サイト内検索
全表示 次のページへ

岡本かの子

 東京の下町と山の手の境ひ目といったやうな、ひどく坂や崖の多い街がある。
 表通りの繁華から折れ曲って来たものには、別天地の感じを与へる。
 つまり表通りや新道路の繁華な刺激に疲れた人々が、時々、刺激を外づして気分を転換する為めに紛れ込むやうなちょっとした街筋 ‐ 
 福ずしの店のあるところは、この町でも一ばん低まったところで、二階建の銅張りの店構へは、三四年前表だけを造作したもので、裏の方は崖に支へられてゐる柱の足を根つぎして古い住宅のままを使ってゐる。
 古くからある普通の鮨屋だが、商売不振で、先代の持主は看板ごと家作をともよの両親に譲って、店もだんだん行き立って来た。
 新らしい福ずしの主人は、もともと東京で屈指の鮨店で腕を仕込んだ職人だけに、周囲の状況を察して、鮨の品質を上げて行くに造作もなかった。前にはほとんど出まへだったが、新らしい主人になってからは、鮨盤の前や土間に腰かける客が多くなったので、始めは、主人夫婦と女の子のともよ三人きりの暮しであったが、やがて職人を入れ、子供と女中を使はないでは間に合はなくなった。
 店へ来る客は十人十いろだが、全体に就ては共通するものがあった。
 後からも前からもぎりぎりに生活の現実に詰め寄られてゐる、その間をぽっと外づして気分を転換したい。
 一つ一つ我ままがきいて、ちんまりした贅沢ができて、そして、ここへ来てゐる間は、くだらなくばかになれる。好みの程度に自分から裸になれたり、仮装したり出来る。たとへ、そこで、どんな安ちょくなことをしても云っても、誰も軽蔑するものがない。お互ひに現実から隠れんぼうをしてゐるやうな者同志の一種の親しさ、そして、かばひ合ふやうな懇な眼ざしで鮨をつまむ手つきや茶を呑む様子を視合ったりする。かとおもふとまたそれは人間といふより木石の如く、はたの神経とはまったく無交渉な様子で黙々といくつかの鮨をつまんで、さっさと帰って行く客もある。
 鮨といふものの生む甲斐々々しいまめやかな雰囲気、そこへ人がいくら耽り込んでも、擾れるやうなことはない。万事が手軽くこだはりなく行き過ぎて仕舞ふ。
 福ずしへ来る客の常連は、元狩猟銃器店の主人、デパート外客廻り係長、歯科医師、畳屋の倅、電話のブローカー、石膏模型の技術家、児童用品の売込人、兎肉販売の勧誘員、證券商会をやったことのあった隠居 ‐ このほかにこの町の近くの何処かに棲んでゐるに違ひない劇場関係の芸人で、劇場がひまな時は、何か内職をするらしく、脂づいたやうな絹ものをぞろりと着て、青白い手で鮨を器用につまんで喰べて行く男もある。
 常連で、この界隈に住んでゐる暇のある連中は散髪のついでに寄って行くし、遠くからこの付近へ用足しのあるものは、その用の前後に寄る。季節によって違ふが、日が長くなると午後の四時頃から灯がつく頃が一ばん落合って立て込んだ。
 めいめい、好み好みの場所に席を取って、鮨種子で融通して呉れるさしみや、酢のもので酒を飲むものもあるし、すぐ鮨に取りかかるものもある。

全表示 次のページへ

「文芸」
昭和14年1月号

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街2

東京のいい街にはいちょうがあります…

JR山手線ガイド

JR山手線 外回り、内回り別乗換・出口ガイド

パラパラweb 山手線

2人のカンフーマスターがコラボしてまで教える山手線案内

東京いちょうの名所

東京の銀杏(いちょう)の名所ガイド

長空出版 渋谷観光

香港の出版社長空出版の東京ガイド本で渋谷観光

ヴィロンの朝食

フランスで叶えられた夢を渋谷で食べる

シブヤの本屋

SHIBUYA PUBLISHING & BOOK SELLERS

渋谷滞在便利手帳

渋谷のネットカフェ、コピーショップ、コインランドリー…

宿泊施設ホテル格付け

渋谷の街にある宿泊施設14施設の格付け…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内