サイト内検索

さよならミナミ名物

さよならくいだおれ太郎

さよなら くいだおれ太郎

 道頓堀にある「くいだおれ」が今年の7月8日に閉店する。イベントがあるたびに聞いた(読んだ?)、くいだおれ太郎のあのもっさりとした大阪弁のコメントを聞くこともなくなるのかと思うと少しさびしい感じもする。
 太郎が道頓堀の街からいなくなった時、一番寂しいと感じるであろうことは、道頓堀商店街から、太郎が奏でるあの太鼓と鐘のリズムが無くなってしまうことだ。スピーカーを通してテープやCDの音源を流すのでなく、モーターとクランクを組み合わせて一日中ライブで演奏されていた
…「カン」
 「ドン」、
というあのエンドレスに続くスローなリズムは、繁華街でありながら少しのんびりとしている道頓堀の雰囲気を感じさせる「音」の一つだった。
 人と話しをしながら太郎の前を通り過ぎると気がつかないが、会話が途切れた時、ふとした会話の沈黙を埋めるかのようにあのリズムは耳に入ってきた。
 ホリデーシーズンなど道頓堀が混み合い賑やかな時、あの独特なリズムは繁華街の喧騒にかき消され聞こえなかった。昼前のまだ人出が少ない時、雨の休日、あのリズムは聞こえてきた。街から太郎という名パーカッショニストがいなくなったときに、街のふとした沈黙は何の音が埋めていくのだろうか。

 くいだおれより一足早く、なんば、ミナミでは、長年愛されてきた「千日前いづもや」(3月末)と、「角座(B1 角座)」が(5月末)、長い歴史に幕を閉じた。現在、ミナミOSプラザも、ごく一部のテナントを除き営業をしていない。どうやらこちらも閉店となるようだ。
 新歌舞伎座も来年6月で現在の地での公演を終わる。ミナミ・なんば名物はどんどん消えていく。残念ながらミナミなんばの街としての力は弱りつづけている。新しいものができたとしてもノスタルジアをまとっていた消えたモノの穴を埋め合わせるのは難しそうだ。

 くいだおれの閉店と同じく、「千日前いづもや」の閉店を知ったときも驚いた。以前、千日前のアーケードについて「アーケードには、明治から続く店もあれば、オープンしたばかりの店もある。残念だが、今度行くときには無くなってしまう店もあるだろう。Webm旅 2007年6月号 味園フロントに泊まる)」と書いたが、書いた時点でその無くなってしまう店がいづもやになるとは思いもよらなかった。
 食べ物屋である「くいだおれ」には申し訳ないが、くいだおれの味には記憶に残る味といった印象はない。日本中どこでも食べられるクセのないベーシックな味、悪く言えばファミリーレストランのような味というのが正直な感想だ(だからこそ、「食の百貨店」としての店の使命を終えたとも言えるかもしれない。)。ただ、いづもやの「まむし(うな丼)」には、ちょっとクセがあった。「うなぎは関東式がうまい」なんていうのはただの決め付けにすぎない。モノに違いがなければ、好きも嫌いも生まれようがない。「ウナギだったら「千日前いづもや」のまむしが一番好きだ。」という人がいても驚かないといった種類のクセがあった。いづもやの「まむし」は、『やわらいものがうまい』とされる食べ物についての通り一辺倒の考え方に反抗するステートメントだった。

 くいだおれが閉店する時に太郎は、歓声とともに道頓堀川にダイブすることになるのだろうか、それともファンファーレが道頓堀に鳴り響くのだろうか。その時どんな音がするのだろうか。

さよならミナミ名物マップ

さよならミナミ名物マップ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

つゆは大阪 2

大阪は、沖縄、北海道を越える梅雨最高のディストネーション

太陽の塔への道

太陽の塔(大阪府吹田市)への交通案内

さよならミナミ名物

街から太郎という名パーカッショニストがいなくなったとき…

大阪建築散歩なんば編

見たいのは村野藤吾の新歌舞伎座かNGK前のパチンコ店か…

ショー三昧 ミナミ

オ・セイリュウのシアターレストラン…

つゆは大阪 た古梅

「た古梅」は、関東煮(かんとだき)のお店

読み放題カフェ

STANDARD BOOKSTORE CAFEのルールについて

御堂筋線乗換ガイド

大阪市営地下鉄 御堂筋線乗換・出口ガイド

ミナミ滞在便利手帳

ミナミ滞在に便利な、スポーツ施設、食事スポットなど

宿泊施設ホテル格付け

大阪ミナミの宿泊施設ホテルを格付け

なんばの生みやげ

なんばの生みやげ 玉製家のおはぎ…

大阪のプロフィール

日本の中の大阪の位置、地下鉄路線図、3分間観光案内