サイト内検索

2010年8月号

さよなら、うめさおさん

大阪府吹田市 万博公園『ソラード(空中観察路)』

Contents

  • 保護者の皆様に (こどもWebmたびについて)

     『こどもWebm旅』は、『Webm旅(ウェブエムたび)』の子ども版です。Webm旅は、yahoo!Japanカテゴリ「旅行、観光 > 一般的な情報」にも登録されている旅行のウェブマガジンです…

  • 日立製 2TBハードディスク 3.5インチHDD(SerialATA 3Gb/s)

    さよなら、うめさおさん

    わたしが10代のころ持っていたアナログ携帯音楽プレイヤーは、20〜30曲の音楽しか入りませんでした。アナログとデジタルの音楽プレイヤーの間には、数十倍から数千倍もの差があります。数千倍というのは、あなたがもらった今年の落し玉の総額が、プロゴルファーの石川遼くんの去年の獲得賞金額を越え…

  • ポケモン・スタンプラリーガイドイメージ

    JR山手線 ポケモン・スタンプラリー2010 ガイド

    山手線を降りてから迷わない。乗る前にチェック「JR山手線乗換・出口ガイド」のポケモン・スタンプラリー「めざせポケモンマスター!!2010」特別版。号車ドア番号も分かるスタンプ台へのベスト乗車位置に加え、ホームに設置のエレベーター位置、エスカレーター、階段、改札口位置、スタンプ台の位置関係も同時に掲載…

  • Pokemon Stamp Rally 2010 English Guide

    Pokemon Stamp Rally 2010 Guide

    JR Yamanote Line Outer Tracks Pokemon Stamp Rally English Guide…

  • ダ・ヴィンチの手帳

     高校生のうめさおさんは、手帳を書くことでダ・ヴィンチに近づいた気がした。ダ・ヴィンチの旺盛な好奇心、それがそのまま表れた何でもかきこむ手帳に、うめさおさんはダ・ヴィンチの天才を読みとった。
     今年の夏休みの旅行には、一冊手帳を持って行こう。なんでもかでも、やたらにそれにかきこんでみよう。

  • うめさおさんのひらかなタイプライター

     “天才的な「知の構築力」”をもつといわれる うめさおさんは、大人なのに、さらに言えば、大学の先生なのに全部ひらがなの手紙を書いていた…ひらがなだけでは読みにくいというのは、実は、私のおもいこみで間違いかもしれない…

今月のつぶやき スポーツ立国構想に反対する

大阪 戎橋

 スポーツ立国構想には、オリンピックで史上最多の金メダル(夏期37以上、冬季10以上の金メダル)を獲得するという数値目標がある。その目標に向け立案したので、本質的に、トップアスリートの引退後の生活保障が大きな部分を占めている。スポーツ政策の専門家やスポーツに関係する国会議員の多くが引退したトップアスリートであることにこの偏った政策立案の理由はありそうだ。一言でいえば「国のために金メダルをとるからそれに報いろ。食扶持を用意しろ。」という内容になっている。「全国300箇所程度を目安として、拠点となる総合型クラブ(「拠点クラブ」)を設置し、引退後のトップアスリートを配置する。」というが、競技の実績で、終の棲家を用意するのは間違っている。指導者と言いつつ引退した選手に管理人の職を用意するような現在の政策は間違いだ。引退後の選手が、一生を渡っていく能力を手に入れることのできる教育にこそ力をいれることが大切だ。指導者としてや、スポーツマーケティングの能力で海外に飛び出していけるような人物の育成を心がけるべきだ。
 そもそも、観光振興によってインバウンド旅行者を増やし外貨を獲得する観光立国というのは分かるが、このスポーツ立国構想には、「どこに国が立つ要素」があるのか全く見えない。日本の国力が衰えてきたから、それを覆い隠すためステートアマを量産して国威高揚しよう。というまるで崩壊前の旧東欧共産主義国家のような政策では困る。金メダルを量産した旧東欧諸国の末路はどうなっただろうか。
 本来、拠点クラブを設置するお金があるのだったら、スポーツ大会やツアー、リーグのスポンサー企業への税金面での優遇や、リーグやツアー運営機構への思い切った優遇税制を考慮すべきだ。基本的に、スポーツ選手の競技生活は、徐々に狭くなっていく平均台を走っていくようなもので、「どこまで行けるか?」は誰にも分からない。本人の才能、努力、周囲の助力、幸運が重なり、オリンピックやプロスポーツに辿りつくことができる。平均台の幅をより拡げ、進学や就業による競技人口の減少を食い止めることが大切だ。つまり、プロツアーやプロリーグや各種大会を増やすことに加え、ユースの大会や、トップリーグ、ツアーの一つ下、二つ下、さらに下の段階を増やす努力が大切だ。学校を卒業したら、参加できる大会が年2回の市民運動競技大会だけになったというのは、何の競技であれどんな競技レベルであれ間違っている。私自身は、4年に一度しかないオリンピックの存在感が無くなっていくのが正しいスポーツ振興政策だと考えている。
平成22(2010)年7月24日

外部リンク

スポーツ立国戦略:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/rikkoku/1292238.htm

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

Webm旅 18号

次号予告

ダジャレ クリエイティブ

2009.08 日本一周特集

今年の夏は日本一周

2008.07 横浜特集

ヨコハマの人になる

2007.7 名寄岩をさがして

探求探索行動(exploratory seeking)型夏休み旅行の提案。