サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

雪 ゆき

季語・季題検索 冬 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 詳しいデータを表示する

子規俳句 季語・季題検索 冬 天文 雪 ゆき

雪 ゆき 六花 むつのはな 不香花 ふかか 雪の花 ゆきのはな 銀花 ぎんか 雪空 ゆきぞら 雪明り ゆきあかり 雪の声 ゆきのこえ 雪煙 ゆきけむり 大雪 おおゆき 深雪 みゆき 小雪 こゆき 粉雪 こなゆき 細雪 ささめゆき 小米雪 こごめゆき 綿雪 わたゆき 牡丹雪 ぼたんゆき 白雪 しらゆき かたびら雪 かたびらゆき もち雪 もちゆき 餅雪 もちゆき 衾雪 ふすまゆき 明の雪 あけのゆき 朝の雪 あさのゆき 今朝の雪 けさのゆき 昼の雪 ひるのゆき 暮の雪 くれのゆき 宵の雪 よいのゆき 夜の雪 よるのゆき 雪の宿 ゆきのやど 新雪 しんせつ 凍雪 いてゆき 根雪 ねゆき 積雪 せきせつ 風雪 ふうせつ 雪華 せっか 雪片 せっぺん しまり雪 しまりゆき ざらめ雪 ざらめゆき 湿雪 しつせつ べと雪 べとゆき 雪紐 ゆきひも 筒雪 つつゆき 冠雪 かむりゆき 雪冠 ゆきかむり 雪庇 せっぴ 水雪 みずゆき しずり雪 しずりゆき しずり 雪気 ゆきげ 雪模様 ゆきもよう 雪暗 ゆきぐれ 雪風 ゆきかぜ 雪月夜 ゆきづきよ 雪景色 ゆきげしき 暮雪 ぼせつ 雪国 ゆきぐに

図説俳句大歳時記 冬 82ページ 角川書店
カラー版 新日本大歳時記 冬 69ページ 愛蔵版 863ページ 講談社

季語別 子規俳句集 冬480ページ 子規記念博物館

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治21年

雪よりも時雨にもろし冬牡丹この句をメールに添付

明治22年

雪の跡さては酒屋か豆腐屋かこの句をメールに添付

雪のある山も見えけり上り阪この句をメールに添付

明治23年

白雪をつんで小舟の流れけりこの句をメールに添付

明治24年

笹の葉のみだれ具合や雪模様この句をメールに添付

しばらくは笹も動かず雪模様この句をメールに添付

枯あしの雪をこほすやをしのはねこの句をメールに添付

売島痩せ孟郊寒し雪の梅この句をメールに添付

明治25年

一ッ葉の手柄見せけり雪の朝この句をメールに添付

雪の夜や蓑の人行く遠明りこの句をメールに添付

一里きて酒屋でふるふみのゝゆきこの句をメールに添付

雪の中うたひに似たる翁哉この句をメールに添付

静かさや雪にくれ行く淡路嶋この句をメールに添付

雪の日の隅田は青し都鳥この句をメールに添付

さらさらと竹に音あり夜の雪この句をメールに添付

白雪におされて月のぼやけ哉この句をメールに添付

鉢叩雪のふる夜をうかれけりこの句をメールに添付

雪の脚宝永山へかゝりけりこの句をメールに添付

白きもの又常盤なりふじの雪この句をメールに添付

赤煉瓦雪にならびし日比谷哉この句をメールに添付

灯の青うすいて奥あり薮の雪この句をメールに添付

むつかしき姿も見えず雪の松この句をメールに添付

くれ竹の雪ひつかつき伏しにけりこの句をメールに添付

ふらばふれ雪に鈴鹿の関こえんこの句をメールに添付

関守の雪に火を焼く鈴鹿哉この句をメールに添付

曙や都うもれて雪の底この句をメールに添付

鰒釣や沖はあやしき雪模様この句をメールに添付

明治26年

杉の雪一町奥に仁王門この句をメールに添付

雪の門叩けば酒の匂ひけりこの句をメールに添付

白雪の筆拾山に墨つけんこの句をメールに添付

雪の野にところところの藁屋哉この句をメールに添付

不忍池

嶋の雪弁天堂の破風赤しこの句をメールに添付

日頃烏の来て庵の屋根こつこつとつゝくに此雪ふりてよりたえて其音を聞かねば

屋根の雪鴉の觜のみじかさよこの句をメールに添付

灯ちらちら木の間に雪の家一つこの句をメールに添付

火やほしき漁村の雪に鳴く千鳥この句をメールに添付

松の雪ほたりほたりとをしい事この句をメールに添付

竹折れて雪は隣へこほしけりこの句をメールに添付

馬の尻雪吹きつけてあはれなりこの句をメールに添付

首入れて巨燵に雪を聞く夜哉この句をメールに添付

有明に雪つむ四條五條かなこの句をメールに添付

裏窓の雪に顔出す女かなこの句をメールに添付

ちろちろと夕餉たく火や笘の雪この句をメールに添付

面白や家はやかれて雪の旅この句をメールに添付

面白やかさなりあふて雪の傘この句をメールに添付

新潟

青みけり八千八水雪の中この句をメールに添付

わびしさや団爐裏に煮える榾の雪この句をメールに添付

根岸草庵 二句

我庵のものぞ上野の杉の雪この句をメールに添付

我菴や上野をかざす雪明りこの句をメールに添付

雪仏眼二つは黒かりしこの句をメールに添付

はしためが水かけてけり雪仏この句をメールに添付

雪仏われからにらみ崩れけりこの句をメールに添付

獺祭書屋

物は何凩の笠雪の蓑この句をメールに添付

風吹て雪なき空のもの凄しこの句をメールに添付

松原の見こしに白し雪の山この句をメールに添付

雪の中へ車推し出す御公家町この句をメールに添付

惜い事降る程消えて海の雪この句をメールに添付

寝ころんで牛も雪待つけしき哉この句をメールに添付

蓑笠に雪持ち顔の案山子哉この句をメールに添付

雪のくれ乾鮭さげて戻りけりこの句をメールに添付

雪の日や海の上行く鷺一羽この句をメールに添付

掛乞をにらむやうなり雪仏この句をメールに添付

画讃 (雪達摩)

此下に冬寵の蟇眠るらんこの句をメールに添付

薄雪にふられて居るや鴛一つこの句をメールに添付

明治27年

湖青し雪の山〃鳥帰るこの句をメールに添付

雪の山壁の崩れに見ゆる哉この句をメールに添付

千年の大寺一つ雪野かなこの句をメールに添付

引汐や薄雪つもる沖の石この句をメールに添付

寺一つむつくりとして雪の原この句をメールに添付

黒船の雪にもならで寒げなりこの句をメールに添付

雪空の雪にもならで亥子かなこの句をメールに添付

夜の雪杉の木の間の伽藍哉この句をメールに添付

雪の跡人別れしと見ゆるかなこの句をメールに添付

雪や来ん衛士の篝火影さわぐこの句をメールに添付

有明の雪の清水灯残れりこの句をメールに添付

鐘撞いて雪になりけり三井の雲この句をメールに添付

一村は雪にうもれて煙かなこの句をメールに添付

筑波嶺の雪にかゝやく朝日かなこの句をメールに添付

新庭やほつちり高き雪の笹この句をメールに添付

古池のをしに雪降る夕かなこの句をメールに添付

積もりあへず思ひ羽振ふ雪の鴛この句をメールに添付

明治28年

行く年の雪五六尺つもりけりこの句をメールに添付

金殿のともし火細し夜の雪この句をメールに添付

敷芝や松の下陰雪残るこの句をメールに添付

武蔵野やあちらこちらの雪の山この句をメールに添付

くるりくるり丸木の舟の雪もなしこの句をメールに添付

つらなりていくつも丸し雪の岡この句をメールに添付

竹藪の梢に遠し雪の山この句をメールに添付

辻堂に火を焚く僧や夜の雪この句をメールに添付

兀山の雪にもならであはれなりこの句をメールに添付

二三尺雪積む野辺の地蔵哉この句をメールに添付

五六軒雪つむ家や枯木立この句をメールに添付

山里や雪積む下の水の音この句をメールに添付

高縄と知られて雪の尾上哉この句をメールに添付

古関や雪にうもれて鹿の声この句をメールに添付

大仏の片肌雪の解けにけりこの句をメールに添付

学寮へつゞくや雪の道一つこの句をメールに添付

杉垣の上に雪持つ小家哉この句をメールに添付

初雪の大雪になるそ口をしきこの句をメールに添付

雪ながら山紫の夕かなこの句をメールに添付

夜の雪やせわしく叩く医者の門この句をメールに添付

雪ながら氷る小道や星月夜この句をメールに添付

雪積むや次第下りの屋根続きこの句をメールに添付

雪空の一隅赤き入日かなこの句をメールに添付

松の雪われて落ちけり水の中この句をメールに添付

送別

雪の旅おもしろからんさりながらこの句をメールに添付

雪堕ちて泥静まりぬ冬の水この句をメールに添付

明治29年

雪腸に贈る

はらわたの冬枯れてたゞ発句哉この句をメールに添付

横町へ曲りぬ雪の鉢叩この句をメールに添付

走り来る禿に聞けば夜の雪この句をメールに添付

灯のともる東照宮や杉の雪この句をメールに添付

勘当の子を思ひ出す夜の雪この句をメールに添付

吉原や眼にあまりたる雪の不盡この句をメールに添付

刈り残す薄の株の雪高しこの句をメールに添付

丈低き夷の家や雪の原この句をメールに添付

五六人熊擔ひ来る雪の森この句をメールに添付

古園や桃も李も雪の花この句をメールに添付

声悲し鴉の腹に雪を吹くこの句をメールに添付

蓑はあれど笠はあれど雪にわれ病めりこの句をメールに添付

夜明からふれども雪の積まぬげなこの句をメールに添付

杉垣の上から雪の上野哉この句をメールに添付

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよこの句をメールに添付

合羽つゞく雪の夕の石部駅この句をメールに添付

南天に雪吹きつけて雀鳴くこの句をメールに添付

市中や雪ちらちらと昼嵐この句をメールに添付

水涸れて雪つもりたる筧哉この句をメールに添付

ふりやむや雪に灯ともる峰の寺この句をメールに添付

古庭の雪に見出だす葵哉この句をメールに添付

不盡の山雪盛り上げし姿哉この句をメールに添付

水汲むや雪の合羽の女とはこの句をメールに添付

大雪や関所にかゝる五六人この句をメールに添付

大雪の上にほつかり朝日哉この句をメールに添付

風雪を吹きつけて馬逡巡すこの句をメールに添付

夜の雪辻堂に寝て美女を夢むこの句をメールに添付

夜の雪やどこまで小き足の跡この句をメールに添付

雪かいかい王城の松美なる哉この句をメールに添付

雪の夜や隅田の渡し舟はあれどこの句をメールに添付

病中雪四句

雪ながら竹垂れかゝる手水鉢この句をメールに添付

雪ふるよ障子の穴を見てあればこの句をメールに添付

 

いくたびも雪の深さを尋ねけりこの句をメールに添付

雪の家に寝て居ると思ふ許りにてこの句をメールに添付

障子明けよ上野の雪を一目見んこの句をメールに添付

雪洞に千鳥聞く須磨の内裏哉この句をメールに添付

晴れもせず雪にもならず海鼠哉この句をメールに添付

水仙や土塀に見こす雪の山この句をメールに添付

明治30年

水鉢や雀噛みあふ雪の竹この句をメールに添付

ちらちらと障子の穴に見ゆる雪この句をメールに添付

雪此夜積まんといひて寝ぬる哉この句をメールに添付

静かさに雪積りけり三四尺この句をメールに添付

井戸端や水汲む女雪をかこつこの句をメールに添付

ちらちらと雪になりしか又止みぬこの句をメールに添付

二三人火を焚く雪の木の間哉この句をメールに添付

国中喪〔二句〕

黒き旗に雪ふりかゝり人稀也この句をメールに添付

雪となり雨となり旗半ばなりこの句をメールに添付

舟呼べば答あり待てば雪ちらちらこの句をメールに添付

大雪になるや夜討も遂に来ずこの句をメールに添付

大雪や狼人に近く鳴くこの句をメールに添付

雪にくれて狼の声近くなるこの句をメールに添付

狼の吾を見て居る雪の岨この句をメールに添付

狼のちらと見えけり雪の山この句をメールに添付

芳原詞の内

居つゞけに禿は雪の兎かなこの句をメールに添付

送別

雪に明けて星のあたりや君か馬この句をメールに添付

富士

雪をフぐ蓮花一千四百丈この句をメールに添付

明治31年

西行の頭巾もめさず雪の不盡この句をメールに添付

雪探し熊を誘ふ穽この句をメールに添付

風そふて木の雪落る夜半の音この句をメールに添付

案内乞ふ合羽の雪や知らぬ人この句をメールに添付

遼東の雪に馴れたる軍馬哉この句をメールに添付

松明に雪のちらつく山路哉この句をメールに添付

瓦斯燈や柳につもる夜の雪この句をメールに添付

亡き妻を夢に見る夜や雪五尺この句をメールに添付

移徒やきのふ植ゑたる松の雪この句をメールに添付

藁頭巾の雪ふるふたる戸口哉この句をメールに添付

大雪の鴉も飛ばぬ野山哉この句をメールに添付

逢ふ人の皆大雪と申しけりこの句をメールに添付

隠れ住む古主を訪ふや雪の村この句をメールに添付

蓑笠や小門を出づる雪の人この句をメールに添付

明治32年

置火燵雪の兎は解にけりこの句をメールに添付

大雪や石垣長き淀の城この句をメールに添付

背戸の雪水汲む道は絶にけりこの句をメールに添付

井戸端や鍋も盥も雪の上この句をメールに添付

水仙の莟は雪にうもれけりこの句をメールに添付

井戸端の雪皆掻てしまひけりこの句をメールに添付

井戸端に雪語り居る朝日哉この句をメールに添付

掃溜や今物拾し雪の上この句をメールに添付

梅探る吾妻の森や雪深きこの句をメールに添付

空城や篝もたかぬ夜の雪この句をメールに添付

牛部屋に顔出す牛や雪の朝この句をメールに添付

松島や小き島の松に雪この句をメールに添付

足跡の盡きし小家や雪の原この句をメールに添付

足跡の盡きし戸口や雪の原この句をメールに添付

明治34年

手袋〔五句〕

手袋の指破れたり雪まろげこの句をメールに添付

明治35年

煖爐タクヤ雪紛々トシテガラス窓この句をメールに添付

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…