サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

正岡子規 有名な句

明治24年

春の句

鶯や山をいづれば誕生寺

夏の句

軽井沢

山山は萌黄浅黄やほとゝきす

涼しさや行燈消えて水の音

秋の句

三津いけすにて

初汐や帆柱ならぶ垣の外

冬の句

冬かれや田舎娘のうつくしき

明治25年

新年の句

簑一枚笠一個蓑は房州の雨にそほち笠は川越の風にされたるを床の間にうやうやしく飾りて

簑笠を蓬莱にして草の庵

元朝や皆見覚えの紋処

春の句

死はいやぞ其きさらぎの二日灸

石手川出合渡

若鮎の二手になりて上りけり

松山堀端

門しめに出て聞て居る蛙かな

五器の飯ほとびる猫の思ひかや

妹が門つつじをむしる別れ哉

伊予太山寺

菎蒻につつじの名あれ太山寺

上野

黒門に丸の跡あり山さくら

夏の句

一つつゝ流れ行きけり涼み舟

夏やせを肌みせぬ妹の思ひかな

京東山*

どこ見ても涼し神の灯仏の灯

身内の老幼男女打ちつどひて

鯛鮓や一門三十五六人

とも網に蜑の子ならぶ遊泳哉

短夜や砂土手いそぐ小提灯

001 002 003 004 005 次のページへ

注 上記有名句は、『寒山落木抄』、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳句帖抄 上巻』、『子規句集 (河東碧梧桐 高浜虚子共編)』等の句集に複数掲載されている句、『子規句集講義』、『子規句解』等の複数の句講に掲載されている句などを抽出して作成しています。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

ダジャレ クリエイティブ

オクラ おいくら?