サイト内検索
 

旅のパラメーター

イントロダクション

 今年の年末年始旅行に行った人も行かなかった人も、今年の年間旅行計画は出来ているだろうか。
 今年一年の間に出掛けたいディスティネーション(旅行先)を紙に書き出してみよう。実現性にあまりこだわらず大らかに書いてみよう。正月らしく『書き初め』にしてみるのもイイ。次に、3年以内に出掛けたいディスティネーションを紙に書き出してみる。さらに、10年以内に出掛けたいディスティネーション。
 日本国内に限れば1年、3年、10年以内に出掛けたいディスティネーションに大きな違いはないのではないだろうか。書き出されたのは『東京』、『京都』、『北海道』、『沖縄』や有名温泉地といったところだろうか。旅についての目的意識が強く、旅についてのある種自分なりのビジョンを持っている読者は、書ききれないほどのディスティネーションや同時に書き込まれるであろう訪ねる季節を含めた細かなシチュエーションで紙は埋まっただろうか。ところで、そんな読者を含め、自分が選んだディスティネーションの源泉はどこにあるのだろうか。良くも悪くも何らかのメディアによるインプットの結果またはその影響を強く受けているのではないだろうか。

 そんなメディアによる『旅』情報で一つ気になる傾向がある。有名観光地とその他大勢の扱いの違いだ。具体的には、『各駅停車ローカル線途中下車の旅』、『路線バスで行く旅』などのテレビ番組に見られる有名観光地以外は流れ去る車窓の景色として切り捨てる傾向だ。ディスティネーションではなく移動する途中の景色の一部という扱い。そんな番組で取り上げられる場所の役割は「メジャーな場所ではない。」ということだけ。内容も行き当たりばったり。万が一、テロップの地名が間違っていても一般視聴者には何の不都合も生じない。一見、マイナーな土地の良さを伝えることをテーマにしているようだが、実際の効果は『有名観光地以外は目的地にはなりえない。』という逆向きのベクトルとなってしまっている。

ひとりディスティネーションキャンペーンの開催

 今年は、そんなメディアの影響を離れて出掛けたいディスティネーションを設定してみるのはどうだろうか。ディスティネーションを設定するシュールなツール(下の47個のボタン)ともう一つ(自分で作る47都道府県ランキング)、2つのツールを用意してみた。

2010 ひとりディスティネーションキャンペーン設定ツール

使い方
「1」から「47」までの頭に浮かんだ数字を一つ選んでクリック。表示されたページの都道府県が、あなたにとっての今年の『ひとりディスティネーションキャンペーン都道府県』。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47

今年のあなたのディスティネーションは…

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…

正岡子規 俳句