サイト内検索

読み放題カフェ

読み放題カフェ

 ドリンクバーの存在を初めて知った時は、衝撃だった。ドリンクバー登場以前、子どもにとって、コーラやジュースなどの、ソフトドリンク飲み放題というのは夢物語だった。ヘンゼルとグレーテルにでてくる森の中の「お菓子の家」と同じくらいの現実度に思えた。自己抑制の利かない子どものドリンク売上げを、あっさり捨てることができるファミリーレストラン経営者がいるとは思えなかった。世代区分として、物心ついたときに、既にファミリーレストランに、ドリンクバーがあったか、無かったかでジェネレーションを分けることができると言ったら言い過ぎだろうか(もちろん、安い分析もセットにして、例えば、ドリンクバー世代はリソースの意識に乏しいとか、親に「ジュースが飲みたい」とねだる必要が無かったので親への依存性が低いとか、おねだりベタであるなど…)。
 世の中には、焼肉食べ放題、寿司食べ放題、ビール飲み放題、デザート食べ放題、インターネットつなぎ放題、いろいろな「放題」がある。ドリンクバーもそうだが、パスポートチケットでアトラクション乗り放題とか、子供のころ、あまり実用的でないモノ、実利性、必要性の薄いモノ、薄いコトの「放題」という言葉に何故か強い魅力を感じた。私だけかもしれないが、逆に、いまだに○○詰め放題と聞いても、○○が何であれ、あまりピンとこない。
大阪ミナミで、「読み放題カフェ」の看板を見つけた時に、稲妻が走った。「読み放題」が何であるかは定かではなかったが、今考えてみると、書店の立ち読み自由がスタンダードな現在では「読み放題」にあまり実利があるとは思えないだけに魅力を感じたのかもしれない。
 カフェと書店の組み合わせというとTSUTAYA TOKYO ROPPONGIが思い浮かぶ、六本木ヒルズのテレビ朝日の向かいにあるこのツタヤは、店内にスターバックスTSUTAYA TOKYO ROPPONGI店を持ち、コーヒーを飲みながら雑誌などの書籍を自由に読むことができる。
 数年前、書店内のカフェで売り場の本を読むことが出来るという他の店に行き、カフェで読んでいいという本のジャンルが限られていて(確か、旅行ガイドはダメで、小説はよかった)、さらにカフェで本を読むためには、まず書店のレジで手続きをした上で、ビニールのカバーをつけて…、忘れてしまったが、とにかく図書館の古典籍や稀少本でも閲覧するかのような手続きにへきへきした。もちろん、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIには、そんなケチなルールはない。変わったルールがあるとすれば、注意事項として、ナンパ禁止と書かれていることぐらいだろうか。
 大阪ミナミの「読み放題カフェ」(STANDARD BOOKSTORE CAFE)のルールは、カフェの利用者が読めるのは同じフロアで売られている本ということぐらいである。STANDARD BOOKSTORE スタンダードブックストアは、1階と地下1階の2フロアに分かれており、1階の本棚には、雑誌、文芸(コミックを含む)、国内旅行、文具などのジャンルの本が、カフェのある地下のフロアには、デザイン、建築、写真、世界旅行(国内離島を含む)、料理、雑貨、お菓子、食材などの本が置かれており、こちらの本が読み放題となる。これらのジャンルの本以外にも、ジャンルを横断してお店のスタッフのセレクトした本が置かれた棚もある。そんな棚にあったブコウスキーを一冊、このカフェで読んだ。

STANDARD BOOKSTORE CAFE スタンダードブックストアカフェSTANDARD BOOKSTORE CAFE スタンダードブックストアカフェサイトへ mapミナミ B-2

スタンダードブックストアカフェ

大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル1F ,B1F TEL 06-6484-2239
月〜土 11:00〜22:30
日・祝 11:00〜22:00

 夜、このお店に行くと、街を立ち去りがたくて、もう少しこの街にいたいと思う人達がこの店で道草をしているといったのんびりとした雰囲気がある。好きな街であったらそこで少しでも長く過ごしていたいものだ。旅行者だったら、その街のホテルに泊まるのが手っ取り早い。家の近くの街だったら、いっそ引っ越すのがいい。ただ、普通は、買い物をする。映画を見る。舞台を見る。食事をする。それでも足りなかったらお酒を飲むのだろうか。2006年11月にオープンしたこのお店のおかげでそんな街の過ごし方に、1つ「本を読むこと」をくわえることが出来る。街が好きな人には、酒飲みが多い。好きな街だけに、しらふでも過ごしてみたい。(カフェにはアルコールメニューの用意もある。)

有機コーヒー ホット280円 アイス330円
有機紅茶 ホット280円
自家製ベーコンのB.L.T.サンド 630円
ハンバーグサンド 580円
キャラメルチーズケーキ350円 など

その他の『放題』カフェ

貸本喫茶 ちょうちょぼっこ貸本喫茶 ちょうちょぼっこサイトへ mapミナミ A-1

貸本喫茶 ちょうちょぼっこ

大阪市西区北堀江1-14-21 第1北堀江ビル402 TEL 06-6538-6166
金曜日 18:30〜21:00
土・日 13:00〜21:00 第1〜第3週末のみ営業

 貸本喫茶 ちょうちょぼっこは、基本的には、会員制の私設図書館。4人のメンバーの蔵書を持ち寄ったという選書と本の分類法にわざとらしさがない。蔵書量はあまり多くは無い。そのためか、人の書斎をのぞいたような、既視感がある。
 本来、会員になって本を借りるところではあるが、コーヒーを注文し、本棚を見ているとあまり仲良くない友人の家を訪ねたような空気でおもしろい。貸本以外にも、出版取次の流通にのっていないローカル発行の雑誌や、古本の販売もしている。

 飲み物を注文すれば、本棚の本が読み放題。 コーヒー350円など。

※ 蔵書量はあまり多くないと書いたが、一冊、一冊全てが4人のメンバーによってセレクトされた本と考えてみると相当な量と言えるかもしれない。

読み放題マップ

読み放題マップ とめ放題の看板

スタンダードブックストア斜め前
三ツ寺筋の「とめ放題の駐車場」 

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

つゆは大阪 2

大阪は、沖縄、北海道を越える梅雨最高のディストネーション

太陽の塔への道

太陽の塔(大阪府吹田市)への交通案内

さよならミナミ名物

街から太郎という名パーカッショニストがいなくなったとき…

大阪建築散歩なんば編

見たいのは村野藤吾の新歌舞伎座かNGK前のパチンコ店か…

ショー三昧 ミナミ

オ・セイリュウのシアターレストラン…

つゆは大阪 た古梅

「た古梅」は、関東煮(かんとだき)のお店

読み放題カフェ

STANDARD BOOKSTORE CAFEのルールについて

御堂筋線乗換ガイド

大阪市営地下鉄 御堂筋線乗換・出口ガイド

ミナミ滞在便利手帳

ミナミ滞在に便利な、スポーツ施設、食事スポットなど

宿泊施設ホテル格付け

大阪ミナミの宿泊施設ホテルを格付け

なんばの生みやげ

なんばの生みやげ 玉製家のおはぎ…

大阪のプロフィール

日本の中の大阪の位置、地下鉄路線図、3分間観光案内