サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

冬 時候

焼跡に小屋かけて居る寒さ哉

牢を出て再び寒し娑婆の風

月の雲ちぎれて飛びし寒哉

亡き犬に犬小屋覗く寒さ哉

亡き人のまほろし寒し化粧の間

祝新婚

寒き夜を猶むつまじく契るべし

題猿図〔二句〕

飼猿よこの頃木曽の月寒し

人間を笑ふが如し年の暮

背戸の外は日本海の波寒し

背戸寒く日本海に向ひけり

北の窓日本海を塞ぎけり

冬の宿狼聞て温泉のぬるき

熊に似て熊の皮著る穴の冬

桜画く冬の扇や物狂

灯を置かぬ狂女が部屋の寒哉

行く年の御幸を拝む狂女哉

一念の狂女となりぬ寒き恋

繙いて冬の部に入る井華集

病中小照自題

写し見る鏡中の人吾寒し

知らぬ人に道譲りたる寒哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…