サイト内検索

横浜建築散歩関内編

旧安田銀行横浜支店

 建物とは「器(うつわ)」だ。何かを中に納めるために作られる「器」だ。納めるものが先にあり、その納めるもののために作られる。一部のモニュメントや記念碑などを除き、絵画や音楽のように純粋な美的要求から作り出される建築物はない。ほとんどは実用的な要求から形が決められている。特に、過去の建築物についてはほぼ100%そのフォルムは納めようとするものに合わせて作られていた。
 出版されている既存の各種建築マップ、建築ガイドブックと言われる本を見るとその視点がすっぽりと抜け落ちていると感じる。建築物の意匠だけを取り上げて書かれている。歴史だけが書かれている。器についてのみ、中身はおいてきぼりだ。理由はいろいろあるだろうが、そのような出版物の著者には建築物の意匠についての専門家や建築史家が多いことが一番の理由だろうか。この人たちのおかげで、この人たちの説得のおかげで歴史的建築物が消滅の危機から助けられている事実から、大いに感謝すべき存在ではあるが、建築を鑑賞するガイド役として適切な人たちとは思えない。
 器を鑑賞するとき、器に納めるべきものを納めた上で鑑賞すべきだ。美術館のガラスケースに展示される「茶器」などは本来の姿とは全く異なるもので、器に茶を注いだ上、その茶を飲んでから器を鑑賞すべきで、京都の人は、実際、一般の人に楽茶碗をそのスタイルで鑑賞してもらう美術館を作っている。
 馬車道の旧安田銀行横浜支店(神奈川県横浜市中区本町4-45)の建物に、東京藝術大学大学院 映像研究科を誘致した市長が、誇らしげに誘致合戦に勝ったと語る本を読んだ(「横濱の通になる本」 有隣堂 2006年)。金融恐慌の後、昭和4(1929)年に竣工した銀行建築とは、何を納めるための形なのだろうか、少なくとも若い学生のクリエーションとは全く逆の『安定』であったはずだ。茶器にジュースやビールを注いで飲むのも、たまにはエキセントリックでいいとは思うが、横浜の人はそれがエキセントリックとすら気がついていない。
 横浜には、空から見ると街の真中にまるで大皿をすえたような横浜スタジアムがある。

三井住友銀行 横浜支店 map横浜中心部 B-3

三井住友銀行 横浜支店

 関内の本町通りと関内仲通り(ベイスターズ通り)の交差点にある銀行。現在も建設当時のまま、建物内で銀行支店業務が続けられている。銀行内部の高い吹き抜けの天井は一見の価値がある。
 外観の端正なイオニア式の円柱より、内部空間こそ魅力的、防犯、安全上の問題から、現役の銀行支店内部の写真が公開される機会は極端に少ないはずなので、自分で出掛けてみる必要がある。用もなく銀行に行くのも、用もないまま銀行内にいるのも不自然なので、この建築物を観賞するために結果この支店の顧客となることになる。
 窓口営業時間は、月曜日〜金曜日の9:00〜15:00。支店内にATMコーナーも設置されているが、窓口営業時間外のATMコーナーは支店内のごく一部に過ぎず、下されたシャッターによって銀行内部を見ることは出来ない。土曜、日曜、祝日に建築鑑賞をしている人は、内部を見ることが出来ない。
 設計は、トローブリッジ&リビングストン建築事務所。三井銀行は、本店と4つの支店(横浜、名古屋、大阪(2支店))の設計を依頼した。施工は清水組、昭和6(1931)年竣工。

三井住友銀行 横浜支店

神奈川県横浜市中区本町2-20

http://www.smbc.co.jp/

Cafe J Net NEWNEW イセザキモール店 map横浜中心部 A-4

不二家ビル

 横浜建築散歩 関内編としたが、この建物は、関外イセザキモールにある。横浜を代表するインターナショナル・スタイルの建物とも言われる。戦後、伊勢佐木町の主要建築物では一番最後まで接収解除にならなかった(昭和33(1958)年返還)。「Yokohama Service Club」として、米軍によってスナックバー、図書館、理髪店として使用されていた。現在、一階では、不二家のレストラン「PEKO's Kitchen 横浜センター店」(TEL 045-251-2105)が営業しているが、店内は改装が繰り返されており建設当時の面影は残っていない。
 二階にあるネットカフェ「Cafe J Net NEWNEW イセザキモール店」は店内がスケルトンリフォームされており躯体むき出しでこちらでの建物内部の鑑賞の方がおすすめ。会員登録不要で気軽に利用できる。オープンシート席 30分ごと160円など。
 アントニン・レーモンド設計。昭和12(1937)年竣工。

Cafe J Net NEWNEW イセザキモール店

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-3 不二家ビル2階 TEL 045-260-2492

http://www.cafejnet.ne.jp/

神奈川県警察本部尾上町分庁舎 map横浜中心部 B-4

神奈川県警察本部尾上町分庁舎

 アントニン・レーモンド設計の不二家ビルが横浜を代表するインターナショナル・スタイルの建物と言われるが、尾上町通りの横浜スタジアム前の突き当りのスクランブル交差点にあるこちらの建物の方がより特徴的でスタイルに忠実に思える。
 道路側の印象的なガラスは単に採光のためだけのもので、外から中を窺い知ることは出来ない。尾上町通りを挟んだ村野藤吾設計の横浜市庁舎より気になる。
 設計不明。竣工不明。

神奈川県横浜市中区尾上町1−1

横浜建築マップ 関内編

横浜建築マップ 関内編

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ヨコハマの人になる

私にとって矢沢永吉は、ヨコハマの人だ。広島に行けば…

横浜の言葉

横浜の言葉 バックシャン

ヨコハマの食べ物

牛鍋にゆかりのあるお店二軒を含む三軒のお店…

横浜建築散歩関内編

建物とは「器(うつわ)」だ。

みなとみらい線ガイド

横浜高速鉄道 みなとみらい線乗換・出口ガイド

横浜フローズンカフェ

冷凍ケーキのショーケースカフェ…

宿泊施設ホテル格付け

横浜の街にある宿泊施設21施設の格付け…

横浜の生みやげ

横浜松坂屋で買うシュウマイ…

横浜のプロフィール

横浜都市情報、横浜3分間観光案内