サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治廿四年 冬

鐘つきはさびしがらせたあとさびし

人之性善

濁り井の氷に泥はなかりけり

木枯や木はみな落ちて壁の骨

小烏の鳶なぶりゐる小春哉

(はせを忌)*

頭巾きて老とよばれん初しくれ

三日月を相手にあるく枯野哉

秋ちらほら野菊にのこる枯野哉

冬かれや田舎娘のうつくしき

夕日負ふ六部背高き枯野哉

埋火や隣の咄聞てゐる

雲助の睾丸黒き榾火哉

小春日や浅間の煙ゆれ上る

木枯やあら緒くひこむ菅の笠

順礼の笠を霰のはしりかな

松山百穴

神の代はかくやありけん冬籠

笹の葉のみだれ具合や雪模様

しばらくは笹も動かず雪模様

冬 動物

水鳥の四五羽は出たり枯尾花

枯あしの折れこむ舟や石たたき

鴨ねるや舟に折れこむ枯尾花

前のページへ 001 002 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…