サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

桜

凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 春 植物 桜 さくら

桜 さくら・桜花 さくらばな おうか・朝桜 あさざくら・夕桜 ゆうざくら・夜桜 よざくら・姥桜 うばざくら・江戸桜 えどざくら・墨染桜 すみぞめざくら・秋色桜 しゅうしきざくら

図説俳句大歳時記 春 359ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 春 202ページ 愛蔵版 222ページ 講談社

季語別 子規俳句集 春 119ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治19年

一重づゝ一重つゝ散れ八重桜この句をメールに添付

明治20年

谷中 観音堂

むら鳥のさわぐ所や初桜この句をメールに添付

散る梅は祇王桜はほとけ哉この句をメールに添付

明治23年

桜から人にうつるや山の風この句をメールに添付

傘に落つる桜の雫かなこの句をメールに添付

朧とは桜の中の柳かなこの句をメールに添付

明治24年

制札にちりかゝりけり山桜この句をメールに添付

植半

八重桜咲きけり芋に蜆汁この句をメールに添付

二三日はちりさかりけり山さくらこの句をメールに添付

花ちるや寂然として石仏この句をメールに添付

あくびした口に花ちる日永哉この句をメールに添付

ならんたる鳥居の赤し山桜この句をメールに添付

明治25年

ふつふつと彼岸桜の莟哉この句をメールに添付

花守の烏帽子かけたる桜哉この句をメールに添付

猿引は猿に折らする桜哉この句をメールに添付

町はつれ桜桜と子供哉この句をメールに添付

谷底に樵夫の動く桜かなこの句をメールに添付

もやもやとかたまる岨の桜かなこの句をメールに添付

白馬の一騎かけたり朝桜この句をメールに添付

夜桜や蒔繪に似たる三日の月この句をメールに添付

ちることは禿もしらず夕桜この句をメールに添付

別荘の注進来たりはつ桜この句をメールに添付

大かたの枯木の中や初桜この句をメールに添付

夕くれを背戸へ見に行桜哉この句をメールに添付

夜桜の中に火ともす小家哉この句をメールに添付

夜桜や露ちりかゝる辻行燈この句をメールに添付

小娘のからかささすやちる桜この句をメールに添付

小娘の傘さすや散る桜この句をメールに添付

白桃の桜にまじる青さ哉この句をメールに添付

わびしらに桜ちるなり緋の袴この句をメールに添付

わびしらに桜ちるなり女人堂この句をメールに添付

山桜さく手際よりちる手際この句をメールに添付

傾城の息酒くさし夕桜この句をメールに添付

桜ちる此時木魚猶はげしこの句をメールに添付

十六日桜

孝行は筍よりも桜かなこの句をメールに添付

日うけよき水よき処初桜この句をメールに添付

桜より奥に桃さく上野哉この句をメールに添付

山内神社

西山に桜一木のあるじ哉この句をメールに添付

洋本の間にはさむ桜かなこの句をメールに添付

石炭の車ならぶや散る桜この句をメールに添付

上野

黒門に丸の跡あり山さくらこの句をメールに添付

よし野

醉ふて寝て夢に泣きけり山桜この句をメールに添付

井戸端の桜ちりけり鍋の底この句をメールに添付

朝桜駒のびづめのひやひやとこの句をメールに添付

しんとして露をこぼすや朝桜この句をメールに添付

明治26年

三月尽 さんぐわつじん

桜日記三月尽と書き納むこの句をメールに添付

春雑

さけば咲く桜海棠梨李この句をメールに添付

初桜

五六本咲くや吉野の初桜この句をメールに添付

無住寺の鐘ぬすまれて初桜この句をメールに添付

初桜木曾の手紙に雪がふるこの句をメールに添付

嶋台に梅も残りて初さくらこの句をメールに添付

糸桜

咲きまじる柳の中の糸桜この句をメールに添付

家二つ狭きが中の糸桜この句をメールに添付

糸桜下の方より咲きにけりこの句をメールに添付

馬方の桜見かけて唄ひけりこの句をメールに添付

名をもたぬ京の桜はなかりけりこの句をメールに添付

牛部屋の薄花桜さきにけりこの句をメールに添付

有明に三分傾く桜哉この句をメールに添付

目隠しの女あぶなし山桜この句をメールに添付

男より女の多し山桜この句をメールに添付

弁慶の指のあとあり山桜この句をメールに添付

草臥てよし足引の山桜この句をメールに添付

須磨

敦盛の鎧に似たり山桜この句をメールに添付

敦盛の鎧に似たる山桜この句をメールに添付

吉野山

南朝の桜今年も咲きにけりこの句をメールに添付

上野

木の間に白きもの皆桜哉この句をメールに添付

第二子をまうけたる人に

初桜二番桜も咲きにけりこの句をメールに添付

山桜恋をはなれて哀れ也この句をメールに添付

花にぬれて樽に綿衣をぬきかけしこの句をメールに添付

朝桜

横雲もたのみありげや朝桜この句をメールに添付

夕桜

夕桜鐘つき殿に物申すこの句をメールに添付

三井寺をのぼるともしや夕桜この句をメールに添付

阪本の人家暮れたり山桜この句をメールに添付

月代やたそがれ桜風ふくむこの句をメールに添付

夜桜

門の花夜行く人の小唄哉この句をメールに添付

持重る月夜桜の雫かなこの句をメールに添付

よし原の朧夜桜露もなしこの句をメールに添付

ふるへとも朧夜桜露もなしこの句をメールに添付

灯のともる雨夜の桜いぢらしやこの句をメールに添付

夜桜や辻燈籠の片うつりこの句をメールに添付

うつくしき桜の雨や電気燈この句をメールに添付

遅桜

片枝は夏へまたげて遅桜この句をメールに添付

大方は忘れられけり遅桜この句をメールに添付

遅桜静かに詠められにけりこの句をメールに添付

姥桜

我知らじ老いたるをこそ姥桜この句をメールに添付

秋色桜

十三の年より咲て姥桜この句をメールに添付

墨染桜

ほのめくや墨染桜夕月夜この句をメールに添付

釣鐘の寄進出来たり花盛この句をメールに添付

散桜

炭竈の上にくづるゝ桜かなこの句をメールに添付

ほろほろとひとりこぼるゝ桜哉この句をメールに添付

忠度宿花下図

山桜夢を埋めて散りにけりこの句をメールに添付

小柄杓の底にひつゝく桜哉この句をメールに添付

散る桜たゞ悲しさよ嬉しさよこの句をメールに添付

桜散るたゞこひしさよ嬉しさよこの句をメールに添付

筆とれば短冊の上に桜ちるこの句をメールに添付

さそはれて面白く散る桜哉この句をメールに添付

宮守の風折烏帽子桜散るこの句をメールに添付

桜狩

桜狩上野王子は山つゞきこの句をメールに添付

花守

花守や蝨ふるへばちる桜この句をメールに添付

明治27年

春雑

桃柳桜の中を蜆売この句をメールに添付

初桜

これはこれはあちらこちらの初桜この句をメールに添付

山桜いくさのあとゝ思はれずこの句をメールに添付

桜咲てお白粉売や紅粉売やこの句をメールに添付

大桜只一もとのさかり哉この句をメールに添付

井戸端の秋色桜雫せよこの句をメールに添付

観音の大悲の桜咲きにけりこの句をメールに添付

嶋原の一本桜古りにけりこの句をメールに添付

鳳輦の桜の上に見ゆるかなこの句をメールに添付

海見ゆる桜の中の床几哉この句をメールに添付

何見るそ桜の茶屋の遠見鏡この句をメールに添付

雲助の博奕うつなり山桜この句をメールに添付

屋の棟の五重にたゝむ桜哉この句をメールに添付

炭竈のつめたき頃や山桜この句をメールに添付

何者が死んで此墓此桜この句をメールに添付

黒門を出れば這入れば桜哉この句をメールに添付

大臣の別荘赤き桜かなこの句をメールに添付

悼静渓叟

其まゝに花を見た目を瞑がれぬこの句をメールに添付

糸桜

くれなゐの絹糸桜綻びぬこの句をメールに添付

夕桜

灯のともるたそかれ桜静かなりこの句をメールに添付

月代の桜に動く夕かなこの句をメールに添付

夜桜

夜桜や大雪洞の空うつりこの句をメールに添付

夜桜や十二欄干灯幽かなりこの句をメールに添付

夜桜や人静まりて雨の音この句をメールに添付

月よひよひ桜日に日に満てる哉この句をメールに添付

芳原

大門や夜桜深く灯ともれりこの句をメールに添付

石塔や一本桜散りかゝるこの句をメールに添付

落花

桜ちる勿来と馬士の唄ひけりこの句をメールに添付

遅桜

遅桜遅きを花の上手かなこの句をメールに添付

明治28年

熊谷の鎧脱ぐ日や散る桜この句をメールに添付

聾の聖尊し山桜この句をメールに添付

板塀の折り曲りけり初桜この句をメールに添付

門前に児待つ母や山桜この句をメールに添付

一里来て下に見下す桜かなこの句をメールに添付

虚無僧の頤長き桜かなこの句をメールに添付

面白う舟に見て行く桜かなこの句をメールに添付

釣鐘の雲に濡れたる桜かなこの句をメールに添付

お忍びの編笠に散る桜かなこの句をメールに添付

大粒な雨ふりいでぬ桜狩この句をメールに添付

帰るさや暮れて一人に桜散るこの句をメールに添付

山腹に灯見えぬあれや桜寺この句をメールに添付

三つまたやどの道行かば山桜この句をメールに添付

古庭に一重ばかりの桜かなこの句をメールに添付

折り参らせて初桜とぞ申しけるこの句をメールに添付

山の端の桜尋ねん遠眼鏡この句をメールに添付

何奴ぞ桜に掛けし長楷子この句をメールに添付

三芳野や桜の中の山一つこの句をメールに添付

世の中は桜が咲いて笑ひ声この句をメールに添付

道端に桜咲くなり興福寺この句をメールに添付

塔高し桜に落つる三日の月この句をメールに添付

盆栽の小桜早し京の市この句をメールに添付

人を踏んで桜折るなり築地越この句をメールに添付

山桜あたりに雲もなかりけりこの句をメールに添付

花咲いて坊主の顔の黒さ哉この句をメールに添付

花散りぬ曰く大仏曰く鐘この句をメールに添付

花咲いて妻なき宿ぞ口をしきこの句をメールに添付

花散つて水は南へ流れけりこの句をメールに添付

家見ゆる花の麓の郭かなこの句をメールに添付

乱れ吹く花に未の太鼓かなこの句をメールに添付

小娘は花の使の文箱かなこの句をメールに添付

銭湯で上野の花の噂かなこの句をメールに添付

真黒に花見る人のさかりかなこの句をメールに添付

いそがしや花散りかゝる二三日この句をメールに添付

浮世とは下戸の嘘なり花に酒この句をメールに添付

勾欄に人顔明けて花寒しこの句をメールに添付

一杯に下戸の醉ひたる桜かなこの句をメールに添付

観音で雨に逢ひけり花盛この句をメールに添付

真直にふるや都の花の雨この句をメールに添付

妻無しのとまる覚悟で花見哉この句をメールに添付

ふんどしのゆるんで暮るゝ花見哉この句をメールに添付

むつかしき雲が出てけり花盛この句をメールに添付

同じ人も乗らで花見の渡し舟この句をメールに添付

鉄橋や左に見ゆる花の雲この句をメールに添付

吉原〔二句〕

うちかけや一かたまりの桜散るこの句をメールに添付

うちかけの並んで通る桜かなこの句をメールに添付

従軍の首途に

出陣や桜見ながら宇品までこの句をメールに添付

須磨

敦盛の塚に桜もなかりけりこの句をメールに添付

金州にて

故郷の目に見えてたゞ桜散るこの句をメールに添付

松山龍穏寺

めづらしや梅の莟に初桜この句をメールに添付

春植物雑

柳桜柳桜と栽ゑにけりこの句をメールに添付

はつきりと柳の中の桜かなこの句をメールに添付

明治29年

家君の二十五回忌にあひて

手向くるや餘寒の豆腐初桜この句をメールに添付

墨陀桜花満開の図

白雲の影も動かず春の水この句をメールに添付

夜桜

面白いかな花の雨雨の月この句をメールに添付

清水のともし火深し夕桜この句をメールに添付

清水や桜の上の鉄燈籠この句をメールに添付

十許り灯の並びけり山桜この句をメールに添付

灯ともして帰る禰宜あり夕桜この句をメールに添付

更くる夜を静まる里の桜哉この句をメールに添付

夜桜にこもる茶店の煙かなこの句をメールに添付

吉原や雪洞多き八重桜この句をメールに添付

羽衣に桜吹きこむ舞台哉この句をメールに添付

散桜

吉原や烏鳴いても散る桜この句をメールに添付

上野

散つた桜散る桜散らぬ桜哉この句をメールに添付

向嶋の画に題す〔二句〕

万人の鼻息に散る桜かなこの句をメールに添付

散つて一度に花見の人を埋めかしこの句をメールに添付

花散つて心やすくも寝入りけんこの句をメールに添付

菅笠に題す

此上に落花つもれと思ふかなこの句をメールに添付

陣笠に桜散るなり六七騎この句をメールに添付

有明の花静かなり角櫓この句をメールに添付

佳人花の如し我衣破れたりこの句をメールに添付

花に雪駄ちやりちやりと人の機嫌かなこの句をメールに添付

浪人や敵を尋ね江戸の花この句をメールに添付

庵からは杉の上野の花曇この句をメールに添付

花曇稲荷の森にかゝりけりこの句をメールに添付

只一人花見の留守の地震かなこの句をメールに添付

中啓を襟にさしたる花見哉この句をメールに添付

花咲きぬあそこは社こゝは寺この句をメールに添付

二大隊花見の中を通りけりこの句をメールに添付

岩角や一かたまりの花の雲この句をメールに添付

花咲いて思ひ出す人皆遠しこの句をメールに添付

夜明から俄に曇る花見かなこの句をメールに添付

隣隣屋根の上より花の雲この句をメールに添付

世の花にわれ家も無き旅人かなこの句をメールに添付

交番やこゝにも一人花の醉この句をメールに添付

世の中は花に振袖松に鳶この句をメールに添付

叱られて醉のさめたる花見かなこの句をメールに添付

暁の花咲く山の緑かなこの句をメールに添付

うれしげに小便するや花の山この句をメールに添付

この国の男に生れ桜かなこの句をメールに添付

杉の杜の出口に白き桜かなこの句をメールに添付

知らぬ人に盃強ひる桜かなこの句をメールに添付

小坊主の太刀はきたがる桜哉この句をメールに添付

彌次郎兵衛喜多八帰る桜かなこの句をメールに添付

名は桜通稱は花と申しけりこの句をメールに添付

阪道や桜の上に寺一つこの句をメールに添付

大仏の顔よごれたり山桜この句をメールに添付

大仏の耳かくれけり山桜この句をメールに添付

いとさまの手を引く道や山桜この句をメールに添付

提灯の短冊赤し山桜この句をメールに添付

桜々帰りは醉ふて白拍子この句をメールに添付

桜折る女の綱や雨の中この句をメールに添付

日暮るゝや桜の茶屋の繋ぎ馬この句をメールに添付

枝ながら桜流れぬ大堰川この句をメールに添付

名のれ名のれ桜ぬす人髯奴この句をメールに添付

人を見ん桜は酒の肴なりこの句をメールに添付

山荒れて鐘も桜も雹の音この句をメールに添付

すうと出た桜の枝に目白哉この句をメールに添付

花ながら既に梢の若葉かなこの句をメールに添付

花の山鐘楼ばかりぞ残りけるこの句をメールに添付

入口も桜出口も桜かなこの句をメールに添付

古宮の桜咲きけり杉の奥この句をメールに添付

新阪や向ふに見ゆる花の雲この句をメールに添付

松杉も花に隠れてしまひけりこの句をメールに添付

黒門も摺鉢山も桜かなこの句をメールに添付

入口に風船飛ばす桜かなこの句をメールに添付

桜ばかり女ばかりの上野かなこの句をメールに添付

山下

岡ぞひの桜は赤き蕾かなこの句をメールに添付

病中

寝て聞けば上野は花のさわぎ哉この句をメールに添付

同じ人もなくて日毎の花見かなこの句をメールに添付

花の雲言問団子桜餅この句をメールに添付

三味太鼓花見の舟の花も見ずこの句をメールに添付

二三町押されてありく花見哉この句をメールに添付

花七日堤沈むこと一寸この句をメールに添付

向島図

此花に酒千斛とつもりけりこの句をメールに添付

茶番

大將の醉ふておくるゝ花見かなこの句をメールに添付

菊五郎賛

桜咲くこれは尾上の菊五郎この句をメールに添付

仮鬟の図に

又けふも花見の茶番雨になるこの句をメールに添付

松山十六日桜

うそのやうな十六日桜咲きにけりこの句をメールに添付

遅桜

遅桜見に来る人はなかりけりこの句をメールに添付

大方の緑の中や遅桜この句をメールに添付

木雑

川上は挑も桜もなかりけりこの句をメールに添付

不忍池

弁天をとりまく柳桜かなこの句をメールに添付

明治30年

人事

黄昏や雛の灯に桜散るこの句をメールに添付

動物

牛嶋や桜に早き蜆汁この句をメールに添付

茶番去り茶番来る隅田の桜哉この句をメールに添付

写真取る桜がもとの小女郎哉この句をメールに添付

弔古白

古白死して二年桜咲き我病めりこの句をメールに添付

植半の鼓聞ゆる桜かなこの句をメールに添付

半玉が燭の心剪る桜かなこの句をメールに添付

桜折つて桜に狂ふ女かなこの句をメールに添付

招魂社奉納〔二句〕

鏡掛けて御魂を移す桜哉この句をメールに添付

公園の入口見えて桜かなこの句をメールに添付

柳北が寄附せし土手の桜かなこの句をメールに添付

球燈高く音楽聞ゆ桜哉この句をメールに添付

汽車の窓に見上る岡の桜哉この句をメールに添付

別荘の桜妾宅の柳哉この句をメールに添付

誰そや上野の月夜桜に詩を吟すこの句をメールに添付

うかれ心瓶の桜に灯をともすこの句をメールに添付

新道に痩せたる柳桜哉この句をメールに添付

明治31年

京に来てひたと病みつきぬ花盛この句をメールに添付

花に醉ふて頭痛すといふ女哉この句をメールに添付

金屏に風防く鉢の桜哉この句をメールに添付

大寺の松も桜もなかりけりこの句をメールに添付

女生徒の遊びところや絲桜この句をメールに添付

垂れかゝるしたれ桜や石燈籠この句をメールに添付

我病で桜に思ふ事多しこの句をメールに添付

奠都三十年祭

我王の桜咲くなり三十年この句をメールに添付

京町の火事や桜は恙なしこの句をメールに添付

上野〔三句〕

兵燹に杉は残りて山桜この句をメールに添付

昼中や桜にこもる人の息この句をメールに添付

雨晴るゝ桜に杉の雫かなこの句をメールに添付

無事庵より熊の肉を送り来る

江戸桜越後の熊を肴哉この句をメールに添付

京華日報発刊祝

千万言一時に開く桜哉この句をメールに添付

山門に乞食三味ひく桜哉この句をメールに添付

常盤津の會ある寺の桜哉この句をメールに添付

遅桜花見ぬ人の来りけりこの句をメールに添付

馬車の上に垂るゝホテルの桜哉この句をメールに添付

雑報子報ず公園の桜咲くこの句をメールに添付

権現や桜もまじる杉の雨この句をメールに添付

明治32年

人事

まじへ買ふ桃と桜や雛祭この句をメールに添付

雛棚に桜は低し三段目この句をメールに添付

雛棚に桜活けたり三段目この句をメールに添付

雛過ぎて瓶の桜の盛り哉この句をメールに添付

梅捨てゝ桜活けたる雛哉この句をメールに添付

池の端に書画の會あり遅桜この句をメールに添付

子を負ふた手に桜持つうしろ哉この句をメールに添付

夜桜や上野を通る戻り道この句をメールに添付

九時の鐘に茶店を鎖す桜かなこの句をメールに添付

不忍

弁天の楼門赤き桜哉この句をメールに添付

料理屋の紅梅散りて桜哉この句をメールに添付

行き行きて桜なくなる堤哉この句をメールに添付

吉原や雨の夜桜蛇目傘この句をメールに添付

明治33年

桜散り芝居鎖して暮の春この句をメールに添付

地理

氷解けて桜咲く也榛名山この句をメールに添付

名物の蜆乏しき桜哉この句をメールに添付

新海苔の市に上るや初桜この句をメールに添付

金澤ノ桜花ヲ封ジ来ル

雪国の桜の花は小粒哉この句をメールに添付

鼠骨出獄始メテ来ル

いたわしさ花見ぬ人の痩せやうやこの句をメールに添付

料理屋の厠うつくし八重桜この句をメールに添付

橋長く水青うして松桜この句をメールに添付

静渓先生七回忌

桜散つて山吹咲きぬ御法事この句をメールに添付

明治34年

畑打

畑打や飛鳥の桜見ゆるなりこの句をメールに添付

名ある寺の桜に多き石碑かなこの句をメールに添付

徳川の桜残りて哀れなりこの句をメールに添付

明治35年

徳川の桜明治の桜かなこの句をメールに添付

六田越えて桜に近し一の坂この句をメールに添付

吉野山第一本の桜哉この句をメールに添付

両側の桜咲きけり登り口この句をメールに添付

水分の神が霧ふく桜哉この句をメールに添付

南朝の恨を残す桜かなこの句をメールに添付

西行庵花も桜もなかりけりこの句をメールに添付

千本が一時に落花する夜あらんこの句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“春の日を一日眠る小猫かな”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

4をラッキーナンバーに

四国を大いに楽しんで4をラッキーナンバーに!

四国さくらの名所

四国の春は、桜とともに歩き遍路が季節の風物詩

クードクールの今

街の中心に救う価値はあるのか?

正岡子規 野球

四国・九州アイランドリーグを観戦する…

JAZZ SPAGHETTI

ジャズスパゲッティ松山の3軒のJAZZYな麺類…

沢田マンションへの道

沢田マンション(高知県高知市)への交通案内

宿泊施設ホテル格付け

愛媛県松山市の宿泊施設ホテルを格付け

四国の個性派ホテル

四国にある個性的なホテル4プラス1

四国の生みやげ

高知クードクールのクッキー、松山のジャケ買いみやげ

四国のプロフィール

四国都市情報、交通案内、3分間観光案内