サイト内検索
ぜんひょうじつぎのぺーじへ

ろまねすく

だざいおさむ

せんじゅつたろう

 むかしつがるのくに、かなぎむらにくわかたそうすけといふしょうやがゐた。49さいではじめていっしをえた。おとこのこであつた。たろうとなづけた。うまれるとすぐおおきいあくびをした。そうすけはそのあくびのおおきすぎるのをきにやみしゅくじをのべにやつてくるしんせきのものたちへかたみのせまいおもひをした。そうすけのけねんはそろそろとてきちゅうしはじめた。たろうはははじゃひとのちぶさにもみづからすすんでしやぶりつくやうなことはなく、ははじゃひとのふところのなかにゐてくちをたいぎさうにあけたままちくびのくちヘのせっしょくをいつまででもまつてゐた。はりこのとらをあてがはれてもそれをいぢくりまはすことはなくゆらゆらうごくとらのあたまをたいくつさうにながめてゐるだけであつた。あさ、めをさましてからもあわててねどこからはひだすやうなことはなく2じかんほどはめをつぶつてねむつたふりをしてゐるのである。かるがるしきからだのしぐさをきらふせいしんをもつてゐたのであつた。3さいのときちょっとしたじけんをおこし、そのじけんのおかげでくわかたたろうのなまえがむらのひとたちのあひだに少しひろまつた。それはしんぶんのじけんでないゆゑ、それだけほんたうのじけんであつた。たろうがどこまでもどこまでもあるいたのである。
 はるのはじめのことであつた。よる、たろうはははじゃひとのふところからおともたてずにころがりでた。ころころとどまへころげおち、それからこがいへまろびでた。こがいへでてから、しやんとたちあがつたのである。そうすけも、またははじゃひともそれをしらずにねむつてゐた。
 まんげつがたろうのすぐひたいのうへにうかんでゐた。まんげつのりんかくはにじんでゐた。めだかのもようのじゅばんにくわいのもようのわたいれどういをかさねてきてゐるたろうは、はだしのままでむらのばふんだらけのじゃりみちみちをひがしへあるいた。ねむたげにめをはんぶんとぢてちいさいいきをせはしなくはきながらあるいた。
 あくるあさ、むらはそうどうであつた。3さいのたろうがむらからたつぷり1りもはなれてゐるゆながれやまの、りんごばたけのまんまんなかでこともなげにねこんでゐたからであつた。ゆながれやまはこおりのかけらがとけかけてゐるやうなかたちで、みねには3つのなだらかなきふくがありにしはしはながれたやうにゆるやかなけいしゃをなしてゐた。100めーとるくらゐのたかさであつた。たろうがどうしてそんなやまのなかにまでいきつけたのか、そのわけはふめいであつた。いや、たろうがひとりでのぼつていつたにちがひないのだ。けれどもなぜのぼつていつたのかそのわけがわからなかつた。
 はっけんしゃであるわらびとりのむすめのてかごにいれられ、ゆられゆられしながらたろうはむらへかえつてきた。てかごのなかをのぞいてみたむらのひとたちはみな、まゆのあひだにくろいあぶらぎつたしわをよせて、てんぐ、てんぐ、とうなづきあつた。そうすけはわがこのぶじであるすがたをみて、これは、これは、といつた。こまつたともいへなかつたし、よかつたともいへなかつた。ははじゃひとはそんなにとりみだしてゐなかつた。たろうをだきあげ、わらびとりのむすめのてかごにはたろうのかはりにてぬぐいじをいったんいれてやつて、それからどまへおおきなたらいをもちだしおゆをなみなみといれ、たろうのからだをしずかにあらつた。たろうのからだはちつともよごれてゐなかつた。まるまるとしろくふとつてゐた。そうすけはたらいのまはりをはげしくうろついてあるき、たうとうたらいにけつまづいてたらいのおゆをどまいちめんにおびただしくぶちまけははじゃひとにしかられた。そうすけはそれでもたらいのそばからはなれずははじゃひとのかたごしにたろうのかおをのぞき、たろう、なにみた、たろう、なにみた、といひつづけた。たろうはあくびをいくつもいくつもしてから たあなかむだあちいなええ といふかたことをさけんだ。
 そうすけはよる、ねてからやつとこのかたことのいみをさとつた。たみのかまどはにぎはひにけり。はっけん! そうすけはねたままぴしやつとひざがしらをうたうとしたが、おもいかけぶとんにじゃまされ、へそのあたりをうつていたいおもひをした。そうすけはかんがへる。しょうやのせがれはしょうやのおやだわ。3さいにしてもうはやたみのかまどにこころをつかふ。あらありがたのこうみょうや。このこはゆながれやまのいただきからかなぎむらのあさのけしきをみおろしたにちがひはない。そのときいえいえのかまどからたちのぼるけむりは、ほやほやとにぎはつてゐたとな。あらしゅしょうのちょうせのほんがんや。このこはなんとさずかりものぢや。おんたいせつにしなければ。そうすけはそつとおきあがり、うでをのばしてとなりのとこにひとりでねてゐるたろうのかけぶとんをていねいになおしてやつた。それからもつとうでをのばしてそのまたとなりりのとこにねてゐるははじゃひとのかけぶとんをすこしばかりらんぼうになおしてやつた。ははじゃひとはねぞうがわるかつた。そうすけはははじゃひとのねぞうをみないやうにして、わざとかおをきつくそむけながらつぶやいた。これはたろうのうみのおやぢや。おんたいせつにしなければ。
 たろうのよげんはあたつた。そのとしのはるにはむらのことごとくのりんごばたけにすばらしくおおきいうすくれないのはながさきそろひ、10りはなれたごじょうかまちにまでにおひをおくつた。あきにはもつとよいことがおこつた。りんごのかじつがてまりくらゐにおおきくさんごくらゐにあかく、きりのみみたいにすずなりになつたのである。こころみにそのひとつをちぎりとりはにあてると、かじつのにくがはちきれるほどみずけをもつてゐることとてはをあてたとたんにぽんとおとたかくわれつめたいみずがほとばしりでてはなからほほまでびしよぬれにしてしまふほどであつた。あくるとしのがんたんには、もつとめでたいことがおこつた。1000わのつるがひがしのそらからひらいし、むらのひとたちが、あれよ、あれよ、とくちぐちにさわぎたててゐるまに、1000わのつるはがんたんのあおぞらのなかをゆつたりとおよぎまはりやがてにしのかたにとびさつた。そのとしのあきにもまたいねのほにほがみのりりんごもぜんねんにまけずにえだのたをたをするほどかたまつてけつじつしたのである。むらはうるほひはじめた。そうすけはよげんしゃとしてのたろうののうりょくをしかとしんじた。けれどもそれをむらのひとたちにいひふらしてあるくことはひかへてゐた。それはおやばかといふちょうしょうをえたくないこころからであらうか。ひよつとするとなにかもつとかるはづみな、ひとまうけしようといふしたごころからであつたかもしれぬ。
 おさないころのしんどうは、23ねんしてやうやくじゃどうにおちた。いつしかたろうは、むらのひとたちからなまけものといふなまえをつけられてゐた。そうすけもさういはれるのをしかたがないとおもひはじめたのである。たろうは6さいになつても7さいになつてもほかのこどもたちのやうにのはらやたんぼやかわらへでてあそばうとはしなかつた。なつならば、へやのまどべりにほおづえついてそとのけしきをながめてゐた。ふゆならば、ろばたにすわつてもえあがるたきびのほむらをながめてゐた。なぞなぞがすきであつた。あるふゆのよ、たろうはろばたにぎょうぎわるくねそべりながら、かたはらのそうすけのかおをうすめつかつてみあげ、ゆつくりしたくちょうでなぞなぞをかけた。みずのなかにはひつてもぬれないものはなんぢやろ。そうすけはくびを3どほどふつてかんがへて、わからぬの、とこたへた。たろうはものうさうにめをかるくとぢてからおしへた。かげぢやがなう。そうすけはいよいよたろうをいまいましくおもひはじめた。これはばかではないか。あほなのにちがひはない。むらのひとたちのいふやうに、やつぱしただのなまけものぢやつたわ。
 たろうが10さいになつたとしのあき、むらはだいこうずいにおそはれた。むらのほくたんをゆるゆるとながれてゐた3けんほどのはばのかなぎがわが、ひとつきつづいたあめのためにいかりだしたのである。すいげんのにごりみずはおおうずこうずをまきながらそろそろふくれあがつて6ぽんのしりゅうをあわせてたちまちふとり、みをおどらせてやまをいだてんばしりにかけおりみちみちなんびゃぽんものざいもくをかつさらひかわぎしのかしやもみやはくようのたいぼくをねこそぎぬきとりおしながし、ふもとのふちでよどんでよどんでそれからいっきょにむらのはしにつきあたつてへいきでそれをぶちこはしどてをやぶつてたいかいのやうにひろがり、いえいえのどだいいしをなめぶたをおよがせかりとつたばかりの10000にあまるいねぼうずをうかせてだぶりだぶりとなみうつた。それから5かめにあめがやんで、10かめにやうやくみずがひきはじめ、20かめころにはかなぎがわは3けんほどのはばでむらのほくたんをゆるゆるとながれてゐた。
 むらのひとたちはまいよまいよあちこちのいえにひとかたまりづつになつてそうだんしあつた。そうだんのけつろんはいつもおなじであつた。おらはうえじにしたくねえぢや。そのけつろんはいつもそうだんのしゅっぱつてんになつた。むらのひとたちはあくるよるまたおなじそうだんをはじめなければいけなかつた。さうしてまたまたうえじにしたくねえといふけつろんをえてさんかいした。あくるよるはさらにそうだんをしあつた。さうしてけつろんはおなじであつた。そうだんははつるところなかつたのである。むらがみだれてぎみんがあらはれた。10さいのたろうがあるひ、りょううでであたをかかへこみためいきをついてゐるちちおやのそうすけにむかつて、いけんをのべた。これはかんたんにかいけつがつくとおもふ。おしろへいつてぢきぢきとのさまへきゅうさいをおねがひすればいいのぢや。おれがいく。そうすけは、やあ、ととっぴょうしもないかんせいをあげた。それからすぐ、これはかるはづみなことをしたときづいたらしくいったんほどきかけたりょうてをまたあたまのうしろにくみあわせてしかめつらをしてみせた。おまえはこどもだからさうかんたんにかんがへるけれども、おとなはさうはかんがへない。じきそはまかりまちがへばいのちとりぢや。めつさうもないこと。やめろ。やめろ。そのよ、たろうはふところでしてぶらつとそとへでて、そのまますたすたとじょうかまちへいそいだ。だれもしらなかつた。
 じきぞはせいこうした。たろうのうんがよかつたからである。いのちをとられなかつたばかりかごほうびをさへもらつた。ときのとのさまがほうりつをきれいにわすれてゐたからでもあらう。むらはおかげでぜんめつをのがれ、あくるとしからまたうるほひはじめたのである。
 むらのひとたちは、それでも23ねんのあひだはたろうをほめてゐた。23ねんがすぎるとわすれてしまつた。しょうやのあほさまとはたろうのなまえであつた。たろうはまいにちのやうにくらのなかにはひつてそうすけのぞうしょをてあたりしだいによんでゐた。ときどきあやしからぬえほんをみつけた。それでもへいきなかおしてよんでいつた。
 そのうちにせんじゅつのほんをみつけたのである。これをもっともねっしんによみふけつた。じゅうおうじゅうもんじによみふけつた。くらのなかで1ねんほどもしゅぎょうして、やうやくねずみとわしとへびになるほうをおぼえこんだ。ねずみになつてくらのなかをかけめぐり、ときどきたちどまつてちゆうちゆうとないてみた。わしになつて、くらのまどからつばさをひろげてとびあがり、こころゆくまでおおぞらをしょうようした。へびになつて、くらのゆかしたにしのびいりくものすをさけながら、ひやひやしたひかげのくさをはらのうろこでふみわけふみわけしてあるいてみた。ほどなく、かまきりになるほうをもたいとくしたけれど、これはただそのすがたになるだけのことであつて、べつだんおもしろくもなんともなかつた。
 そうすけはもはやわがこにぜつぼうしてゐた。それでもまけおしみしてかうははじゃひとにつげたのである。な、あまりえらすぎたのぢやよ。たろうは16さいでこいをした。あいてはとなりのあぶらやのむすめで、ふえをふくのがじょうずであつた。たろうはくらのなかでねずみやへびのすがたをしたままそのふえのねをきくことをこのんだ。あはれ、あのむすめにほれられたいものぢや。つがるいちばんのよいおとこになりたいものぢや。たろうはおのれのせんじゅつでもつて、よいおとこになるやうになるやうにねんじはじめた。10かめにそのねんがんをじょうじゅすることができたのである。
 たろうはかがみのなかをおそるおそるのぞいてみて、おどろいた。いろがぬけるやうにしろくほほはしもぶくれでもちはだであつた。めはあくまでもほそく、くちひげがたらりとはえてゐた。てんぴょうじだいのぶつぞうのかおであつて、しかもこかんのいちもつまでこふうにだらりとふやけてゐたのである。たろうはらくたんした。せんじゅつのほんがふるすぎたのであつた。てんぴょうのころのほんであつたのである。このやうなありさまではせんないことぢや。やりなおさう。ふたたびほうのよりをもどさうとしたのだがだめであつた。おのれひとりのよくぼうからすきかってなほうをおこなつたばあいには、よかれあしかれからだにくつついてしまつて、どうしやうもなくなるものだ。たろうは3かも4かもむなしいどりょくをして5かめにあきらめた。このやうなこふうなかおでは、どうせおんなにはすかれまいが、けれどもよのなかにはものずきがおらぬものでもあるまい。せんじゅつのほうりょくをうしなつたたろうは、しもぶくれのかおにくちひげをたらりとはやしたままでくらからでてきた。
 あいたくちのふさがらずにゐるりょうしんへいちぶしじゆうのわけをあかし、やうやくなっとくさせてそのくちをとぢさせた。このやうなあさましいすがたではしょせん、むらにもいられませぬ。たびにでます。さうかきおきをしたためて、そのよる、ひょうぜんといえをでた。まんげつがうかんでゐた。まんげつのりんかくはすこしにじんでゐた。そらもようのせゐではなかつた。たろうのめのせゐであつた。ふらりふらりあるきながらたろうはびなんといふもののふしぎをかんがへた。むかしむかしのよいおとこが、どうしていまではまぬけてゐるのだらう。そんなはずはないのぢやがなう。これはこれでよいのぢやないか。けれどもこのなぞなぞはむづかしく、となりむらのもりをとおりぬけてもじょうかまちへたどりついても、またつがるのくにざかひをすぎてもなかなかにかいけつがつかないのであつた。
 ちなみにたろうのせんじゅつのおうぎは、ふところでしてはしらかへいによりかかりぼんやりたつたままで、おもしろくない、おもしろくない、おもしろくない、おもしろくない、おもしろくない、おもしろくないといふじゅもんをなん10ぺんなん100ぺんとなくくりかへしくりかへしていおんでとなへ、つひにむがのきょくちにはひりこむことにあつたといふ。

ぜんひょうじつぎのぺーじへ

「ばんねん」
しょうわ11ねん すなごやしょぼう

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

熱海はがっかりか?

マクラ投げがしたいのなら他でやれ…

光琳 初夢の富士

光琳の「紅白梅図」と梅園の梅を見に行く

名所観光独案内

1〜2月の熱海周辺観光案内…

熱海滞在便利手帳

なぜ、別荘所有者は、三島・沼津が好きなのか…

熱海で買う 生みやげ

丹那トンネルと熱海と丹那牛乳…

熱海のプロフィール

熱海街情報、交通案内、3分間観光案内