サイト内検索
全表示次のページへ

六白金星

織田作之助

 楢雄(ならお)は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍(どん)臭い子供だったが、ただ一つ蝿を獲るのが巧くて、心の寂しい時は蝿を獲った。蝿という奴は横と上は見えるが正面は見えぬ故、真っ直ぐ手を持って行けばいいのだと言いながら、あっという間に掌の中へ二匹入れてしまうと、それで心が慰まるらしく、またその鮮かさをひそかに自慢にしているらしく、それが一層楢雄を頭の悪いしょんぼりした子供に見せていた。ふと哀れで、だから人がつい名人だと乗せてやると、もうわれを忘れて日が暮れても蝿獲りをやめようともせず、夕闇の中でしきりに眼鏡の位置を直しながらそこら中睨み廻し、その根気の良さはふと狂気めいていた。
 そんな楢雄を父親の圭介はいじらしいと思う前に、苦々しい感じがイライラと奥歯に来て、ギリギリと鳴った。圭介は年中土曜の夜宅へ帰って来て、日曜の朝にはもう見えず、いわばたまにしか顔を見せぬ代り、来るたびの小言だった、
「莫迦な真似をせずに修一を見習え」
 そんな時、兄の修一はわざとらしい読本の朗読で、学校では級長であった。見れば兄は頭の大きなところ、眉毛が毛虫のように太いところ、口を歪めてものをいうところなど、父親にそっくりで、その点でも父親の気に入りらしかった。
 が、それにくらべると、楢雄はだいいち眉毛からしてフワフワと薄くて、顔全体がノッペリし、だから自分は父親に嫌われているのだと、次第にひがみ根性が出た。そして、この根性で向うと、なお嫌われているような気がして、いっそサバサバしたが、けれどもやはり子供心に悲しく、嫌われているのは頭が悪くて学校の出来ないせいだと、せっせと勉強してみても、しかし兄には追い付けず、兄の後(うしろ)でこが異様に飛び出ているのを見て、何か溜息つき、溜息つきながら寝るときまって空を飛ぶ夢、そして明け方には牛に頭を噛じられる夢を見ているうちに、やがて十三になった。
 ある夜、何にうなされたのか、覚えはなかったが、はっと眼をさますと、蒲団も畳もなくなっていて、板の上に寝ていると思った、いきなり飛び起きて、
「泥棒や、泥棒や。畳がない」
 乾いた声でおろおろ叫びながら、階下の両親の寝室へはいって行くと、スタンドがまだついていて、
「え、泥棒……?」
 と、父親の驚いた手が母の首から離れた。
 母も父親の胸から自分の胸を離して、
「畳がどうしたのです。楢雄、しっかりしなさい」
 くるりと床の間の方を向いて、達磨の絵にむかって泥棒や泥棒やと叫びながら、ヒーヒーと青い声を絞りだしている楢雄の変な素振りを、さすがに母親の寿枝はおかしいと思ったのだ。
「二階の畳が一枚もない。眼鏡もとられた」
 そして楢雄はつと出て行くと、便所にはいり、
「津波が来た。大津波が来て蒲団も畳もさらわれた。猿股の紐が流れてくる」
 あらぬことを口走りながらジャージャーと板の間の上へ放尿したのち、ふらふらと二階へ上ると、けろりとした顔で元の蒲団の中へもぐり込み、グウグウ鼾をかいた。隣の蒲団では、中学二年生の修一が亀の子のように首をひっこめて、こっそり煙草を吸いながらトウシャ刷りの怪しげな本に読み耽り、楢雄の方は見向きもしなかった。
 それから一月許りたった雪の朝、まだ夜の明けぬうちから突然玄関の呼鈴が乱暴に鳴ったので、驚いた寿枝が出てみると、楢雄が真青な顔で突っ立っていた。二階で寝ていた筈だのにいつの間に着変えたのか、黒ズボンをはき、メリヤスのシャツ一枚で、びしょ濡れに雪が掛っていた。雪の道をさまよい歩いて来たことが一眼に判り、どうしたのかと肩を掴んだが答えず、栓抜きひょうたんのようなフワフワした足取りで二階へ上ってしまった。すぐ随いて上り、見れば枕元には本棚から抜きだした本が堆高く積み重ねられてあり、おまけにその頂上にきちんと畳んだ寝巻をのせ、その寝巻の上へ床の間の菊の花と鉛筆と蜜柑が置かれてあった。
「楢雄、これは何の真似です」
 しかし、楢雄は答えようがなかった。寝ていると、急に得体の知れぬ力が自分に迫って来たのだが、それを防ごうとする自分の力が迫って来る力に較べて弱すぎ、均衡(バランス)が破れたという感じがたまらなく怖くなり、何とかして均衡を保とうとして、本を積み重ねてみたり、その上へゴチャゴチャと置いてみたりしたが、それでも防げず、たまりかねて飛び出したのだという事情は、自分でもうまく言えなかったし、言っても判って貰えないと思ったのだ。
 その晩、圭介は寿枝から話をきいて、早発性痴呆症だと苦り切った。

全表示次のページへ

「新生」
昭和21年3月号

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

つゆは大阪 2

大阪は、沖縄、北海道を越える梅雨最高のディストネーション

太陽の塔への道

太陽の塔(大阪府吹田市)への交通案内

さよならミナミ名物

街から太郎という名パーカッショニストがいなくなったとき…

大阪建築散歩なんば編

見たいのは村野藤吾の新歌舞伎座かNGK前のパチンコ店か…

ショー三昧 ミナミ

オ・セイリュウのシアターレストラン…

つゆは大阪 た古梅

「た古梅」は、関東煮(かんとだき)のお店

読み放題カフェ

STANDARD BOOKSTORE CAFEのルールについて

御堂筋線乗換ガイド

大阪市営地下鉄 御堂筋線乗換・出口ガイド

ミナミ滞在便利手帳

ミナミ滞在に便利な、スポーツ施設、食事スポットなど

宿泊施設ホテル格付け

大阪ミナミの宿泊施設ホテルを格付け

なんばの生みやげ

なんばの生みやげ 玉製家のおはぎ…

大阪のプロフィール

日本の中の大阪の位置、地下鉄路線図、3分間観光案内