サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

冬 時候

汐引いて棒杭寒き入江かな

此歳暮易の面も党束なし

戸をあけて愛す小春の小山哉

四十にて子におくれたる寒さ哉

虚吼子より贈られて

冬されの厨に京の柚味噌あり

冬されの小村を行けば犬吠ゆる

皇太后陛下御病気

この寒さ神だちも看とり参らせよ

人住まぬ別荘寒し樫木原

よらで過ぐる京の飛脚や年の暮

皇太后陛下崩御十句

御灯青く通夜の公卿衆の顔寒き

召したまふ御声もなくて寒き夜や

世の中のひつそりとなる寒さ哉

崩御遊ばさる其夜星落ち雲こほる

御船前に真榊隠れ灯の寒き

平民の御悔み申す寒さ哉

御停止や鳥啼いて昼の鍾こほる

涙さへ盡きて余りの寒さかな

女房泣く声冴えて御所の夜更けたり

物部の手に剣寒し喪のしるし

蜻蛉の地蔵なぶるや小春の野

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…