サイト内検索

名古屋の文学 坪内逍遥

坪内逍遥
つぼうち しょうよう 1859-1935 美濃国賀茂郡(現 岐阜県美濃加茂市)生まれ。明治・大正・昭和前期の小説家、翻訳家、劇作家、評論家、教育者。

 安政6(1859)年尾張藩士の子として美濃国賀茂郡大田村の尾張藩代官所に生まれる。明治2(1869)年、父親が官職を辞し名古屋郊外(現在の名古屋市名駅三丁目)に隠居し、11歳から18歳までを名古屋で過ごした。
 東京大学卒業後、東京専門学校(現早稲田大学)講師。文学改良運動、また演劇革新運動に取り組んだ。我が国のシェークスピリアンであり、早稲田大学教授を辞した後『シェークスピア全集』40巻を完訳。代表作に、小説『当世書生気質』、文芸評論『小説神髄』、史劇『桐一葉』(1894)年などがあり、前二作は写実主義小説の先駆とも言われる。

坪内逍遥

坪内逍遥 明治40年

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ