サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木三

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治27年

初めの冬

寒 かん

のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉

狐火の潮水にうつる寒さ哉

天暗うして大仏の眼の寒哉

人一人二人寒しや大広間

古城の石かけ崩す寒さ哉

むさゝびの石弓渡る寒さ哉

星落ちて石となる夜の寒さ哉

吉原の裏道寒し卵塔場

日のあたる石にさはればつめたさよ

演劇夢結蝶に鳥追

大名をゆすりにかゝる寒さ哉

炭 すみ

炭売の休むか粉炭石の上

猿殿の小便くさしいぶり炭

火鉢 ひばち

古寺に火鉢大きし台處

傾城の足音更ける火鉢哉

とりまくや殿居する夜の大火鉢

湯婆 ゆたんぽ・たんぽ

大仏の麓に寝たる湯婆哉

埋火 いけび

おらが在所は埋火の名所哉

蒲団 ふとん

灯を消せば蒲団走るや大鼠

毛蒲団の上を走るや大鼠

髪置 かみおき

髪置や惣領の甚六にて候

前のページへ 001 002 003 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…