サイト内検索

基本情報 索引 データ 明治29年の子規 有名な句

寒山落木巻五

基本情報

収載期間 明治29年
収載句数 2994句
収載句実数 注1 (3003句)
抹消句数 7句
拾遺句数 51句
収載句総文字数 37593文字
1句平均文字数 12.52文字
寒山落木 巻五 季節別句数グラフ

季節別句数 注2

新年の句 27句 春の句 653句
夏の句 915句 秋の句 926句
冬の句 473句

1句当たりの文字数の分布 (縦軸 文字数、横軸 句数)

寒山落木 巻五 1句当たりの文字数グラフ

注1 収載句実数とは当ウェブマガジンに収載の句数となります。

注2 集計には収載句数を使用。

寒山落木 巻五 明治29年 索引

寒山落木五、全2994句(3003句)を掲載。

新年の句(句数 27句)
春の句(句数 657句)
夏の句(句数 915句)
秋の句(句数 930句)
冬の句(句数 474句)

その他のデータ

寒山落木巻五の俳句集収載数・収載率・占有率

句集名収載数収載率占有率
寒山落木抄 (注 894句)2句0.07%0.22%
獺祭書屋俳句帖抄 (745句)315句10.49%42.28%
子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子選)[1217句]271句9.02%22.27%
子規句集(高浜虚子選)[2306句]266句8.86%11.54%
春夏秋冬 (449句)83句2.76%18.49%

注 寒山落木抄の945句のなかには抹消句等が含まれています。『894句』という句数はそれらを除いた数字になっています。

寒山落木巻五の切れ字十八字

第三句句末の出現率寒山落木巻五の切れ字十八字 第三句句末の出現率

切れ字十八字の内訳(第三句句末)

かなもがならんけり
61.3%0.0%9.7%0.2%1.4%0.8%0.9%17.1%1.4%
いかに
0.4%1.4%0.1%1.7%0.7%2.4%0.4%0.0%0.0%

寒山落木巻五 色(注3)が含まれる句数

色が句に含まれる率寒山落木巻五 七色が句に含まれる率

色の内訳(七色)

黄色
56句51句8句10句92句19句0句
赤が含まれる句青が含まれる句緑が含まれる句黒が含まれる句白が含まれる句黄色が含まれる句紫が含まれる句

注3 以下の七色が含まれる句を集計。赤、青、緑、黒、白、黄色、紫。

明治29年の正岡子規

(1896年 子規30歳)

4月 「松蘿玉液」の連載を新聞「日本」で開始

明治29年の新聞「日本」(1月1日号を掲載)

注 画像をクリックするとそれぞれの紙面のページに移動します。

新聞「日本」 明治29年1月1日号 1面

注 特に断りがない場合は、このページに記載される集計には当ウェブマガジンの収載句数を使用しています。

寒山落木 巻四のページへ 俳句稿 明治30年のページへ

子規自筆の原稿へ

寒山落木五表紙 正岡子規自筆本

データ
寒山落木 巻五
明治29年
正岡子規自筆本
国立国会図書館蔵

縦書きで読む子規
寒山落木 巻五

子規全集一巻 アルス版

子規全集一巻 改造社版

寒山落木五 有名な句

この句の詳しいデータ をクリックするとページを移動し、句のデータを確認することができます。

明治29年の有名な句

新年の句

三十而立と古の人もいはれけん

今年はと思ふことなきにしもあらず「今年はと思ふことなきにしもあらず」この句の詳しいデータ

春の句

赤飯の湯気あたゝかに野の小店「赤飯の湯気あたゝかに野の小店」この句の詳しいデータ

低き木に鳶の下り居る春日かな「低き木に鳶の下り居る春日かな」この句の詳しいデータ

朧夜や悪い宿屋を立ち出づる「朧夜や悪い宿屋を立ち出づる」この句の詳しいデータ

行く春やほうほうとして蓬原「行く春やほうほうとして蓬原」この句の詳しいデータ

紙あます日記も春のなごり哉「紙あます日記も春のなごり哉」この句の詳しいデータ

郷里の風俗におなぐさみといふことあり春暖のころにもなればさゝえ重箱など携へて親族友だちさそひ合せ石手川の堤吉敷の土手其他思ひ思ひの処に遊び女子供は鬼事摘草に興を尽し老いたるは酒のみながら鬼事にかけまはる女子供を見てうちゑむめり

なぐさみや花はなけれど松葉関「なぐさみや花はなけれど松葉関」この句の詳しいデータ

牡丹餅の昼夜を分つ彼岸哉「牡丹餅の昼夜を分つ彼岸哉」この句の詳しいデータ

大凧に近よる鳶もなかりけり「大凧に近よる鳶もなかりけり」この句の詳しいデータ

春風にこぼれて赤し歯磨粉「春風にこぼれて赤し歯磨粉」この句の詳しいデータ

欄間には二十五菩薩春の風「欄間には二十五菩薩春の風」この句の詳しいデータ

上市は灯をともしけり夕霞「上市は灯をともしけり夕霞」この句の詳しいデータ

畑見ゆる杉垣低し春の雨「畑見ゆる杉垣低し春の雨」この句の詳しいデータ

風呂の蓋取るやほつほつ春の雨「風呂の蓋取るやほつほつ春の雨」この句の詳しいデータ

春雨や金箔はげし粟田御所「春雨や金箔はげし粟田御所」この句の詳しいデータ

春雨や傘高低に渡し舟「春雨や傘高低に渡し舟」この句の詳しいデータ

紅緑に贈る

鶯や垣をへだてゝ君と我「鶯や垣をへだてゝ君と我」この句の詳しいデータ

日光の向ふ上りに燕かな「日光の向ふ上りに燕かな」この句の詳しいデータ

送別

燕のうしろも向かぬ別れ哉「燕のうしろも向かぬ別れ哉」この句の詳しいデータ

崖急に梅ことごとく斜なり「崖急に梅ことごとく斜なり」この句の詳しいデータ

菅笠に題す

此上に落花つもれと思ふかな「此上に落花つもれと思ふかな」この句の詳しいデータ

松山十六日桜

うそのやうな十六日桜咲きにけり「うそのやうな十六日桜咲きにけり」この句の詳しいデータ

連翹に一閑張の机かな「連翹に一閑張の机かな」この句の詳しいデータ

夏の句

信者五六人花輪かけたる棺涼し「信者五六人花輪かけたる棺涼し」この句の詳しいデータ

平内のぐるりに暑し小平内「平内のぐるりに暑し小平内」この句の詳しいデータ

月赤し雨乞踊見に行かん「月赤し雨乞踊見に行かん」この句の詳しいデータ

おこし絵に灯をともしけり夕涼「おこし絵に灯をともしけり夕涼」この句の詳しいデータ

小川氏大学を卒へて帰国するよし聞きて申遣す

十年の汗を道後の温泉に洗へ「十年の汗を道後の温泉に洗へ」この句の詳しいデータ

孔明賛

羽団扇に又孟獲を見る日かな「羽団扇に又孟獲を見る日かな」この句の詳しいデータ

早鮓や東海の魚背戸の蓼「早鮓や東海の魚背戸の蓼」この句の詳しいデータ

われに法あり君をもてなすもぶり鮓「われに法あり君をもてなすもぶり鮓」この句の詳しいデータ

夏嵐机上の白紙飛び盡す「夏嵐机上の白紙飛び盡す」この句の詳しいデータ

ひらひらと蛾の飛ぶ藪の小道哉「ひらひらと蛾の飛ぶ藪の小道哉」この句の詳しいデータ

下闇や蛇を彫りたる蛇の塚「下闇や蛇を彫りたる蛇の塚」この句の詳しいデータ

花桐の琴屋を待てば下駄屋哉「花桐の琴屋を待てば下駄屋哉」この句の詳しいデータ

美服して牡丹に婚びる心あり「美服して牡丹に婚びる心あり」この句の詳しいデータ

藻の花や水ゆるやかに手長鰕「藻の花や水ゆるやかに手長鰕」この句の詳しいデータ

藻の花に鷺彳んで昼永し「藻の花に鷺彳んで昼永し」この句の詳しいデータ

昼顔や安達太郎雨を催さず「昼顔や安達太郎雨を催さず」この句の詳しいデータ

夕暮やかならず麻の一嵐「夕暮やかならず麻の一嵐」この句の詳しいデータ

秋の句

やゝ寒みちりけ打たする温泉哉「やゝ寒みちりけ打たする温泉哉」この句の詳しいデータ

青瓢に矢を貫きたるかたに

松明に落武者探す夜寒かな「松明に落武者探す夜寒かな」この句の詳しいデータ

山門をぎいと鎖すや秋の暮「山門をぎいと鎖すや秋の暮」この句の詳しいデータ

長き夜や千年の後を考へる「長き夜や千年の後を考へる」この句の詳しいデータ

長き夜や孔明死する三国志「長き夜や孔明死する三国志」この句の詳しいデータ

行く秋の鐘つき料を取りに来る「行く秋の鐘つき料を取りに来る」この句の詳しいデータ

秋晴れてものゝ煙の空に入る「秋晴れてものゝ煙の空に入る」この句の詳しいデータ

砂の如き雲流れ行く朝の秋「砂の如き雲流れ行く朝の秋」この句の詳しいデータ

十年の硯洗ふこともなかりけり「十年の硯洗ふこともなかりけり」この句の詳しいデータ

相撲取小き妻を持ちてけり「相撲取小き妻を持ちてけり」この句の詳しいデータ

小博奕にまけて戻れば砧かな「小博奕にまけて戻れば砧かな」この句の詳しいデータ

草の露馬も夜討の支度かな「草の露馬も夜討の支度かな」この句の詳しいデータ

銀杏の青葉吹き散る野分哉「銀杏の青葉吹き散る野分哉」この句の詳しいデータ

塀こけて家あらはなる野分哉「塀こけて家あらはなる野分哉」この句の詳しいデータ

心細く野分のつのる日暮かな「心細く野分のつのる日暮かな」この句の詳しいデータ

この野分さらにやむべくもなかりけり「この野分さらにやむべくもなかりけり」この句の詳しいデータ

野分して上野の鳶の庭に来る「野分して上野の鳶の庭に来る」この句の詳しいデータ

野分の夜書読む心定まらず「野分の夜書読む心定まらず」この句の詳しいデータ

大水の引て雨なし秋の空「大水の引て雨なし秋の空」この句の詳しいデータ

翡翠の来らずなりぬ秋の水「翡翠の来らずなりぬ秋の水」この句の詳しいデータ

七浦の夕雲赤し鰯引「七浦の夕雲赤し鰯引」この句の詳しいデータ

一夜二夜秋の蚊居らずなりにけり「一夜二夜秋の蚊居らずなりにけり」この句の詳しいデータ

稲刈りてにぶくなりたる螽かな「稲刈りてにぶくなりたる螽かな」この句の詳しいデータ

幕吹いて伶人見ゆる紅葉哉「幕吹いて伶人見ゆる紅葉哉」この句の詳しいデータ

仏へと梨十ばかりもらひけり「仏へと梨十ばかりもらひけり」この句の詳しいデータ

碧梧桐深大寺の栗を携へ来る

いがながら栗くれる人の誠哉「いがながら栗くれる人の誠哉」この句の詳しいデータ

榎の実散る此頃うとし隣の子「榎の実散る此頃うとし隣の子」この句の詳しいデータ

我ねぶり彼なめる柚味噌一つ哉「我ねぶり彼なめる柚味噌一つ哉」この句の詳しいデータ

柿くふや道灌山の婆が茶屋「柿くふや道灌山の婆が茶屋」この句の詳しいデータ

露月国手を嘲る

渋柿は馬鹿の薬になるまいか「渋柿は馬鹿の薬になるまいか」この句の詳しいデータ

芋の子や籠の目あらみころげ落つ「芋の子や籠の目あらみころげ落つ」この句の詳しいデータ

三日月の頃より肥ゆる子芋哉「三日月の頃より肥ゆる子芋哉」この句の詳しいデータ

読小説

其はてが萩と薄の心中かな「其はてが萩と薄の心中かな」この句の詳しいデータ

冬の句

売り出しの旗や小春の広小路「売り出しの旗や小春の広小路」この句の詳しいデータ

冬されや狐もくはぬ小豆飯「冬されや狐もくはぬ小豆飯」この句の詳しいデータ

靴凍てゝ墨塗るべくもあらぬ哉「靴凍てゝ墨塗るべくもあらぬ哉」この句の詳しいデータ

煎餅干す日影短し冬の町「煎餅干す日影短し冬の町」この句の詳しいデータ

老僧の爪の長さよ冬籠「老僧の爪の長さよ冬籠」この句の詳しいデータ

病中

詩腸枯れて病骨を護す蒲団哉「詩腸枯れて病骨を護す蒲団哉」この句の詳しいデータ

冷え盡す湯婆に足をちゞめけり「冷え盡す湯婆に足をちゞめけり」この句の詳しいデータ

目さむるや湯婆わつかに暖き「目さむるや湯婆わつかに暖き」この句の詳しいデータ

碧梧桐のわれをいたはる湯婆哉「碧梧桐のわれをいたはる湯婆哉」この句の詳しいデータ

芭蕉忌に芭蕉の像もなかりけり「芭蕉忌に芭蕉の像もなかりけり」この句の詳しいデータ

年忘橙剥いて酒酌まん「年忘橙剥いて酒酌まん」この句の詳しいデータ

鶴の羽の抜けて残りぬ力草「鶴の羽の抜けて残りぬ力草」この句の詳しいデータ

風呂吹や小窓を壓す雪曇「風呂吹や小窓を壓す雪曇」この句の詳しいデータ

明月和尚百年忌

風呂吹を喰ひに浮世へ百年目「風呂吹を喰ひに浮世へ百年目」この句の詳しいデータ

夕烏一羽おくれてしぐれけり「夕烏一羽おくれてしぐれけり」この句の詳しいデータ

烏鳶をかへり見て曰くしぐれんか「烏鳶をかへり見て曰くしぐれんか」この句の詳しいデータ

病中二句

しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上「しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上」この句の詳しいデータ

小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん「小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん」この句の詳しいデータ

愚庵和尚に寄す

凩の浄林の釜恙なきや「凩の浄林の釜恙なきや」この句の詳しいデータ

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ「鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ」この句の詳しいデータ

南天に雪吹きつけて雀鳴く「南天に雪吹きつけて雀鳴く」この句の詳しいデータ

いくたびも雪の深さを尋ねけり「いくたびも雪の深さを尋ねけり」この句の詳しいデータ

雪女旅人雪に埋れけり「雪女旅人雪に埋れけり」この句の詳しいデータ

棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり「棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり」この句の詳しいデータ

わらんべの犬抱いて行く枯野哉「わらんべの犬抱いて行く枯野哉」この句の詳しいデータ

冬川や家鴨四五羽に足らぬ水「冬川や家鴨四五羽に足らぬ水」この句の詳しいデータ

鴛鴛の向ひあふたり並んだり「鴛鴛の向ひあふたり並んだり」この句の詳しいデータ

草菴

菜屑など散らかしておけば鷦鷯「菜屑など散らかしておけば鷦鷯」この句の詳しいデータ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。
それぞれの句が掲載されている句集等は、句の横にある「データ」アイコンをクリックして確認することができます。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…