サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治33年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治33年 秋 時候

文を書く横顔見えて夜長哉

肌寒や石屋の門の石仏

誰が家の戸叩く音ぞ夜半の秋

犬の声靴の音長き夜なりけり

残暑燬如紫陽花の花腐りけり

庭前

白き花赤き花秋立にけり

家五百秋の芝居の太鼓鳴る

女郎買をやめて此頃秋の暮

鶏頭に秋の夕の迫りけり

胡紛兀し人形や土の肌寒み

飛んで来る余所の落葉や暮るゝ秋

鶏頭の傾く秋の名残哉

鶏頭に霜見る秋の名残哉

行秋や病気見舞の青蜜柑

鐘の音の輪をなして来る夜長哉

冬近き嵐に折れし鶏頭哉

冬を待つ用意かしこし四畳半

冬近く今年は髯を蓄へし

冬待つやつはものどもの皮衣

冬を待ついくさの後の舎営哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

新東京方眼図

何でも載っているのがイイ地図だろうか…

Tokyo map in English

Tokyo City Maps

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内