サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

 〔俳句稿以後〕 明治34年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治34年

冬 時候

竹村黄塔「吾寒園」の一篇を残して二月一日といふに此世を去りければ

寒園に梅咲く春も待ちあへず

冬雑〔五句〕

朝な朝な粥くふ冬となりにけり

小百姓冬物買ひに出たりけり

新しき銭湯出来つ冬の町

物の寂猿蓑冬にはじまりぬ

菓物に乏しくもあらず冬の庵

冬 人事

薬喰〔三句〕

蘭学の書生なりけり薬喰

利目あらん利目なからん薬喰

乾鮭にわびし日頃や薬喰

紙衣

絹布著て上に紙衣の羽織かな

胼胝、皹、霜やけ〔三句〕

皸や母の看護の二十年

皸や貧に育ちし姉娘

霜やけの手より熬豆こぼしけり

霜掩ひ〔三句〕

霜よけの俵破れし霰かな

舶来の大事の木なり霜掩ひ

小松菜に霜よけしたる畠かな

煮凍〔三句〕

煮凍の出来るも嬉し新世帯

煮凍や北に向きたる台所

煮凍につめたき腹や酒の燗

橇、雪沓〔四句〕

雪沓も脱がで爐辺の話かな

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…