サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

元日

凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 新年 時候 元日

元日 がんじつ ぐわんじつ 御元日 お元日 おがんじつ 元旦 がんたん 元朝 げんちょう 歳旦 さいたん 聖旦 せいたん 大旦 だいたん おほあした 初旦 しょたん はつあした 鶏旦 けいたん 鶏日 けいじつ 三旦 さんたん 朔旦 さくたん 改旦 かいたん 春の旦 はるのあした 日の始 ひのはじめ 月の始 つきのはじめ 年の始 としのはじめ 三の始 みつのはじめ 三朝 さんてう 三の晨 さんのあした 三始 さんし 三元 さんげん 元三 がんさん 初暁 はつあかつき

図説俳句大歳時記 新年 13ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 新年 15ページ 愛蔵版 1059ページ 講談社

季語別 子規俳句集 新年 8ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治23年

元日や一輪開く福壽艸この句をメールに添付

明治24年

元朝や虚空暗く只不二許りこの句をメールに添付

明治25年

元日恋 課題

初日の出隣のむすめお白粉未だつけずこの句をメールに添付

元朝や皆見覚えの紋処この句をメールに添付

乞食

元朝や米くれさうな家はどここの句をメールに添付

うっかりと元日の朝の長寝哉この句をメールに添付

元日と知らぬ鼾の高さかなこの句をメールに添付

明治26年

元日快晴

かばかりのものとしらじをけさの春この句をメールに添付

元日に海老の死骸のおもしろやこの句をメールに添付

元日やとてもの事に死で見んこの句をメールに添付

禰宜だちよ元日のいはれ物語れこの句をメールに添付

明治27年

新聞記者となりし身の元日より筆をとりそめて覚束なくも

むつかしき言の葉草や花の春この句をメールに添付

灯を消して元日と申庵哉この句をメールに添付

うつくしや洛陽の元日雪ちらちらこの句をメールに添付

元日の雀鳴くなり手水鉢この句をメールに添付

元日や二十六年同じことこの句をメールに添付

元日や何やら語る鶴四五羽この句をメールに添付

元日の芳野に花もなかりけりこの句をメールに添付

元日や都の宿の置炬燵この句をメールに添付

元日を御濠の鴎とも知らずこの句をメールに添付

元日の住吉淋し松の音この句をメールに添付

元旦に追つかれけり破衾この句をメールに添付

元日の夕日になれば哀れ也この句をメールに添付

大神宮

元日もただ尊とさの涙かなこの句をメールに添付

明治28年

元日や枯菊残る庭のさきこの句をメールに添付

元日の行燈をかしや枕もとこの句をメールに添付

元日の太鼓聞かばや法華寺この句をメールに添付

元日も二日も暮れてしまひけりこの句をメールに添付

おもしろや元日暮れて月六日この句をメールに添付

元朝や車ときめく二重橋この句をメールに添付

明治29年

元旦等

元日の人通りとはなりにけりこの句をメールに添付

元日の馬車見に行くや丸の内この句をメールに添付

元朝の上野静かに灯残れりこの句をメールに添付

釈迦三味線を弄ぶ図に題す

元日は是も非もなくて衆生也この句をメールに添付

明治30年

元日や朝からものの不平なるこの句をメールに添付

町はづれ元日らしからぬ家よこの句をメールに添付

元日は除夜のあしたの名也けりこの句をメールに添付

元日も暮れて上野の嵐哉この句をメールに添付

元日やしろかねの餅こかねの蜜柑この句をメールに添付

明治31年

竹の軸は去年の掛けふるし水仙と梅とを砥部焼の瓶に挿みて

就中梅元日の姿なるこの句をメールに添付

元日や鶴も飛ばざる不二の山この句をメールに添付

うれしかる子に元日の曇りけりこの句をメールに添付

元日を天地和合のはじめ哉この句をメールに添付

元日の雨を記すや屠蘇の酔この句をメールに添付

明治32年

元日の病者見舞ふや駿河台この句をメールに添付

明治34年

自題小照

大三十日愚なり元日猶愚也この句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“長病の今年も参る雑煮哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

2009ベスト旅プラン

2008Worst雑誌記事

旅はプロセスが大切

目的地にたどりつくまでのプロセスは…

首里城下町線ガイド

沖縄バス 系統番号8番 首里城下町線 新路線ガイド

沖縄ドライブガイド

沖縄本島のドライブガイド 改訂版

旅の道具