サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治33年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治33年

冬 時候

寒き夜の銭湯遠き場末哉

浅井氏の洋行を送る

先生のお留守寒しや上根岸

香墨台湾へ行に二句

袷著て花さく冬を羨みぬ

冬の季にやゝ暑してふ題あらん

凍筆をホヤにかざして焦しけり

筆ちびてかすれし冬の日記哉

顔包む襟巻解けて寒さ哉

泥舟の二つ並んで川寒し

頬腫の鏡にうつる寒さ哉

蕪村遺稿刻成

冬の部に河豚の句多き句集哉

髯のある雑兵ともや冬の陣

冬人事

鼠取の薬買ひけり冬籠

人を噛む鼠出でけり夜半の冬

人を噛む鼠出でけり薄蒲団

鼠追ふて餅盗みくる火鉢哉

寒垢離や両国渡る鈴の音

寒垢離の我影はしる月夜かな

やき芋の皮をふるひし毛布哉

毛布著て机の下の鼾哉

蕪村忌に蕪村の軸もなかりけり

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…