サイト内検索
次のページへ

茶の本

岡倉覚三 著

村岡博 訳

目次

第一章
人情の碗

茶は日常生活の俗事の中に美を崇拝する一種の審美的宗教即ち茶道の域に達す ‐ 茶道は社会の上下を通じて広まる ‐ 新旧両世界の誤解 ‐ 西洋に於ける茶の崇拝 ‐ 欧州の古い文献に現はれた茶の記録 ‐ 物と心の争についての道教徒の話 ‐ 現今に於ける富貴権勢を得ようとする争

第二章
茶の諸流

茶の進化の三時期 ‐ 唐、宗、明の時代を表す煎茶、抹茶、淹茶‐茶道の鼻祖陸羽 ‐三代の茶に関する理想 ‐ 後世の支那人には、茶は美味な飲料ではあるが理想ではない ‐ 日本に於ては茶は生の術に関する宗教である

第三章
道教と禅道

道教と禅道との関係 ‐ 道教とその後継者禅道は南方支那精神の個人的傾向を表す ‐道教は浮世をかゝるものと諦めて、この憂き世の中にも美を見出そうと努める ‐ 禅道は道教の教を強調している ‐ 精進静慮することによって自性了解の極致に達せられる ‐ 禅道は道教と同じく相対を崇拝する ‐ 人生の些事の中にも偉大を考へる禅の考へ方が茶道の理想となる ‐ 道教は審美的理想の基礎を与へ禅道は之を実際的なものとした

第四章
茶室

茶室は茅屋に過ぎない ‐ 茶室の簡素純潔 ‐ 茶室の構造に於ける象徴主義 ‐ 茶室の装飾法 ‐ 外界の煩はしきを遠ざかった聖堂

第五章
芸術鑑賞

美術鑑賞に必要な、心の同情的交通 ‐ 名人と我々の間の内密の黙契 ‐ 暗示の価値 ‐ 美術の価値は只それが我々に語る程度による ‐ 現今の美術に対する表面的の熱狂は真の感じに根拠をおいていない ‐ 美術と考古学の混同 ‐ 我々は人生の美しいものを破壊することによって美術を破壊している

第六章

花は我等の不断の友 ‐ 『花の宗匠』 ‐ 西洋の社会に於ける花の浪費 ‐ 東洋の花卉栽培 ‐ 茶の宗匠と生花の法則 ‐ 生花の方法 ‐ 花の為に花を崇拝すること ‐ 生花の宗匠 ‐ 生花の流派、形式派と写実派

第七章
茶の宗匠

芸術を真に鑑賞することはただ芸術から生きた力を生み出す人にのみ可能である ‐ 茶の宗匠の芸術に対する貢献 ‐ 処世上に及ぼした影響 ‐ 利休の最後の茶の湯

次のページへ

『茶の本』岩波文庫
昭和4年3月

はしがき 岡倉由三郎

訳者のことば 村岡博

THE BOOK OF TEA
BY OKAKURA-KAKUZO

※本文中には、不快用語が含まれるが、本文の主題は別にあり、その理解のためにこれを残した。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ヨコハマの人になる

私にとって矢沢永吉は、ヨコハマの人だ。広島に行けば…

横浜の言葉

横浜の言葉 バックシャン

ヨコハマの食べ物

牛鍋にゆかりのあるお店二軒を含む三軒のお店…

横浜建築散歩関内編

建物とは「器(うつわ)」だ。

みなとみらい線ガイド

横浜高速鉄道 みなとみらい線乗換・出口ガイド

横浜フローズンカフェ

冷凍ケーキのショーケースカフェ…

宿泊施設ホテル格付け

横浜の街にある宿泊施設21施設の格付け…

横浜の生みやげ

横浜松坂屋で買うシュウマイ…

横浜のプロフィール

横浜都市情報、横浜3分間観光案内