サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒し さむし

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 冬 時候  寒し さむし

寒し さむし 寒さ さむさ 寒気 かんき 寒威 かんい 寒冷 かんれい 寒苦 かんく 寒夜 かんや 寒暁 かんぎょう 寒月 かんげつ 寒河 かんこう 寒巌 かんがん 寒柝 かんたく 寒翠 かんすい 寒笛 かんてき

図説俳句大歳時記 冬 34ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 42ページ 愛蔵版 840ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬457ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治24年

売島痩せ孟郊寒し雪の梅この句をメールに添付

明治25年

夜著かたくからだにそはぬ寒さ哉この句をメールに添付

冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉この句をメールに添付

為朝のお宿と書し寒さ哉この句をメールに添付

御格子に切髪かくる寒さ哉この句をメールに添付

馬糞のいきり立たる寒さ哉この句をメールに添付

馬痩せて鹿に似る頃の寒さ哉この句をメールに添付

仰向けぬ入道畠の寒さ哉この句をメールに添付

冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉この句をメールに添付

明治26年

旃檀の実ばかりになる寒さ哉この句をメールに添付

媒にはしる鼬の寒さ哉この句をメールに添付

大名は牡丹のお間の寒さ哉この句をメールに添付

なきあとに妹が鏡の寒さ哉この句をメールに添付

けき然と牛解く音の寒さ哉この句をメールに添付

追剥の出るてふ松の寒さ哉この句をメールに添付

寝殿に蟇目の音の寒さ哉この句をメールに添付

うたゝねはさめて背筋の寒さ哉この句をメールに添付

大海のとりとめ難き寒さ哉この句をメールに添付

きぬきぬに念仏申す寒さ哉この句をメールに添付

うねうねと兀山寒し三河道この句をメールに添付

通されて子牛の穴の鼻寒しこの句をメールに添付

ほつちりと味噌皿寒し膳の上この句をメールに添付

旭のうつる河岸裏寒し角田川この句をメールに添付

風吹て鈴鹿は寒し神送この句をメールに添付

熱田

むら雲の剣を拝む寒さ哉この句をメールに添付

雅俊不犯の鐘うたせたる事を

鐘うてば不犯とひゞく寒さ哉この句をメールに添付

飄亭出営

三年の洋服ぬぎし寒さ哉この句をメールに添付

神戸の錬卿に寄す

思ひやる都のあとの寒さ哉この句をメールに添付

百鬼夜行の図

一ッ目も三ッ目も光る寒さ哉この句をメールに添付

一年の夢さめかゝる寒さかなこの句をメールに添付

寒さうに母の寝給ふ蒲団哉この句をメールに添付

たふとさに寒し神楽の舞少女この句をメールに添付

犬吠て枯野の伽藍月寒しこの句をメールに添付

月寒し木葉衣を風わたるこの句をメールに添付

白葱の一皿寒し牛の肉この句をメールに添付

明治27年

のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉この句をメールに添付

狐火の潮水にうつる寒さ哉この句をメールに添付

人一人二人寒しや大広間この句をメールに添付

古城の石かけ崩す寒さ哉この句をメールに添付

むさゝびの石弓渡る寒さ哉この句をメールに添付

星落ちて石となる夜の寒さ哉この句をメールに添付

吉原の裏道寒し卵塔場この句をメールに添付

演劇夢結蝶に鳥追

大名をゆすりにかゝる寒さ哉この句をメールに添付

朝日さす材木河岸の寒さかなこの句をメールに添付

大船の干潟にすわる寒さかなこの句をメールに添付

傾城を舟へ呼ぶ夜の寒さかなこの句をメールに添付

筑波嶺に顔そむけたる寒さかなこの句をメールに添付

薪舟の関宿下る寒さかなこの句をメールに添付

紙燭消えて安房の灯見ゆる寒さかなこの句をメールに添付

古辻に郵便箱の寒さかなこの句をメールに添付

森の上に富士見つけたる寒さかなこの句をメールに添付

此頃の富士大きなる寒さかなこの句をメールに添付

藁屋根に鮑のからの寒さかなこの句をメールに添付

花もなし柩ばかりの寒さかなこの句をメールに添付

新田に家建ちかゝる寒さかなこの句をメールに添付

星こぼす天の河原の寒さかなこの句をメールに添付

星絶えず飛んであら野の寒さかなこの句をメールに添付

野の中にー本杉の寒さかなこの句をメールに添付

物もなき神殿寒し大々鼓この句をメールに添付

足もとに寒し大きな月一つこの句をメールに添付

新阪

仏でもなうて焚かれぬ寒さかなこの句をメールに添付

燃料になるべき仏さへもたねば

目の前に顔のちらつく寒さかなこの句をメールに添付

亡友の墓にまうでゝ

名處は冬菜の肥ゆる寒さかなこの句をメールに添付

納豆汁腹あたゝかに風寒しこの句をメールに添付

信州の寒さを思ふ蕎麦湯哉この句をメールに添付

明治28年

大名の通つてあとの寒さ哉この句をメールに添付

くらがりの人に逢ふたる寒さ哉この句をメールに添付

薔薇の花の此頃絶えし寒さ哉この句をメールに添付

水音の枕に落つる寒さ哉この句をメールに添付

木のあひに星のきらつく寒さ哉この句をメールに添付

野を行けば乞食の鉦の寒さ哉この句をメールに添付

山風にほうと立つたる寒さ哉この句をメールに添付

はつきりと富士の見えたる寒さ哉この句をメールに添付

旅籠屋の我につれなき寒さ哉この句をメールに添付

なまじひに人に逢ふ夜の寒さ哉この句をメールに添付

塀越に狐火見ゆる寒さ哉この句をメールに添付

雨晴れて風〃凪いで寒さ哉この句をメールに添付

母病んで粥をたく子の寒さ哉この句をメールに添付

庭の月昼のやうなる寒さ哉この句をメールに添付

見上げたる高石かけの寒さ哉この句をメールに添付

薄暗き穴八幡の寒さ哉この句をメールに添付

又例の羅漢の軸の寒さ哉この句をメールに添付

舟ばたに海のぞきたる寒さ哉この句をメールに添付

谷のぞく十綱の橋の寒さ哉この句をメールに添付

藤原の出口に寒し牢屋敷この句をメールに添付

雲なくて空の寒さよ小山越この句をメールに添付

囚人の頸筋寒し馬の上この句をメールに添付

仏焚いて仏壇寒し味噌の皿この句をメールに添付

寒さうに金魚の浮きし日向哉この句をメールに添付

この寒さ越後の人のなつかしきこの句をメールに添付

神田橋

石垣や松這ひ出でゝ水寒しこの句をメールに添付

鬼の画に

掛けられて汝に此世の風寒しこの句をメールに添付

壮士

肩を張り拳を握る寒さ哉この句をメールに添付

素香氏の北海道へ行くを送る

この寒さ北に向いたる別れ哉この句をメールに添付

われも軍隊歓迎会に招かれて

めでたさに袴つけたる寒さ哉この句をメールに添付

この寒さ君何地へか去らんとすこの句をメールに添付

狼烟見る人の寒さや城の上この句をメールに添付

昔記山川是今傷人代非

このたびは一人で通る寒さ哉この句をメールに添付

明治29年

牢を出て人の顔見る寒さ哉この句をメールに添付

出女のへりて目黒の寒さ哉この句をメールに添付

半焼の家に人住む寒さ哉この句をメールに添付

六十にして洗礼受くる寒さ哉この句をメールに添付

念仏に紛らして居る寒さ哉この句をメールに添付

水涸れて橋行く人の寒さ哉この句をメールに添付

刀売つて土手八町の寒さ哉この句をメールに添付

くらがりに大仏見ゆる寒さ哉この句をメールに添付

古刀人の味知る寒さ哉この句をメールに添付

山城に睨まれて居る寒さ哉この句をメールに添付

江に向いて一膳飯の店寒しこの句をメールに添付

川上も川下もばつとして寒しこの句をメールに添付

故里の入口寒し乱塔場この句をメールに添付

月近く覗いて寒し山の寺この句をメールに添付

客稀に大丸寒し釜の湯気この句をメールに添付

瀧涸れて日向に寒し不動尊この句をメールに添付

堂寒し羅漢五百の眼の光この句をメールに添付

狼の糞見て寒し白根越この句をメールに添付

山寒し樵夫一人下りて行くこの句をメールに添付

吉原

寒さうに皆きぬきぬの顔許りこの句をメールに添付

荊軻

再びは帰らぬ道の寒さかなこの句をメールに添付

病中

寒さうに夜伽の人の假寝哉この句をメールに添付

開花樓に琵琶を聴く 二句

蝋燭の泪を流す寒さ哉この句をメールに添付

明治30年

四十にて子におくれたる寒さ哉この句をメールに添付

皇太后陛下御病気

この寒さ神だちも看とり参らせよこの句をメールに添付

人住まぬ別荘寒し樫木原この句をメールに添付

世の中のひつそりとなる寒さ哉この句をメールに添付

平民の御悔み申す寒さ哉この句をメールに添付

涙さへ盡きて余りの寒さかなこの句をメールに添付

物部の手に剣寒し喪のしるしこの句をメールに添付

出家せんとして寺を思へば寒さ哉この句をメールに添付

碧梧桐天然痘にかゝりて入院せるに遣す

寒からう痒からう人に逢ひたからうこの句をメールに添付

大赦

赦されて囚人薄き衣寒しこの句をメールに添付

雲もなき不二見て寒し江戸の町この句をメールに添付

毒龍を静めて淵の色寒しこの句をメールに添付

叡山

将門の都睨みし山寒しこの句をメールに添付

焼跡の柱焦げて立つ寒さ哉この句をメールに添付

新宅の柱巻きある寒さ哉この句をメールに添付

武蔵野の明星寒し葱畑この句をメールに添付

明治31年

焼跡に小屋かけて居る寒さ哉この句をメールに添付

牢を出て再び寒し娑婆の風この句をメールに添付

亡き犬に犬小屋覗く寒さ哉この句をメールに添付

亡き人のまほろし寒し化粧の間この句をメールに添付

題猿図〔二句〕

飼猿よこの頃木曽の月寒しこの句をメールに添付

背戸の外は日本海の波寒しこの句をメールに添付

病中小照自題

写し見る鏡中の人吾寒しこの句をメールに添付

蕎麦屋出て永阪上る寒さ哉この句をメールに添付

床の間に櫁の青き寒さ哉この句をメールに添付

松寒し樓門兀て矢大臣この句をメールに添付

明治32年

行き馴れし墓の小道や杉寒しこの句をメールに添付

片側は海はつとして寒さ哉この句をメールに添付

大船の中を漕ぎ出し寒哉この句をメールに添付

深川は埋地の多き寒さ哉この句をメールに添付

寒さうな外の草木やガラス窓この句をメールに添付

明治33年

浅井氏の洋行を送る

先生のお留守寒しや上根岸この句をメールに添付

顔包む襟巻解けて寒さ哉この句をメールに添付

頬腫の鏡にうつる寒さ哉この句をメールに添付

泥舟の二つ並んで川寒しこの句をメールに添付

明治34年

家めぐる冬田の水の寒さかなこの句をメールに添付

明治35年

清潭の居る山寒し獅子の声この句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…