サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

柿 かき

季語・季題検索 秋 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 秋 植物 柿 かき

柿 かき 渋柿 しぶがき 甘柿 あまがき 富有柿 ゆうがき 蜂屋柿 はちやがき 身不知柿 みしらずがき 木練柿 きねりがき 筆柿 ふでがき 似柿 にたりがき 円座柿 えんざがき 猿柿 さるがき 十夜柿 じゅうやがき 木守 きまもり 樽柿 たるがき 串柿 くしがき ころ柿 ころがき 吊し柿 つるしがき 干柿 ほしがき 甘干 あまぼし きざわし きざらし きざ柿 きざがき 木練 きねり 赤柿 あかがき 百目柿 ひゃくめがき 富有柿 ふゆうがき 御所柿 ごしょがき 禅寺丸 ぜんじまる 次郎柿 じろうがき 伽羅柿 きゃらがき 西条柿 さいじょうがき 祇園坊 ぎおんぼう 鶴の子 つるのこ 会津身知らず あいづみしらず 平核無 ひらたねなし 柿なます かきなます 柿羊羹 かきようかん 山柿 やまがき 柿の秋 かきのあき 柿店 かきみせ 柿のほぞ落 かきのほぞおち

図説俳句大歳時記 秋 449ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 秋 205ページ 愛蔵版 739ページ 講談社

季語別 子規俳句集 秋399ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治20年

甘干にしたし浮世の人心この句をメールに添付

明治22年

渋柿や行来のしげき道の端この句をメールに添付

柿の実やうれしさうにもなく烏この句をメールに添付

渋柿のとり残されてあはれ也この句をメールに添付

渋柿もまじりてともに盆の中この句をメールに添付

明治27年

渋柿や渋に取られて秋寒しこの句をメールに添付

渋柿の青くて落つる彼岸哉この句をメールに添付

渋柿や落ちて踏まるゝ石の上この句をメールに添付

渋柿の烏もつかずあはれなりこの句をメールに添付

臍寒し柿喰ふ宿の旅枕この句をメールに添付

追分や鶏飼ふ茶屋の柿石榴この句をメールに添付

明治28年

渋柿の実勝になりて肌寒しこの句をメールに添付

柿の実や口ばし赤き鳥が来るこの句をメールに添付

柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かなこの句をメールに添付

渋柿やあら壁つゞく奈良の町この句をメールに添付

渋柿や古寺多き奈良の町この句をメールに添付

町あれて柿の木多し一くるわこの句をメールに添付

高圓をかざして柿の在所哉この句をメールに添付

柿ばかり並べし須磨の小店哉この句をメールに添付

村一つ渋柿勝に見ゆるかなこの句をメールに添付

御所柿に小栗祭の用意かなこの句をメールに添付

嫁がものに凡そ五町の柿畠この句をメールに添付

駄菓子売る茶店の門の柿青しこの句をメールに添付

道後二句

温泉の町を取り巻く柿の小山哉この句をメールに添付

柿の木や宮司が宿の門搆この句をメールに添付

法隆寺の茶店に憩ひて

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺この句をメールに添付

垣ごしに渋柿垂るゝ隣かなこの句をメールに添付

柿に照り蕎麦に雨ふる畠哉この句をメールに添付

谷あひや谷は掛稲山は柿この句をメールに添付

奈良

柿赤く稲田みのれり塀の内この句をメールに添付

明治29年

柿くふや道灌山の婆が茶屋この句をメールに添付

柿喰ふて洪水の詩を草しけりこの句をメールに添付

樽柿や少し渋きも喰ふべくこの句をメールに添付

渋柿の庄屋と申し人悪きこの句をメールに添付

黄菊白菊柿赤くして渋しこの句をメールに添付

小祭や柿売る店の柿の皮この句をメールに添付

奈良の宿御所柿くへば鹿が鳴くこの句をメールに添付

書に倦みて燈下に柿をむく半夜この句をメールに添付

山本にかたよる柿の小村哉この句をメールに添付

古跡見んと車してよぎる柿の村この句をメールに添付

痢病ありて会議催す柿の村この句をメールに添付

渋柿や猪隣村へ来るこの句をメールに添付

米櫃や米にたくはふ柿一つこの句をメールに添付

露月国手を嘲る

渋柿は馬鹿の薬になるまいかこの句をメールに添付

鶏頭高くのび渋柿低く垂るこの句をメールに添付

明治30年

門口に棉干す家や柿もみちこの句をメールに添付

柿に来る烏逐ふなるお僧哉この句をメールに添付

くひさしの柿捨てゝある縄手道この句をメールに添付

柿の木に烏のおどし反古なりこの句をメールに添付

干柿に蜻蛉飛行く西日かなこの句をメールに添付

柿の皮を掃きつ床几を置かへつこの句をメールに添付

寺紅葉京の柿売は女なりこの句をメールに添付

柿多き村に出でけり西の京この句をメールに添付

柿くふて腹痛み出す旅籠哉この句をメールに添付

累〃と渋柿たるゝ塀の上この句をメールに添付

柿買の裏門覗く屋敷かなこの句をメールに添付

つりかねといふ柿をもらひて

つり鐘の蔕のところが渋かりきこの句をメールに添付

和尚病んで柿猶渋き恨哉この句をメールに添付

渋柿や高尾の紅葉猶早しこの句をメールに添付

禅寺の渋柿くへば渋かりきこの句をメールに添付

講堂や渋柿くふた顔は誰この句をメールに添付

稍渋き仏の柿をもらひけりこの句をメールに添付

故郷や祭も過ぎて柿の味この句をメールに添付

愚庵より柿をおくられて

御仏に供へあまりの柿十五この句をメールに添付

柿に思ふ奈良の旅籠の下女の顔この句をメールに添付

ある日夜にかけて俳句函の底を叩きて

三千の俳句を閲し柿二つこの句をメールに添付

文売らん柿買ふ銭の足らぬ勝この句をメールに添付

自慰

柿くはゞや鬼の泣く詩を作らばやこの句をメールに添付

柿くふて鬼の泣く詩を作らばやこの句をメールに添付

樽柿の少し渋きをすてかねしこの句をメールに添付

我死にし後は

柿喰ヒの俳句好みしと伝ふべしこの句をメールに添付

明治31年

秋暮るゝ奈良の旅籠や柿の味この句をメールに添付

鳩吹や寺領の畑の柿林この句をメールに添付

鳥暗くや木陰の卓に柿を盛るこの句をメールに添付

淋しげに柿くふは碁を知らざらんこの句をメールに添付

元光院観月会

帰るさの柿を入れたる袂哉この句をメールに添付

枝柿の青きをもらふ土産哉この句をメールに添付

柿を呼ぶうしろの方の列車哉この句をメールに添付

枝柿を提げて汽車待つ田夫哉この句をメールに添付

明治32年

講武所

柿店の前を過行く夜寒哉この句をメールに添付

宿取りて淋しき宵や柿を喰ふこの句をメールに添付

我境涯

句を閲すラムプの下や柿二つこの句をメールに添付

自ら自らの手を写して

樽柿を握るところを写生哉この句をメールに添付

大なるやはらかき柿を好みけりこの句をメールに添付

我好の柿をくはれぬ病哉この句をメールに添付

柿店に馬繋ぎたる騎兵哉この句をメールに添付

渋柿の木蔭に遊ぶ童哉この句をメールに添付

風呂敷をほどけば柿のころげゝりこの句をメールに添付

柿を入れし帽子小脇にかゝへけりこの句をメールに添付

停車場に柿売る柿の名所かなこの句をメールに添付

酔さめや戸棚を探る柿二つこの句をメールに添付

干柿や湯殿のうしろ納屋の前この句をメールに添付

初なりの柿を仏にそなへけりこの句をメールに添付

胃痛〔八句〕

胃を病んで柿をくはれぬいさめ哉この句をメールに添付

側に柿くふ人を恨みけりこの句をメールに添付

柿もくはて随問随答を草しけりこの句をメールに添付

柿あまたくひけるよりの病哉この句をメールに添付

柿くはぬ病に柿をもらひけりこの句をメールに添付

柿くはぬ腹にまぐろのうまさ哉この句をメールに添付

癒えんとして柿くはれぬそ小淋しきこの句をメールに添付

明治33年

野の茶屋に柿買ふて遠く歩きけりこの句をメールに添付

柿蜜柑園遊会の用意哉この句をメールに添付

柿をもらひ柿の一句を報いけりこの句をメールに添付

明治34年

〔きざ柿の御礼に〕

柿くふも今年ばかりと思ひけりこの句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

新東京方眼図

何でも載っているのがイイ地図だろうか…

Tokyo map in English

Tokyo City Maps

東京のプロフィール

東京都市情報、交通案内、3分間観光案内