サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

梅

凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 春 植物 梅 うめ

梅 うめ・野梅 のうめ やばい・白梅 はくばい・臥龍梅 がりょうばい・梅が香 うめがか・梅園 ばいえん・梅の宿 うめのやど・梅の主 うめのあるじ・夜梅 よるのうめ・梅柳 うめやなぎ

図説俳句大歳時記 春 350ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 春 196ページ 愛蔵版 218ページ 講談社

季語別 子規俳句集 春 103ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治18年

梅のさく門は茶屋なりよきやすみこの句をメールに添付

明治20年

谷中にある清水うしの墓にもうでゝ

一枝やたましひかへす梅の花この句をメールに添付

散る梅は祇王桜はほとけ哉この句をメールに添付

白梅にうすもの着せん煤拂この句をメールに添付

明治22年

ものいはず顔見ずと手さきへなとさはつたら

闇の夜は鼻で探るや梅の花この句をメールに添付

明治23年

盆栽に梅の花あり冬こもりこの句をメールに添付

梅見の記の後に題す

鶯やとなりつたひに梅の花この句をメールに添付

明治24年

紅梅は娘たのんで折らせけりこの句をメールに添付

紅梅や翠簾のすき影衣の音この句をメールに添付

紅梅や垣をへだてゝ娘同士この句をメールに添付

梅さくや藁屋四五軒犬の声この句をメールに添付

紅梅はまばら也けり窓の影この句をメールに添付

明治25年

長閑さや障子の穴に梅見えてこの句をメールに添付

せり吟

万歳の鼓にひらく梅の花この句をメールに添付

大木に喰ひついてさく梅の花この句をメールに添付

くひついて古木に咲や梅の花この句をメールに添付

片枝は磨鉢黒し梅の花この句をメールに添付

紅梅や雪洞遠き長廊下この句をメールに添付

松山

古町より外側に古し梅の花この句をメールに添付

梅ちらりちらりと松の木の間哉この句をメールに添付

紅梅や式部納言の話声この句をメールに添付

紅梅の一輪殘る兜かなこの句をメールに添付

梅の花白きをもつてはじめとすこの句をメールに添付

紅梅の可愛や雪の朝朗この句をメールに添付

梅正に綻びそむる紀元節この句をメールに添付

浪花津は海もうけたり梅の花この句をメールに添付

馬繋ぐ薄紅梅の戸口かなこの句をメールに添付

紅梅に琴の音きほふ根岸哉この句をメールに添付

明治26年

陽炎 かげろふ

陽炎や梅ちりかゝる石の上この句をメールに添付

訪人不遇

鶯や梅には居らで松の中この句をメールに添付

根岸

鶯や年〃ふゑる梅の花この句をメールに添付

病中〔二句〕

鶯の梅に下痢する餘寒哉この句をメールに添付

鶯や梅のあたりに声がするこの句をメールに添付

鷽 うそ

鷽なくや花も実もなき梅嫌この句をメールに添付

山里は梅さく頃の燕哉この句をメールに添付

風引のあるじ持ちけり梅の花この句をメールに添付

山寺に京の客あり梅の花この句をメールに添付

いも粥の名所よさて梅の花この句をメールに添付

旅人や鞍につけたる梅の花この句をメールに添付

蠣殻のうしろに白し梅の花この句をメールに添付

病人に一枝見せん梅の花この句をメールに添付

ひしひしと杉の木の間や梅の花この句をメールに添付

山里や大根干す木に梅の花この句をメールに添付

松一木あちらむきけり梅の中この句をメールに添付

何といふ鳥かしらねど梅の枝この句をメールに添付

瑞垣や杉ほの暗く梅白しこの句をメールに添付

名所に住むや梅さく只の家この句をメールに添付

莟一つ二つは梅のすはえ哉この句をメールに添付

病人が盆栽の梅咲きにけりこの句をメールに添付

琴の尾や螺鈿に梅のちらし咲この句をメールに添付

梅さくや行尽江南数十程この句をメールに添付

鉢の梅浮世の義理に開きけりこの句をメールに添付

蓑虫は留守かお宿か梅の花この句をメールに添付

室の梅花なき春は来たりけりこの句をメールに添付

梅もたぬ根岸の家はなかりけりこの句をメールに添付

隠れ家や梅ちる時の面白きこの句をメールに添付

鎌倉は屋敷のあとの野梅哉この句をメールに添付

嵯峨

柿畑に去来があとか梅の花この句をメールに添付

うれしやな都出る日の梅日和この句をメールに添付

旅中口吟〔二句〕

岡あれば宮宮あれば梅の花この句をメールに添付

家一つ梅五六本こゝもここもこの句をメールに添付

鶴岡八幡

銀杏とはどちらが古き梅の花この句をメールに添付

金杉や梅にかけたる売家札この句をメールに添付

金杉や梅にかけたる貸家札この句をメールに添付

梅の花ついたち頃の夕かなこの句をメールに添付

秋虎の妻を悼む

わりなしや樒にまじる梅の花この句をメールに添付

悼武智老儒

極樂や君が行く頃梅の花この句をメールに添付

病中

一枝は藥の瓶に梅の花この句をメールに添付

青克≠フ閑栖をとふ折から舊臣より同氏に送りこせし文の末に旦那様とあるを取りて

面白や梅三本の旦那様この句をメールに添付

紅梅

紅梅や万歳ばかり烏帽子にてこの句をメールに添付

紅梅や女三の宮の立ち姿この句をメールに添付

紅梅や柴舟見ゆる垣の外この句をメールに添付

紅梅の咲くより猫の静か也この句をメールに添付

紅梅に檐は古びぬ翠簾作りこの句をメールに添付

根岸草庵

紅梅の隣もちけり草の庵この句をメールに添付

妻におくれたる秋虎のもとに遣す

思ひ出す頃を紅梅のさかり哉この句をメールに添付

三平二満画賛

其鼻や頬や紅梅の二三輪この句をメールに添付

梅柳

京を出る旅人多し梅柳この句をメールに添付

素香亭

古池にちりこむ梅かな椿かなこの句をメールに添付

錬卿の新婚を祝ひて

嶋台に梅も残りて初さくらこの句をメールに添付

明治27年

日影薄く梅の野茶屋の寒哉この句をメールに添付

鍛冶か火に梅ちりかゝる餘寒哉この句をメールに添付

二月

一村の梅咲きこぞる二月哉この句をメールに添付

春雑

鶏鳴くや椿の垣根梅の門この句をメールに添付

根岸

紅梅も菜種もさくや門の中この句をメールに添付

鶯の尻のす見たり檐の梅この句をメールに添付

鶯の梅嶋村に笠買はんこの句をメールに添付

根岸

鶯や梅の湯戻り五六町この句をメールに添付

梅さくや納豆を鬻ぐ法師ありこの句をメールに添付

詩僧あり酒僧あり梅の園城寺この句をメールに添付

垣つゞき梅さく横町横町哉この句をメールに添付

梅咲くや黒板塀の曲り角この句をメールに添付

鍋提げて梅折る里の女かなこの句をメールに添付

袴ぬいで梅の日曜土曜かなこの句をメールに添付

松青く梅白し誰が柴の戸ぞこの句をメールに添付

板塀や梅の根岸の幾曲りこの句をメールに添付

梅咲くや瑞光殿の鈴の音この句をメールに添付

梅を見て野を見て行きぬ草加までこの句をメールに添付

鳥居より三町奥や梅の花この句をメールに添付

梅さくや水をめぐらす人家幾村〃この句をメールに添付

鰤くふや草加の宿の梅の花この句をメールに添付

いたづらに梅老いけりな藪の中この句をメールに添付

梅咲て仁王の面の赤さかなこの句をメールに添付

梅咲くや普請出来たる大師堂この句をメールに添付

何といふ寺とは知らず梅の花この句をメールに添付

道狭く梅さげて行く女ありこの句をメールに添付

野の道や梅から梅へ六阿彌陀この句をメールに添付

門ありて梅あり玄関はるかなりこの句をメールに添付

山寺の大摺鉢や梅の花この句をメールに添付

大城の廓残りて梅の花この句をメールに添付

奥山や屋根に石おく梅の花この句をメールに添付

瓢箪の看板は何梅の花この句をメールに添付

二月一日徒移に

梅さくや本箱荷ふ破れ袴この句をメールに添付

弘道舘

古書千巻文質彬々として梅の花この句をメールに添付

龍老てのど首に梅の二三輪この句をメールに添付

草庵

根岸にて梅なき宿と尋ね来よこの句をメールに添付

訪人

こゝぢやあろ家あり梅も咲て居るこの句をメールに添付

訪人

梅の花寒水石の寒さかなこの句をメールに添付

根岸〔二句〕

梅さくや竹垣杉垣小柴垣この句をメールに添付

家五百ことごとく梅咲きにけりこの句をメールに添付

鳴雪翁とつれだちて行きけるに翁は梅見にまかるとて道より別れければ

右へ町左へ梅の別れかなこの句をメールに添付

夜梅

梅か香に一村こもる月夜哉この句をメールに添付

夕月や梅ちりかゝる琴の上この句をメールに添付

梅散る

梅散るや山の井をくむ人もなしこの句をメールに添付

溝川に梅散りかゝる家鴨哉この句をメールに添付

梅散て苔なき庭の夕寒しこの句をメールに添付

梅ちるや一寸程の魚躍るこの句をメールに添付

僧の坐す石ひやゝかに野梅散るこの句をメールに添付

鎌倉や野梅ちる日に我来たりこの句をメールに添付

梅散て又大仏の寒げなりこの句をメールに添付

紅梅

紅筆に薄紅梅を染めて見んこの句をメールに添付

紅梅や翠簾をこぼるゝ緋の袴この句をメールに添付

雪ちらちら薄紅梅の妻戸哉この句をメールに添付

梅の中に紅梅さくや上根岸この句をメールに添付

紅梅や一町奥に藥王寺この句をメールに添付

紅梅のかなた爪琴こなた笛この句をメールに添付

梅柳

梅柳川に臨みて誰が楼ぞこの句をメールに添付

咲きにけり廃院の梅五百本この句をメールに添付

明治28年

女そゞろ梅折りなやむけしき哉この句をメールに添付

染物のそばに梅咲く根岸哉この句をメールに添付

まだ寒し野梅力を入れて咲くこの句をメールに添付

紙燭して梅の中行く女哉この句をメールに添付

人や住む梅に戸ざして笛の音この句をメールに添付

舟で行き歩で行く梅の十ヶ村この句をメールに添付

谷川や橋朽ちて梅おもしろきこの句をメールに添付

古寺や葎の中の梅の花この句をメールに添付

一樹仰ぎ一樹伏し梅渓に臨むこの句をメールに添付

茶畑やところところに梅の花この句をメールに添付

杉垣の外に一枝梅の花この句をメールに添付

有明の杉に隠れて梅の花この句をメールに添付

仏黒く賓頭留赤し梅の花この句をメールに添付

頸巻に顔包む人や梅の花この句をメールに添付

蓬生の中にくねりて梅一木この句をメールに添付

裾山や畠の中の梅一木この句をメールに添付

仏刻む小窓に古りぬ梅の花この句をメールに添付

大原や黒木の中の梅の花この句をメールに添付

奥山や雲に交りて梅の花この句をメールに添付

梅持て女乗りたる車かなこの句をメールに添付

梅藁屋建仁寺垣衡門この句をメールに添付

梅の花柴門深く鎖しけりこの句をメールに添付

梅咲くや三千坊のその一つこの句をメールに添付

梅の花北野によらぬ車ありこの句をメールに添付

宿の梅三日おくれて口をしきこの句をメールに添付

梅を折る娘の顔や垣の上この句をメールに添付

横町の又横町や梅の花この句をメールに添付

広島饒津神社

山に倚り水に臨みて梅の花この句をメールに添付

松山松風會席上

僧や俗や梅活けて発句十五人この句をメールに添付

紅梅

京極の紅梅遅し古築地この句をメールに添付

紅梅や秘蔵の娘猫の恋この句をメールに添付

山本に紅梅咲きぬ一軒家この句をメールに添付

柴の戸に紅梅咲きぬ巫が宿この句をメールに添付

温泉の町に紅梅早き宿屋哉この句をメールに添付

能楽箙

紅梅のちりぢりに敵逃げにけりこの句をメールに添付

松山龍穏寺

めづらしや梅の莟に初桜この句をメールに添付

偏驚物候新

驚くや旅地に早き梅柳この句をメールに添付

明治29年

紀元節

二千五百五十六年梅の花この句をメールに添付

活けんとす梅こぼれけり維磨經この句をメールに添付

字拙きをあはれみたまへ梅の神この句をメールに添付

侍の野梅折るなり落しざしこの句をメールに添付

点うつたやうに梅咲く杉の中この句をメールに添付

きぬぎぬの使来りぬ梅の花この句をメールに添付

白梅の白きを以て強きかなこの句をメールに添付

禿筆を塚に築きて梅の花この句をメールに添付

嵐には散らぬ野梅の怒りかなこの句をメールに添付

夢に美人来れり曰く梅の精とこの句をメールに添付

焼け跡の家まばら也梅の花この句をメールに添付

崖急に梅ことごとく斜なりこの句をメールに添付

加賀様の梅咲きにけり塀の内この句をメールに添付

杉谷や有明映る梅の花この句をメールに添付

古庭や鶴の餌に散る梅の花この句をメールに添付

二三匹馬繋ぎけり梅の門この句をメールに添付

梅白く散るや熊笹古禿倉この句をメールに添付

梅咲いて稲荷を祭る小家かなこの句をメールに添付

日影薄き小薮の中や梅の花この句をメールに添付

朝月夜梅に飯たく匂ひかなこの句をメールに添付

大砲や城跡荒れて梅の花この句をメールに添付

梅痩せて麥まばら也薮畠この句をメールに添付

いたはしや梅見て人の泣き給ふこの句をメールに添付

幽居を驚かされて

故人来れり何もてなさん梅の宿この句をメールに添付

水戸にて某の翁の家をおとづれける事を思ひいでゝ

梅の花柱かくしは東湖なりこの句をメールに添付

弘道舘

烈公の冠正し梅の花この句をメールに添付

根岸の夕暮の実景は

灯ともしや楷子かけたる梅の花この句をメールに添付

前田別邸内の小家を借り住みて

加賀様を大屋に持つて梅の花この句をメールに添付

殺気紛々十二首の内

梅が香や寂然として九寸五分この句をメールに添付

梅咲くや劍に仗つて吾起き上るこの句をメールに添付

雑咏

道ばたの千本幟梅の花この句をメールに添付

紅梅

友禪の紅梅染むる戸口哉この句をメールに添付

草庵

緋の蕪尽きて紅梅の散らんとすこの句をメールに添付

待恋

君や来ると紅梅一枝門にさすこの句をメールに添付

明治30年

梅が枝にあれ鶯が鶯がこの句をメールに添付

梅林の遥かに見ゆる水田哉この句をメールに添付

梅ちるや米とぐ女二三人この句をメールに添付

我梅を手折る隣の女かなこの句をメールに添付

大葬

松明に梅ちりかゝり幕黒しこの句をメールに添付

御車に梅ちりかゝり幕黒しこの句をメールに添付

梅さくや門を鎖して黒き旗この句をメールに添付

紅梅に牛の涙も氷るらんこの句をメールに添付

巡査梅提げし男を叱るこの句をメールに添付

影踏んで梅の小路を戻りけりこの句をメールに添付

月見ては月か瀬の梅を思ふ哉この句をメールに添付

梅を尋ねて得ず月に吟して帰るこの句をメールに添付

梅を尋ねて得ず月を踏んで帰るこの句をメールに添付

一痕の月万樹の梅を失すこの句をメールに添付

黒塀や星に透かして梅を得たりこの句をメールに添付

かへり見れば月梅林の上に出づこの句をメールに添付

ここに梅ありと思ひつゝ闇の小路行くこの句をメールに添付

路に熟して闇に思ふ梅のあり処この句をメールに添付

僧房の広き窓に梅の影疎なりこの句をメールに添付

僧房の広き窓に梅の影を印すこの句をメールに添付

月に望んで梅ありと思ふ江の南この句をメールに添付

図らざりき路に迷ひ月の梅を見るこの句をメールに添付

残梅の花二十日の月にいづれこの句をメールに添付

梅気深くして花も見ず月も見ずこの句をメールに添付

梅深く月下の門を人叩くこの句をメールに添付

紅梅の一枝檐の灯に映ずこの句をメールに添付

築山に灯をともしけり梅の花この句をメールに添付

梅白く庭の禿倉に灯をともすこの句をメールに添付

僧寝ねたり廊下に満つる梅の影この句をメールに添付

月二更梅ある家に宿しけりこの句をメールに添付

月ある夜梅ある家に宿しけりこの句をメールに添付

江東の梅少しく月におくれけりこの句をメールに添付

奥に灯あり梅園の門鎖したりこの句をメールに添付

野の梅を折らば折るべく月の留守この句をメールに添付

大葬

朝鮮の紅梅を手向け奉るこの句をメールに添付

小集

床の梅散りぬ奈良茶をもてなさんこの句をメールに添付

机二つ盆梅を隔てゝ話すこの句をメールに添付

山にこもる湖村一枝の梅を寄すこの句をメールに添付

墨竹の上に瓶梅の影を印すこの句をメールに添付

瓶の口寛くして梅の倒れ易くこの句をメールに添付

梅をいけて薹菜の花をあしらひしこの句をメールに添付

山深く梅の木さへもなかりけりこの句をメールに添付

根岸名所ノ内〔二句〕

鶯横町塀に梅なく柳なしこの句をメールに添付

中道を中に梅さく籬哉この句をメールに添付

野の道や人行く方へ行けば梅この句をメールに添付

梅植ん障子に影のさすやうにこの句をメールに添付

根岸

板塀や道窮つて梅の花この句をメールに添付

梅と棕櫚と野寺の門の内広しこの句をメールに添付

明治31年

紅梅に霙のかゝる餘寒かなこの句をメールに添付

有明や白けて残る梅の西この句をメールに添付

盆栽の梅散りかゝる硯哉この句をメールに添付

女児誕生

紅梅の莟のやうな拳哉この句をメールに添付

根岸

板塀や此横町も梅の花この句をメールに添付

梅遅き水戸街道や雲雀鳴くこの句をメールに添付

百姓の家をめぐりて梅の花この句をメールに添付

海苔干した村を過ぎ行く梅見哉この句をメールに添付

取り合はぬ梅のけしきや庭の松この句をメールに添付

梅散るや海苔干す磯の汐曇この句をメールに添付

梅散るや海苔干す濱の汐曇この句をメールに添付

三味も引き笛も吹く梅の主哉この句をメールに添付

明治32年

桃に梅を杏に梨をつきし哉この句をメールに添付

梅捨てゝ桜活けたる雛哉この句をメールに添付

水邊の梅を画きし屏風哉この句をメールに添付

惜気なく梅折りくれぬ寺男この句をメールに添付

苔多き梅の老木や二三輪この句をメールに添付

梅咲て手を續きかへし仏哉この句をメールに添付

紅梅や匠か宿の古烏帽子この句をメールに添付

紅梅の散りし軒端や雲雀籠この句をメールに添付

紅梅や指貫青き上達部この句をメールに添付

料理屋の紅梅散りて桜哉この句をメールに添付

白梅や机据ゑたる窓の外この句をメールに添付

紅梅や返歌待ち居る文使この句をメールに添付

星消えて暁梅の寒さかなこの句をメールに添付

明治33年

鶴病みて梅散る頃や冴返るこの句をメールに添付

四月廾二日 梅花硯

行く春の硯に印す梅の花この句をメールに添付

梅に遊ぶ奏任官や紀元節この句をメールに添付

海苔漉を見による梅の廻り道この句をメールに添付

梅多き寺島村や蜆売この句をメールに添付

お梅見の白粉厚き寒さかなこの句をメールに添付

子に伝ふ笛の秘曲や梅の月この句をメールに添付

園の梅散るや火のなき煙草盆この句をメールに添付

尾州侯お庭焼茶碗銘

茶に匂ふ葵の紋や梅の花この句をメールに添付

玄雄孩児五七日忌

白梅のちりて三十五日かなこの句をメールに添付

連翹や紅梅散りし庭の隅この句をメールに添付

草庵

石摺を壁に掛けたり梅の花この句をメールに添付

太刀持は文章生や梅の花この句をメールに添付

明治34年

花早き梅をあはれむ春の雪この句をメールに添付

紅梅のしだれし枝や鳥も来ずこの句をメールに添付

琴聞え紅梅見えて屋根見えてこの句をメールに添付

伐るも惜しき薄紅梅の老木かなこの句をメールに添付

明治35年

転居シテ椿咲ク庭梅ちる戸この句をメールに添付

紅梅の鉢や寝て見る置所この句をメールに添付

火を焚かぬ煖爐の下や梅の鉢この句をメールに添付

紅梅や平安朝の女だちこの句をメールに添付

紅梅に中日過し彼岸哉この句をメールに添付

紅梅の落花をつまむ畳哉この句をメールに添付

紅梅の散りぬ淋しき枕元この句をメールに添付

盆栽の梅早く福寿草遅しこの句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“春の日を一日眠る小猫かな”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

4をラッキーナンバーに

四国を大いに楽しんで4をラッキーナンバーに!

四国さくらの名所

四国の春は、桜とともに歩き遍路が季節の風物詩

クードクールの今

街の中心に救う価値はあるのか?

正岡子規 野球

四国・九州アイランドリーグを観戦する…

JAZZ SPAGHETTI

ジャズスパゲッティ松山の3軒のJAZZYな麺類…

沢田マンションへの道

沢田マンション(高知県高知市)への交通案内

宿泊施設ホテル格付け

愛媛県松山市の宿泊施設ホテルを格付け

四国の個性派ホテル

四国にある個性的なホテル4プラス1

四国の生みやげ

高知クードクールのクッキー、松山のジャケ買いみやげ

四国のプロフィール

四国都市情報、交通案内、3分間観光案内