サイト内検索

旅の本 野性の呼び声

 「野性の呼び声」は盗まれた犬の話である。

 盗まれた犬のストーリーではあるが、飼い主が盗まれた犬を探す話では無い。
 本書は、「荒野の呼び声」、「荒野のよび声」、「野生の呼声」、「野生の叫声」などのタイトルで和訳されたジャック・ロンドンの“The call of the wild”の新訳である。
 陽光あふれるアメリカ西海岸の判事の家で何不自由なくペットとして飼われていた犬のバックは、屋敷の使用人によって盗まれ犬橇(そり)用の犬としてアラスカに転売される。大型犬でありながらも愛玩犬であったバックだったが、アラスカの過酷な環境に放り込まれ犬ぞりのチームに加わりいつしか使役犬としての喜びを感じるようになっていく…

 ジャック・ロンドンは、進化論を自明のものとして、バックの行動を組み立てている。直接犬であるバックが語ることはないがバックの行動は、犬の歩んできた歴史を逆から辿る道でもあり、歴史を遡るごとにバックは生き生きとしていくことになる。実は、『バックが盗まれた犬』なのではなく、盗まれたことによって失われた野性(人によって盗まれた狼としての野性)をバックが取り戻すというストーリーに読者は導かれることになる。
 著者ジャック・ロンドンは、アラスカの厳しい環境を舞台に、ストーリーのなかで登場する人物(犬を含め)の傲慢、怠惰、無知に対して、自然の法則の形を借りことごとく非常な鉄槌を下しつづける。

放浪への原始の渇望が湧きあがり、
習慣の鎖にいらだつ。
その冬の眠りよりいまふたたび、
野性の血筋がめざめる。

Old longings nomadic leap,
Chafing at custom's chain;
Again from its brumal sleep
Wakens the ferine strain.

 と、ロンドンが冒頭に予告したとおりにストーリーは展開していく。

 野性の呼び声が、長く読者に愛される理由として、ストーリーには『運』、『偶然』、『ラッキー』といった種類のことが全く影響を及ぼさないことに一因があるようだ。読者は、登場人物(犬)の意志や、確率、野生の勘といったもののみがストーリーを支配することにある種の潔さ、爽快感を得ることになる。

旅の本 バックナンバー

野性の呼び声 表紙

bookデータ
野性の呼び声
THE CALL OF THE WILD
ジャック・ロンドン 著
深町眞理子 訳
光文社
定価 476円税別
ISBN 978-4-334-75138-8

野性の呼び声 目次

  • 第一章 原初の地へ
  • 第二章 棍棒と牙の掟
  • 第三章 太古の野獣の血が支配する
  • 第四章 覇者となったもの
  • 第五章 橇引きの苦難にあえぐ
  • 第六章 ひとりの男への愛のために
  • 第七章 呼び声が響く

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

東京いちょうのある街2

東京のいい街にはいちょうがあります…

JR山手線ガイド

JR山手線 外回り、内回り別乗換・出口ガイド

パラパラweb 山手線

2人のカンフーマスターがコラボしてまで教える山手線案内

東京いちょうの名所

東京の銀杏(いちょう)の名所ガイド

長空出版 渋谷観光

香港の出版社長空出版の東京ガイド本で渋谷観光

ヴィロンの朝食

フランスで叶えられた夢を渋谷で食べる

シブヤの本屋

SHIBUYA PUBLISHING & BOOK SELLERS

渋谷滞在便利手帳

渋谷のネットカフェ、コピーショップ、コインランドリー…

宿泊施設ホテル格付け

渋谷の街にある宿泊施設14施設の格付け…

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内