サイト内検索

ナゴヤA3文書

イントロダクション

ナゴヤA3文書

 私にとってトヨタはクルマを売るのばかりがウマく、クルマを作るのがヘタなメーカーというイメージだった。事実、トヨタ2000GTのエンジンはヤマハが作り、CMでソニー千葉に「足のイイやつ」と言わせ、後輪がリジットサス(軽トラックと同じ形式)の乗用車を売る自動車メーカーがトヨタだった。そうかと思えば、売れるからという理由だけで、乗用車のすべてのエンジンをツインカムにしてしまおうとするメーカーだった。三河の田舎大名といったイメージだった。
 このイメージが、2代目プリウスに乗ったときに一変した。特に、ホンダのシビックハイブリッドと乗り比べ、ライバルを技術上の周回遅れにするその省燃費に驚いた。実際は、トヨタはクルマを売ることを追求してついにイイクルマを作ることに行き着いたというのが本当のところだとは思うが、先進的な技術によってユーザーを魅了するビートルや、ミニ以来のクラスレスカーの誕生と感じた。以来、トヨタは気になるメーカーになった。

 トヨタでは、単純明快な表現を心がけることが不文律になっている。プレゼンテーションでは、背景情報、目標、行動計画、予想される結果をA3判用紙一枚にまとめる(『トヨタ:「矛盾力」の経営』ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー 2008年12月号 46ページ)。

という。トヨタのお膝元でもある名古屋を取り上げるのにあたって「ナゴヤA3文書」を作ってみた。テーマはトヨタが名古屋での拠点を移転させた『栄』(「トヨタ自動車が名古屋での拠点を栄地区からミッドランド内に移転させ…」読売新聞 中部版朝刊 平成20(2008)年3月6日など)に選定した。トヨタが出て行った栄に乗り込もう。

ナゴヤA3文書 日本語版

ナゴヤA3文書

PDF 1.32MB 新ページでリンク

ナゴヤA3文書

The Nagoya A3 Report (English)

The Nagoya A3 Report

new window,PDF,1.22MB

Nagoya A3 Report

Get Adobe Reader
トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

トヨタA3文書

1 テーマを選定する

2 現状把握

3 目標設定

4 要因解析

5 対策を練る

6 行動計画を練る

7 反省と今後の課題の発見

参考 「トヨタ式文書」日経ビジネス Associe 2005.09.20 30ページ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ナゴヤA3文書

トヨタが出て行った栄に乗り込もう。

都市の味 名古屋

栄と名駅 都市の味 石川栄耀の視線

名古屋の喫茶店

栄喫茶店マップ コメダ、コンパル全メニュー

ナゴヤの食べ物

名古屋大須・栄の食べ物…

地下鉄東山線ガイド

地下鉄東山線 バイリンガル乗換・出口ガイド

アドリブ名古屋

アド・リビトゥム名古屋、ドクタージャズのまちで…

宿泊施設ホテル格付け

名古屋栄の街にある宿泊施設17施設の格付け…

栄 滞在便利手帳

名古屋 栄のコピーショップ、コインランドリー…

名古屋のプロフィール

名古屋都市情報、交通案内、3分間観光案内