サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

 〔俳句稿以後〕 明治35年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治35年

初めの冬 時候

霜夜

不忍の鴨寝静まる霜夜かな

小春〔二句〕

毛布著て毛布買ひ居る小春かな

色さめし造り花売る小春かな

初めの冬人事

袴著

袴著や八幡宮の氏子だち

埋火〔三句〕

埋火や青墓道の一軒家

埋火や火を警むる秣小屋

埋火や掻きさがしたる後の夢

煖爐タクヤ雪紛々トシテガラス窓

鮟鱇〔十句〕

老妻の火を吹く顔や鮟鱇鍋

小鍋立借問す河豚か鮟鱇か

君を呼ぶ内證話や鮟鱇汁

鮟鱇ありと答へて鍋の仕度かな

鮟鱇の口あけて居る霰かな

売れ残る鮟鱇買へと勧めけり

寒き夜や家に帰れば鮟鱇汁

鮟鱇鍋女房に酒をすゝめけり

傾城を買ひに往く夜鮟鱇鍋

風邪引の夜著打ちかぶり鮟鱇汁

初めの冬 地理

病床口吟室外〔六句〕

蕾つく梅の苗木や霜柱

朝霜に青き物なき小庭哉

前のページへ 001 002 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…