サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治廿四年

時候 人事 天文 地理

鶏のゆかへ上りぬ秋のくれ

床の間の達磨にらむや秋のくれ

何と見たぬしの心ぞあきのくれ

草も木も竹も動くやけさの秋

稲妻のかほをはしるや秋のくれ

案山子ものいはゞ猶さびしいそ秋の暮

をかしうに出来てかゞしの哀也

汝かゞしそもさんか秋の第一義

送火や朦朧として仏だち

送火や灰空に舞ふ秋の風

秋もはや七日の月のたのもしき

さる程に秋とはなりぬ風の音

高黍や百姓涼む門の月

並松はまばらまばらや三日の月

初汐や帆柱ならぶ垣の外

蒔絵なんぞ小窓の月に雁薄

順礼の夢をひやすや松の露

川の内近藤氏に宿りて

山もとのともし火動く夜寒哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

新東京方眼図

何でも載っているのがイイ地図だろうか…

Tokyo map in English

Tokyo City Maps

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内