乳房にもみづからすすんでしやぶりつくやうなことはなく、母者人のふところの中にゐて口をたいぎさうにあけたまま乳房の口ヘの接触をいつまででも待つてゐた。張子の虎をあてがはれてもそれをいぢくりまはすことはなくゆらゆら動く虎の頭を退屈さうに眺めてゐるだけであつた。朝、眼をさましてからもあわてて寝床から這ひ出すやうなことはなく二時間ほどは眼をつぶつて眠つたふりをしてゐるのである。かるがるしきからだの仕草をきらふ精神を持つてゐたのであつた。三歳のとき鳥渡(ちょっと)した事件を起し、その事件のお蔭で鍬形太郎の名前が村のひとたちのあひだに少しひろまつた。それは新聞の事件でないゆゑ、それだけほんたうの事件であつた。太郎がどこまでもどこまでも歩いたのである。
 春のはじめのことであつた。夜、太郎は母者人のふところから音もたてずにころがり出た。ころころと土間へころげ落ち、それから戸外へまろび出た。戸外へ出てから、しやんと立ちあがつたのである。惣助も、また母者人もそれを知らずに眠つてゐた。
 満月が太郎のすぐ額のうへに浮んでゐた。満月の輪廓はにじんでゐた。めだかの模様の襦袢に慈姑(くわい)の模様の綿入れ胴衣を重ねて着てゐる太郎は、はだしのままで村の馬糞だらけの砂利道を東へ歩いた。ねむたげに眼を半分とぢて小さい息をせはしなく吐きながら歩いた。
 翌る朝、村は騒動であつた。三歳の太郎が村からたつぷり一里もはなれてゐる湯流山(ゆながれやま)の、林檎畑のまんまんなかでこともなげに寝込んでゐたからであつた。湯流山は氷のかけらが溶けかけてゐるやうな形で、峰には三つのなだらかな起伏があり西端は流れたやうにゆるやかな傾斜をなしてゐた。百米(メートル)くらゐの高さであつた。太郎がどうしてそんな山の中にまで行き着けたのか、その訳は不明であつた。いや、太郎がひとりで登つていつたにちがひないのだ。けれどもなぜ登つていつたのかその訳がわからなかつた。
 発見者である蕨(わらび)取りの娘の手籠にいれられ、ゆられゆられしながら太郎は村へ帰つて来た。手籠のなかを覗いてみた村のひとたちは皆、眉のあひだに黒い油ぎつた皺をよせて、天狗、天狗、とうなづき合つた。惣助はわが子の無事である姿を見て、これは、これは、と言つた。困つたとも言へなかつたし、よかつたとも言へなかつた。母者人はそんなに取り乱してゐなかつた。太郎を抱きあげ、蕨取りの娘の手籠には太郎のかはりに手拭地を一反いれてやつて、それから土間へ大きな盥(たらい)を持ち出しお湯をなみなみといれ、太郎のからだを静かに洗つた。太郎のからだはちつとも汚れてゐなかつた。丸々と白くふとつてゐた。惣助は盥のまはりをはげしくうろついて歩き、たうとう盥に蹴躓いて盥のお湯を土間いちめんにおびただしくぶちまけ母者人に叱られた。惣助はそれでも盥の傍から離れず母者人の肩越しに太郎の顔を覗き、太郎、なに見た、太郎、なに見た、と言ひつづけた。太郎はあくびをいくつもいくつもしてからタアナカムダアチイナエエといふかたことを叫んだ。
 惣助は夜、寝てからやつとこのかたことの意味をさとつた。たみのかまどはにぎはひにけり。発見! 惣助は寝たままぴしやつと膝頭を打たうとしたが、重い掛蒲団に邪魔され、臍(へそ)のあたりを打つて痛い思ひをした。惣助は考へる。庄屋のせがれは庄屋の親だわ。三歳にしてもうはや民のかまどに心をつかふ。あら有難の光明や。この子は湯流山のいただきから神梛木村の朝の景色を見おろしたにちがひはない。そのとき家々のかまどから立ちのぼる煙は、ほやほやとにぎはつてゐたとな。あら殊勝の超世の本願や。この子はなんと授かりものぢや。御大切にしなければ。惣助はそつと起きあがり、腕をのばして隣りの床にひとりで寝てゐる太郎の掛蒲団をていねいに直してやつた。それからもつと腕をのばしてそのまた隣りの床に寝てゐる母者人の掛蒲団を少しばかり乱暴に直してやつた。母者人は寝相がわるかつた。惣助は母者人の寝相を見ないやうにして、わざと顔をきつくそむけながら呟いた。これは太郎の産みの親ぢや。御大切にしなければ。
 太郎の予言は当つた。そのとしの春には村のことごとくの林檎畑にすばらしく大きい薄紅の花が咲きそろひ、十里はなれた御城下町にまで匂ひを送つた。秋にはもつとよいことが起つた。林檎の果実が手毬くらゐに大きく珊瑚くらゐに赤く、桐の実みたいに鈴成りに成つたのである。こころみにそのひとつをちぎりとり歯にあてると、果実の肉がはち切れるほど水気を持つてゐることとて歯をあてたとたんにぽんと音高く割れ冷い水がほとばしり出て鼻から頬までびしよ濡れにしてしまふほどであつた。あくるとしの元旦には、もつとめでたいことが起つた。千羽の鶴が東の空から飛来し、村のひとたちが、あれよ、あれよ、と口々に騒ぎたててゐるまに、千羽の鶴は元旦の青空の中をゆつたりと泳ぎまはりやがて西のかたに飛び去つた。そのとしの秋にもまた稲の穂に穂がみのり林檎も前年に負けずに枝のたをたをするほどかたまつて結実したのである。村はうるほひはじめた。惣助は予言者としての太郎の能力をしかと信じた。けれどもそれを村のひとたちに言ひふらしてあるくことは控へてゐた。それは親馬鹿といふ嘲笑を得たくない心からであらうか。ひよつとすると何かもつと軽はづみな、ひとまうけしようといふ下心からであつたかも知れぬ。
 幼いころの神童は、二三年してやうやく邪道におちた。いつしか太郎は、村のひとたちからなまけものといふ名前をつけられてゐた。惣助もさう言はれるのを仕方がないと思ひはじめたのである。太郎は六歳になつても七歳になつてもほかの子供たちのやうに野原や田甫や河原へ出て遊ばうとはしなかつた。夏ならば、部屋の窓べりに頬杖ついて外の景色を眺めてゐた。冬ならば、炉辺に坐つて燃えあがる焚火の焔を眺めてゐた。なぞなぞが好きであつた。或る冬の夜、太郎は炉辺に行儀わるく寝そべりながら、かたはらの惣助の顔を薄目つかつて見あげ、ゆつくりした口調でなぞなぞを掛けた。水のなかにはひつても濡れないものはなんぢやろ。惣助は首を三度ほど振つて考へて、判らぬの、と答へた。太郎はものうさうに眼をかるくとぢてから教へた。影ぢやがなう。惣助はいよいよ太郎をいまいましく思ひはじめた。これは馬鹿ではないか。阿呆なのにちがひはない。村のひとたちの言ふやうに、やつぱしただのなまけものぢやつたわ。
 太郎が十歳になつたとしの秋、村は大洪水に襲はれた。村の北端をゆるゆると流れてゐた三間ほどの幅の神梛木川が、ひとつき続いた雨のために怒りだしたのである。水源の濁り水は大渦小渦を巻きながらそろそろふくれあがつて六本の支流を合せてたちまち太り、身を躍らせて山を韋駄天ばしりに駈け下りみちみち何百本もの材木をかつさらひ川岸の樫(かし)や樅(もみ)や白楊(はくよう)の大木を根こそぎ抜き取り押し流し、麓(ふもと)の淵で澱んで澱んでそれから一挙に村の橋に突きあたつて平気でそれをぶちこはし土手を破つて大海のやうにひろがり、家々の土台石を舐め豚を泳がせ刈りとつたばかりの一万にあまる稲坊主を浮かせてだぶりだぶりと浪打つた。それから五日目に雨がやんで、十日目にやうやく水がひきはじめ、二十日目ころには神梛木川は三間ほどの幅で村の北端をゆるゆると流れてゐた。
 村のひとたちは毎夜毎夜あちこちの家にひとかたまりづつになつて相談し合つた。相談の結論はいつも同じであつた。おらは餓ゑ死したくねえぢや。その結論はいつも相談の出発点になつた。村のひとたちは翌る夜また同じ相談をはじめなければいけなかつた。さうしてまたまた餓ゑ死したくねえといふ結論を得て散会した。翌る夜は更に相談をし合つた。さうして結論は同じであつた。相談は果つるところなかつたのである。村が乱れて義民があらはれた。十歳の太郎が或る日、両腕で頭をかかへこみ溜息をついてゐる父親の惣助にむかつて、意見を述べた。これは簡単に解決がつくと思ふ。お城へ行つてぢきぢき殿様へ救済をお願ひすればいいのぢや。おれが行く。惣助は、やあ、と突拍子もない歓声をあげた。それからすぐ、これはかるはづみなことをしたと気づいたらしく一旦ほどきかけた両手をまた頭のうしろに組み合せてしかめつらをして見せた。お前は子供だからさう簡単に考へるけれども、大人はさうは考へない。直訴はまかりまちがへば命とりぢや。めつさうもないこと。やめろ。やめろ。その夜、太郎は懐手(ふところで)してぶらつと外へ出て、そのまますたすたと城下町へ急いだ。誰も知らなかつた。
 直訴は成功した。太郎の運がよかつたからである。命をとられなかつたばかりかごほうびをさへ貰つた。ときの殿様が法律をきれいに忘れてゐたからでもあらう。村はおかげで全滅をのがれ、あくる年からまたうるほひはじめたのである。
 村のひとたちは、それでも二三年のあひだは太郎をほめてゐた。二三年がすぎると忘れてしまつた。庄屋の阿呆様とは太郎の名前であつた。太郎は毎日のやうに蔵の中にはひつて惣助の蔵書を手当り次第に読んでゐた。ときどき怪しからぬ絵本を見つけた。それでも平気な顔して読んでいつた。
 そのうちに仙術の本を見つけたのである。これを最も熱心に読みふけつた。縦横十文字に読みふけつた。蔵の中で一年ほども修行して、やうやく鼠と鷲と蛇になる法を覚えこんだ。鼠になつて蔵の中をかけめぐり、ときどき立ちどまつてちゆうちゆうと鳴いてみた。鷲になつて、蔵の窓から翼をひろげて飛びあがり、心ゆくまで大空を逍遥(しょうよう)した。蛇になつて、蔵の床下にしのびいり蜘蛛の巣をさけながら、ひやひやした日蔭の草を腹のうろこで踏みわけ踏みわけして歩いてみた。ほどなく、かまきりになる法をも体得したけれど、これはただその姿になるだけのことであつて、べつだん面白くもなんともなかつた。
 惣助はもはやわが子に絶望してゐた。それでも負け惜みしてかう母者人に告げたのである。な、余りえらすぎたのぢやよ。太郎は十六歳で恋をした。相手は隣りの油屋の娘で、笛を吹くのが上手であつた。太郎は蔵の中で鼠や蛇のすがたをしたままその笛の音を聞くことを好んだ。あはれ、あの娘に惚れられたいものぢや。津軽いちばんのよい男になりたいものぢや。太郎はおのれの仙術でもつて、よい男になるやうになるやうに念じはじめた。十日目にその念願を成就することができたのである。
 太郎は鏡の中をおそるおそる覗いてみて、おどろいた。色が抜けるやうに白く頬はしもぶくれでもち肌であつた。眼はあくまでも細く、口髭がたらりと生えてゐた。天平時代の仏像の顔であつて、しかも股間の逸物まで古風にだらりとふやけてゐたのである。太郎は落胆した。仙術の本が古すぎたのであつた。天平のころの本であつたのである。このやうな有様では詮(せん)ないことぢや。やり直さう。ふたたび法のよりをもどさうとしたのだが駄目であつた。おのれひとりの慾望から好き勝手な法を行つた場合には、よかれあしかれ身体にくつついてしまつて、どうしやうもなくなるものだ。太郎は三日も四日も空しい努力をして五日目にあきらめた。このやうな古風な顔では、どうせ女には好かれまいが、けれども世の中には物好きが居らぬものでもあるまい。仙術の法力を失つた太郎は、しもぶくれの顔に口髭をたらりと生やしたままで蔵から出て来た。
 あいた口のふさがらずにゐる両親へ一ぶしじゆうの訳をあかし、やうやく納得させてその口を閉ぢさせた。このやうなあさましい姿では所詮、村にも居られませぬ。旅に出ます。さう書き置きをしたためて、その夜、飄然と家を出た。満月が浮んでゐた。満月の輪廓は少しにじんでゐた。空模様のせゐではなかつた。太郎の眼のせゐであつた。ふらりふらり歩きながら太郎は美男といふものの不思議を考へた。むかしむかしのよい男が、どうしていまでは間抜けてゐるのだらう。そんな筈はないのぢやがなう。これはこれでよいのぢやないか。けれどもこのなぞなぞはむづかしく、隣村の森を通り抜けても城下町へたどりついても、また津軽の国ざかひを過ぎてもなかなかに解決がつかないのであつた。
 ちなみに太郎の仙術の奥義は、懐手して柱か塀によりかかりぼんやり立つたままで、面白くない、面白くない、面白くない、面白くない、面白くない、面白くないといふ呪文を何十ぺん何百ぺんとなくくりかへしくりかへし低音でとなへ、つひに無我の境地にはひりこむことにあつたといふ。

全表示次のページへ

「晩年」
昭和11年 砂子屋書房

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

熱海はがっかりか?

マクラ投げがしたいのなら他でやれ…

光琳 初夢の富士

光琳の「紅白梅図」と梅園の梅を見に行く

名所観光独案内

1〜2月の熱海周辺観光案内…

熱海滞在便利手帳

なぜ、別荘所有者は、三島・沼津が好きなのか…

熱海で買う 生みやげ

丹那トンネルと熱海と丹那牛乳…

熱海のプロフィール

熱海街情報、交通案内、3分間観光案内