サイト内検索

俳句の初歩

正岡子規

 客あり。草廬を敲いて俳句を談ず。其標準は誤り其嗜好は俗に、称揚する所の句と指斥(しせき)する所の句と多くは彼此顛倒せり。予曰く、子の言ふ所悉く予の感ずる所と相反す。予を以て見れば子の言甚だ幼稚なり。若し子も亦予を以て俳句を解せざる者となさば予はことさらに是非を争はざるべし。然れども子が言を以て予が俳句に入らんとせし数十年前と対照するに当時の予の意見と符節を合すが如き者あり。或は十数年前の予にして子と会談せしならんには手を拍つて子の説を賛成したらんも、爾後予の嗜好は月々歳々に変じて今は復当時の余波をだに留めざるに至れり。子が説く所果して正しきか。予が嗜好の変遷は却て正路を脱して邪路に陥りたるか。感情に本づく美の正否は固より理論を以て窮むべきにあらず経験の多寡を以て判ずべきにあらずといへども、普通の道理より推せば予が十年の経験と研究とは予をして全く邪路に陥らしめ了れりとは信ずる能はず。縦(よ)し予の嗜好の変遷にして往々邪路に迷ふことありとするも、十年前の嗜好が十年後の嗜好よりも高尚に、俳句界に入りし当時の標準が幾多の研究を経し今日の標準よりも正確なりとは信ずる能はず。果して予に一日の長あらんか、予は子のために十年前の懺悔談を為して参考に供せんとす。子聴くや否や。
 予の初め俳句に入るや自ら思ひ立ちて入りしに非ず、人に勧められて入りしに非ず。師に就くに非ず、友と共にするに非ず。たまたま一二巻の俳書を見る、敢て研究せず熟読せず、句の解せざる者十中に九、乃ち巻を抛つて他を為す。戯れに一二の俳句を作る、趣味に於て得る所あるに非ず、語句に於て練る所あるに非ず、或は縁語佗洒落(だじゃれ)に思ひを凝らし或は極めて浅薄陳腐なる意匠を繰り返して独り自ら喜ぶ。それすら一二句を得れば即ち思想涸渇して復(また)一字を吐く能はず。或は奉納の行燈に立ち寄りて俗句に感ぜし事もあり、或は月並の巻を見て宗匠輩の選評を信仰せし事もあり。我に句なし彼の句を妙と称す、自ら標準を立てず他の標準を正しと為す。俳句に心ざす所あらざりしとはいへ実におろかにあさはかなる少年にてありき。
 嘘から出た誠とやら斯る戯れに一時の興を取りし予は或る時一の俳書を見てふと面白しと思ひぬ。中には身に入みて感ずる句さへありしかば、唯其句其書を面白しと思ふのみならず、俳句といふ者を面白しと迄思ひなりぬ。是れ予の俳句に入る第一歩にして、しかも此時の予は未だ俳句の趣味の大体をも解せず俳句固有の句法をも解せず、僅に俳句の一小部分を解したるのみ。一小部分とは何ぞ。即ち予がここに述べんとする所なり。
 当時予が好みし所の句に就き之を数箇条に分ちて左に説明すべし。

(一)理窟を含みたる句 理窟に美を含まざるは論を待たず。若し理窟に美ありといふ人あらば其人は必ず美を解せざる人ならん。苟も理窟以外に多少の美を認めたる者は理窟に美ある事を許さざるべし。而して当時の予は実に此必要なる一事をも解せざりしなり。理窟を含みたる俳句といふ、いかに理窟多しとも既に俳句といふ上は幾何の文學趣味を含まざるはあらず。若し理窟的俳句に美ありとすれば其美は理窟の部分にあらずして文學的の部分にあるべき筈なり。当時余が好みし中には

  物いへば唇寒し秋の風  芭蕉

  葉隠れて見ても朝顔の浮世かな  野坡

  世の中は三日見ぬ間に桜かな  蓼太

の如きあり。若し此のみならんには或は此句の文學趣味の上に取るべき所ありて取りたりとも見るを得ん。然れども此と同時に余の好みし句には

   よつひくは勇なり放たぬは仁なり
  智の一つ足らでをかしき案山子かな  樂翁

の如きあり。此句は五七五の音調を除きて外は純粋の理窟より成る者にて此句の文學趣味として目すべき者は針のさき程もあらざるに予は此句を好みたりとすれば当時の予の嗜向は純粋の理窟の上に美を認めたる者なり。然れども理窟の上に美のあるべき道理なければ其美と認めたるは眞の美に非ずして、智識の上より生ずる一種の快感を美と誤認せしなり。智識の上より生ずる快感は謎を解き、数學の問題を解きたる時に生ずる快感の類にして、むつかしき書物(殊に外国語の書物)を漸く読み得し時の快感も亦此種に属す。芭蕉の秋風の句は世間にて往々過賞を蒙れどもこは口は禍の門といへる極めて陳腐なる理窟を十七字に並べたるに過ぎず。世人は理窟なるが故に之を賞する者にして若し理窟ならざりせば之を賞せざるべし。且つ陳腐なる理窟なるが故に之を賞する者にして新しき理窟ならば之を賞せざるべし。何故といふに世人は此句を読んで自己がかつてより知り得たる理窟に遭遇したるがために愉快を感ずる者にして、其愉快は外国の書物の中に自己が解し得る語に遭遇したる時の愉快と同じく智識の上より来る者なり。感情の上より来る美感と全く種類を異にす。此等の句縦(よ)し幾多の文學的伎倆を現し得たりとも根本に於て理窟に陥る者特に之を賞するは美を解せざるがためなり。

(二)比喩の句 比喩の句は一事物を以て他の一事物と比較する者なるが故に比較といふ智識上の作用を要す。予が比喩の句を好みしは此智識上の作用即ち理窟を含みしがためたり。比喩の中にも比較すべき両個の事物を並べたる

  茶の花や利休か目には吉野山  素堂

の如きあり。予は当時此無趣味なる句を以て茶の花を詠ずる空前絶後の名句なりと思へり。之を賞するは今より見て殆ど不思議なるが如くなれども、物を解せざる時の愚かさを回顧すれば多く此類ならざるは無し。比喩の句には右の如く両事物を対したるは稀にして、比較すべき他の一事物は之を句中現さぬが多し。例へば

  手に取るなやはり野に置け蓮華草

  精出せば氷る間も無し水車

   姑むつかしといふ人に示す
  けむくとものちは寝易き蚊遣かな  不角

の如く表面には蓮華草、水車、又は蚊遣を詠みたるのみなれど各裏面に教訓の意を寓するが如し。比喩には多少の理窟あれども趣味を主としたる比喩は全く殺風景なる者に非ず。然るに右三句の如きは比喩といふ理窟の上に教訓といふ理窟を加へたる者なれば其無味索莫たるはあらためて言ふ迄も無し。されど当時の予は之を好み今猶俗人の之を称するを聞く。

  浮草やけさはあちらの岸に咲く  乙由

こは無常の意を寓したるなり。無常は教訓の如く理窟めきたる者には非れども、無常はやや長き時間を含み、俳句は長き時間を写すに適せざるが故に多く殺風景となる。かつて予が賞賛し今猶俗人の劇賞する乙由の句の如き固より浅薄見るに足らざるのみ。

 此外比喩の句にして予の劇賞せし者は婦女子殊に遊女等が自己の境遇を詠みし句にして、此種の句には多少の愛すべき思想なきにあらねど多くは素人の作なるを以て語句の間に瑕瑾を存す。当時予は之を識別するの力無かりき。

   始めて嫁ぐ時
  渋かろか知らねど柿の初ちぎり  千代

   客より凧を送りこしたる返事に
    御約束の凧御こし下され早く揚て見参ら
    せたくこよなう嬉敷(うれしく)そんしまゐらせ候此
    猩々凧こそ乙女の姿には似ずとも雲の通
    ひ路ふらふらとしてどこをまひぶみせん
    とてかさりとてはあぶなく見えて一枚凧
    のすわらぬやうにみだれ足とやらんは餘
    程酔てのことかしかし盃と柄杓落さぬは
    ほんの乱れ足とも見えず又かたぶけんと
    や清玄凧のにくげになまづ凧のおどろお
    どろしきにからまりて落ちてやぶられや
    せんと心ぐるしきうちに風もかはりて猩
    猩舞をやめてゑびすくふわざもおかしい
    とめのちがはぬうちにはやはやおろして
    たも

  あげられてくるしき日あり凧  瀬川

   伏猪を書いて客の賛せよと望みけるに気にそまぬ客と思ひ
  猪にだかれて寝たり萩の花  高尾

此等皆作者のさだかならぬのみならず、語句の上はいづれも疵あり。されど予は之をこよなき名句と思ひ、殊に伏猪に萩の一句を愛でて人間の至情を盡し俳句の巧妙を極めたる古今無比の句なりと迄思へり。予の斯く称賛せしは第一に作者が婦女子なる事、第二に人情(後にいふ)を含む事、第三に作者実際の境遇より出でたりと思ふがために同情を惹く多き事等に因る者にして、若し予をして幾何か俳句の高遠なる趣味、写実的無理想の趣味を解し、語句の練磨に多少の心を傾けしめば此等の句に対する感情は今少し冷淡なる者ありしならん。

(三)擬人法を用ゐし句

  手をついて歌申しあぐる蛙かな  宗鑑

  はづかしや蓮に見られて居る心  湖春

湖春の句は擬人法を用ゐし處に巧妙を感じたれど半ば蓮に就きての理想を描き出だせし處に我嗜好を惹きし者ありしなるべし。宗鑑の句は初め面白しとも思はざりしが或る情史(柳の横櫛といふ者なりけん)の中の見出しに此句を置き、其下に番頭が若旦那の不身持を諌むる事を書きしを見しより忽ち此句に味を生じたるが如き心地せり。蓋し比喩に用ゐられしがためなり。「提灯の空にせんなし時鳥」も比喩の句に非れども同じ書に比喩的に引用せられしためにそれより我記臆をはなれぬ句となれり。されば最初には予の嗜好は寧ろ擬人法の上にあらざりしが如くなりしも、僅に一歩を進めたる後は擬人法は最も愛すべき手段として用ゐられ、擬人法の句ならばとにかくに一誦の価あるが如く思へり。此弊は近年に至る迄予の胸底にわだかまりて長く害毒を流したり。俗宗匠輩亦此法を慣用する者多し。擬人法必ずしも悪しとにはあらねど比喩と同じく理窟に傾き易く俚俗に陥り易き者なれば之を作るには注意を要す。山笑、山眠などいへる題にて佳句を得難きは其題の擬人的なるが故なり。

(四)人情を現したる句 俳句を知らぬ人若し或る俳句を劇賞したりと聞かば其俳句は理窟の句か比喩の句か然らざれば人情を現したる句なること問はずとも知るべし。予も亦此種の句にうつつをぬかしたる一人なり。人情は文學には極めて必要なる者にて小説の如き演劇の如き一歩も人情の外に出づる能はず。俳句にも亦人情を嫌ふに非ず。人情は比喩等の如く理窟を含む者に非れば毫も美以外の分子を有する事無し。されど人情は極めて複雑にして到底十七八字の短文字にて之を描写する事難く、たまたま巧に之を描写したる者ありともそは俳句に適当なる或る簡単なる場合のしかも陳腐ならざる者を擇みたる者なれば多数に見出だし得べきに非るなり。予が愛したる句

  夏痩と答へてあとは涙かな  季吟

  君は今駒形あたりほととぎす  高尾

  魂棚の奥なつかしや親の顔  去来

  井の端の桜あぶなし酒の酔  秋色

   信章江戸より下るに
  いや見せじ富士を見た目に日枝の雪  季吟

   芭蕉翁をとどめて
  我宿は蚊のちひさきを馳走かな  秋之坊

   夫におくれて
  起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さかな  千代(?)

の如きは品格の高卑こそあれ、いづれも悪句俗句に非ずして寧ろ佳句に属すべき者多し。されば予が此種の句を愛せしは全く其標準を誤る者にはあらざれど、此種の句ばかりを愛せしは未だ俳句を解せざりしがためにして、当時古俳書を見て盡くつまらぬ句の如く思ひしは我嗜好の狭かりしを證するに足る。蓋し人情的俳句は全俳句の百分の一をも占領せざるべし。人情は到底俳句の材料として普通なる能はず。

(五)天然の美を誇張的に形容したる句 天然の美殊に花樹花草の美は何人も之を感ぜざるはあらず、予は特に之に感じ易き性あり。然れども此時は猶写実的の趣味を解する能はざりしを以て誇張的に形容したる者のみを好めり。

  散る花の音聞く程の深山かな  心敬

深山の静かさを現さんとて花といふ美しき材料を用ゐたるは幾何の美を捉へ得たる者なれど「花の音」といふに至りては誇張に過ぎて却て趣味を失ふ。花の音なる者実際に有り得べからざるを以て「花の音」といへば既に人間の偽りといふ一種の悪感情を感じ来るなり。偽りも御伽話の舌切雀、猿蟹合戦、桃太郎の如く又は白髪三千丈といふが如く分りきつたる偽りは悪からず、之に反して誠らしき嘘は人を欺かんとする傾きありて不愉快なる者なり。誇張は多く後の種類に属す。されど当時予は此句を以て俳句中の最微妙なる者と思へり。若し感情に訴へたらばさる誤りは生ぜざるべきも予は却て智識(理窟)に訴へて誇張の處に愉快を求めたりしが如し。

  我駒の沓あらためん橋の霜  湖春

此も愛誦せし一句なり。霜の美を認めたるはさる事ながら、それがために駒の沓を正すと迄は何人も思はざるべし。是れ誇張なり。

  朝顔に釣瓶取られてもらひ水  千代

此句を好みしは擬人法を用ゐし處にもありしなれど主として朝顔の美を誇張的に現さん(と)したる處にありき。此句の欠点は誇張的の處、擬人法を用ゐし處のみならず其外にもあり。

  鰯焼く隣にくしや窓の梅  秀和

此句は誇張の程度少くして前の諸句に勝りたるだけ最初は予を感ぜしめず、稍進んで後漸く之を感ず。共感じたるは「憎しや」の一語あるに因る者にして此一語即ち誇張の處即ち此句の欠点なり。誇張は写実の反対なり。誇張を好む者写実を解せず、写実を解する者誇張を好まず、固より其理なり。

(六)語句の上に巧を弄する句 趣味の上に於て写実的自然を好まず詐偽的誇張を愛したるが如く語句の上にも平易なるよりは寧ろ伎巧を弄びたるを喜べり。

  これはこれはとばかり花の吉野山  貞室

当時はスペンサーのエコノミー、オヴ、メンタル、エナージーといふ謬論を信じ居たる故此句は美麗といはずして美麗を現したりとて感心せり。されどそは理窟上の解釈にして其実予は世人一般の如くは此句を愛せざりしと思ふ。

  舟呼べばたゞ川霧の答かな  昌琢

「川霧の答」といふ無理な言葉に感ぜしならん。

  涼しさのかたまりなれや夜半の月  貞室

「涼しさのかたまり」といふいやな言葉を手柄のやうに思ひしなり。

  白魚や椀の中にも角田川

やうの厭ふべき句を好みたるは僅に俳句に入りて月並調を解したる時なり。

(七)雑 此等の外に予の感じたる句を挙げんに

  鳥一羽濡れて立ちけり朝桜

類聚に出でし句と覚ゆれど予のはじめ之を見て艶麗の感に堪へざりしは春水の梅暦の中に在りしなり。当時梅暦を愛せし餘波は俳句に及びて此俳句を見る毎に幾多の連想に打たれたるにやあらん。此句清婉なれども品格卑し。

  秋やけさ一足に知るぬぐひ椽  重ョ

言葉つき気に入らではじめは感服せざりしが、後に立秋を足の裏に感ずる處に感服せり。しかし善き句に非ず。

  むつとして戻れば庭に柳かな  蓼太

端唄にて感心したり。此句厭味の頂上なり。

  行き行きて倒れ伏すとも萩の原  曾良

情の極端を現して且つ萩の美をいへる處に感心せり。これは悪句にあらず。

  長長と川一筋や雪の原  凡兆

此自然の句初めは感ぜざりしが後漸く之を感ずるに至れり。此等や予が自然に入るの楷梯なりしならん。

 以上論ずる所は予が入門の第一歩にして第二歩以後猶幾多の邪路に迷ひしは言ふ迄も無し。予が進歩の順序をいはば初め貞徳派天保調などに入り次に三傑集一部により稍天明寛政を覗(うかが)ひしも僅に蓼太の俗調を称賛せしに過ぎず。漸く七部集(殊に猿蓑)に眼を開き始めて元禄の貴ぶべきを知れり。其後或は五色墨に擬し或は文化文政に模する所ありしが終に蕪村に帰著す。予の進歩は近時の俳人の如く一躍して堂に上るが如き快事に遭遇せず、一歩々々刻苦に刻苦して漸くに進みたる者なれば著き変遷は固よりあるべき筈なけれど、七部集を見て言ふべからざる愉快を感ぜし時は始めて夜の明けたるが如き心地に大悟徹底或は是ならんかなどいたづらに思ひ驕りし事を記臆す。とにかく予が理窟を捨てて自然に入りたるは此時なり。写実的自然は俳句の大部分にして即ち俳句の生命なり。此趣味を解せずして俳句に入らんとするは水を汲まずして月を取らんとするに同じ。いよいよ取らんとしていよいよ度を失す。月影紛々終に完圓を見ず。

ホトトギス 第2巻5号
明治32年2月10日

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“春の日を一日眠る小猫かな”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

4をラッキーナンバーに

四国を大いに楽しんで4をラッキーナンバーに!

四国さくらの名所

四国の春は、桜とともに歩き遍路が季節の風物詩

クードクールの今

街の中心に救う価値はあるのか?

正岡子規 野球

四国・九州アイランドリーグを観戦する…

JAZZ SPAGHETTI

ジャズスパゲッティ松山の3軒のJAZZYな麺類…

沢田マンションへの道

沢田マンション(高知県高知市)への交通案内

宿泊施設ホテル格付け

愛媛県松山市の宿泊施設ホテルを格付け

四国の個性派ホテル

四国にある個性的なホテル4プラス1

四国の生みやげ

高知クードクールのクッキー、松山のジャケ買いみやげ

四国のプロフィール

四国都市情報、交通案内、3分間観光案内