サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

短夜

松明に夜は明けやすし箱根山

短夜をいそぐ野寺の木魚哉

短夜のともし火残る湊かな

短夜や火をうつ石に火の走り

湯釜ぬく汽船の音の明け易し

夏夜

吉原

三味線の静かに夏の夜は明けぬ

南瓜の大きくなりし暑かな

立ちよれば焔のあつし閻魔堂

下町や埃を巻いて馬暑し

六月二十日大地震 二句

地震て大地のさける暑かな

すはすはと大地のわれる暑哉

炎天

人絶えて炎天の石壇風渡る

炎天に聳えて高き巌哉

日盛

日盛りの八百八町焔立つ

五月

旅僧の病むや五月のかゝり船

水無月

水無月の傾城並ぶ格子かな

烏帽子着て汐汲む女裾涼し

枚方や蛍は過ぎて風涼し

船に寝れば鷺落ちて来る涼しさよ

石抱て樵夫の眠る涼しさよ

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“長病の今年も参る雑煮哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

今年の夏は日本一周

さあ、日本一周旅行に出かけよう…

基本的な旅の技術

もしも、グーグルのトップページの検索ボックスが…

時刻表の読み方

JTB時刻表とJR時刻表 どちらを買うか?…

1日ニッポン一周

一日あれば出来る日本一周…

日本のプロフィール

47都道府県の位置、人口、面積、観光客数…