サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

冬 時候

廓出て仕置場を行く寒哉

行き馴れし墓の小道や杉寒し

甲板に出て星を見る寒哉

寒き夜や妹か門辺の饂飩売

片側は海はつとして寒さ哉

松山の城を見おろす寒哉

襟寒き絹の蒲団や銀襖

みとりする人は皆寝て寒哉

大船の中を漕ぎ出し寒哉

道凍てはだし詣の通りけり

北庭の枯草もなく凍し哉

枯菊や凍たる土に立ち盡す

頬凍て子の帰り来る夕餉哉

駅遠く月氷る野を急ぎけり

宿りそこね月氷る野を急ぎけり

星満つる胡の空や角こほる

隠居して芝居に行や寒の内

白石の墓もつめたき無縁哉

住みなれて冬の蜆や向島

深川は埋地の多き寒さ哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…